毎日の美容と健康におトクな『あまざけ定期便』をはじめよう♪

 

玄米と玄米麹のみで作った甘酒や、ダチョウ抗体液「ダテウブリン」を配合したノンアルコールの米糀あまざけを手がける会津天宝のオンラインショップにて、待望の『あまざけ定期便』がスタート。毎日の美容と健康に、甘酒を続けていきたい人におすすめ。シンプルな材料で丁寧に作られたおいしい甘酒を定期便ではじめよう。

 

あまざけ定期便で甘酒を続けよう

会津天宝醸造(福島県)は、1871年(明治4年)創業。会津みそや糀のあまざけなど、発酵食品を中心に製造・販売を手がける老舗食品メーカー。麹菌を発酵させて作る甘酒の中でも玄米を使った甘酒など、こだわりの甘酒を作っている。毎日の食生活に甘酒を摂り入れたい人にぴったりの『あまざけ定期便』がスタート。生活スタイルに合わせて、おいしく自由に楽しんでいこう。

 

定期便の嬉しいポイント

  1. 送料がお得。送料無料又は特別送料全国一律500円でお届け ※要冷蔵商品は、別途クール便料金が発生
  2. 製造工場からの直送便。
  3. いつでもストップ&スキップ可能。お届けサイクルとお届け日も選べる

 

自分に合ったコースを見つけよう

まずはじめてみたい、甘酒ビギナーさんにおすすめのコースはこちら。

  • 『おでかけ前に たたかうあまざけ』(120g×7個セット・税込6,048円・クール便)
  • 『玄米オリザーノ甘酒 濃縮タイプ』(120g×10個セット・税込2,808円・常温)
  • 『玄米オリザーノ甘酒 ストレート』(180g×10個セット・税込2,808円・クール便)

 

 

すでに甘酒を飲むことが習慣になっている、家族みんなで飲みたい人におすすめのコースはこちら。

  • 『おでかけ前に たたかうあまざけ』(120g×30個セット・税込23,800円・・クール便)
  • 『玄米オリザーノ甘酒 濃縮タイプ』(120g×30個セット・税込7,128円・送料込常温)
  • 『玄米オリザーノ甘酒 ストレート』(180g×30個セット・税込7,128円・送料込・クール便)

 

 

しっかり続けたい、2カ月分まとめて購入したいなど、もっともお得なコースはこちら。

  • 『玄米オリザーノ甘酒 濃縮タイプ』(120g×60個セット・税込13,250円・送料込・常温)
  • 『玄米オリザーノ甘酒 ストレート』(180g×60個セット・税込13,250円・送料込・クール便)

 

1日頑張りたい時に『おでかけ前にたたかうあまざけ』を

『おでかけ前にたたかうあまざけ』(120g)

こちらの商品は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)トライアウトタイプにて、京都府立大学と共同研究によって開発されたもの。ダチョウ抗体液「ダテウブリン」を配合している。

ストレートタイプ

おでかけ前に温めて飲んでみた。米と糀で作られた甘酒は穏やかですっきりとした飲み心地で、一般的な甘酒よりもややとろみがある。

 

「ダテウブリン」そのものは無味無臭なので、素材のおいしさはそのまま。口の中に「ダテウブリン」の成分を広げるようなイメージでゆっくりと噛むような感覚で味わうのがおすすめとのこと。

 

玄米の栄養素が豊富! 『玄米オリザーノあまざけ』

『玄米オリザーノあまざけ』(180g)

玄米をベースに作られており、日本人に不足しがちなビタミンB群やミネラルが豊富に含まれている。玄米の栄養素を手軽に取り入れたい人にもおすすめ。

玄米の粒々感がしっかりと感じられる、まさに食べる甘酒。温めて飲んでみると、玄米の甘みがさらに引き立つ。腹持ちも良く、空腹時に飲むのもおすすめ。

 

他のドリンクと混ぜたり、甘味料代わりにも使える『玄米オリザーノあまざけ(濃縮タイプ)』

『玄米オリザーノあまざけ(濃縮タイプ)』(120g)

こちらは濃縮タイプ。お湯や水を加えて飲むのはもちろんのこと、料理の味付けなどにも甘みとして使うことができる。

今回はヨーグルトにトッピングしていただいてみよう。甘酒×ヨーグルトでWの発酵パワー。こちらも玄米の粒々感がしっかりと残っており、食べ応えのある甘酒。玄米の自然な甘みが、ヨーグルトの酸味をまろやかにしてくれる。

 

その他にも、牛乳、豆乳、トマトジュースなどで割って飲んだり、肉や魚の下味や、砂糖の代わりに甘みをプラスしたい時におすすめ。

余計なものは加えずに作られたこだわりの甘酒。1日1袋を目安に飲み切りサイズなのも続けやすいポイントだ。『あまざけ定期便』は公式オンラインショップから注文できる。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエイター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック