好みや用途に合わせて選べる3種類! 『タカナシ特選北海道純生クリーム』で簡単なのに映えるクリスマスレシピを楽しもう♪

 

もう少しでクリスマスがやってくる! ディナーやパーティーの準備に、心を躍らせている人も多いだろう。もちろん記者も、クリスマスを心待ちにする1人。今回はそんなクリスマスの準備に大活躍の、『タカナシ特選北海道純生クリーム』をご紹介♪  料理にもお菓子づくりにも大活躍で、乳の深い味わいが楽しめる生クリームを実際に試してみた。さらにタカナシ乳業おすすめのクリスマスレシピも同社レシピサイトのクリームコンシェルジュからピックアップしているので、ぜひ参考にしてほしい。

 

乳脂肪分の割合が異なる、3種類の純生クリーム

タカナシ乳業(神奈川県)は、日本有数の生産地から供給された生乳を使用し、乳製品を製造しているメーカー。牛乳や生クリーム、ヨーグルトなどさまざまな乳製品を手掛けている。

同社が製造する『タカナシ特選北海道純生クリーム』(200ml・希望小売価格 税込394円~497円・発売中)は、乳脂肪分が異なる3種類を展開。商品名の35.42.47の数字は乳脂肪分の%を表しているそうで、それぞれに風味が異なり、好みや用途に合わせて選べるのが魅力だ。

 

35.42.47のそれぞれの特徴をチェック

『タカナシ特選北海道純生クリーム35』は、軽さと口あたりのよさが特徴。ホイップすると、やわらかい仕上がりに。

『タカナシ特選北海道純生クリーム42』は、コクのあるおいしさが特徴。使いやすさにこだわって作られている。

『タカナシ特選北海道純生クリーム47』は、プロも納得の豊かなコクと風味を感じられるクリーム。料理やお菓子づくりなど、さまざまな用途に活用しやすいのが特徴だ。

 

3種類の『タカナシ特選北海道純生クリーム』を食べ比べてみよう!

それでは実際に、それぞれの生クリームをそのまま食べ比べてみよう! どんな味なのかワクワクする。

まずは『タカナシ特選北海道純生クリーム35』を一口なめてみる。質感はさらっとしていて、とても軽い!

あっさりしているが、乳の風味はしっかりと感じられる。

続いて『タカナシ特選北海道純生クリーム42』を味わってみる。質感は少しとろっとしていて、乳の風味も35より濃くなった。

料理やお菓子づくりなど、どんなものにも使いやすそうという印象だ。

最後に、『タカナシ特選北海道純生クリーム47』を味わってみた。質感は一番とろっとしている。

ホイップしたクリームを食べたときと同じようなコクがあり、乳の風味もグッと強くなった。

 

実際に比べてみると、生クリームの味にこんなに違いがあるなんてかなりの驚きだった。使用するレシピや好みに合わせて、使いやすい乳脂肪分のクリームを選んでみてほしい。

 

簡単なのに映えるクリスマスレシピをご提案

クリスマスに向けて、タカナシ乳業はDELISH KITCHENとの企画レシピを提案中。今回紹介の『タカナシ特選北海道純生クリーム』シリーズを活用した、クリスマスにぴったりなレシピを2つご紹介しよう♪

濃厚なくちどけ♪マスカルポーネのツリーケーキ」は、『タカナシ特選北海道純生クリーム』に、マスカルポーネを合わせたクリスマスツリー型のケーキ。純生クリームは35と42の使用がおすすめだ。

 

オーブンではなく電子レンジで作れるので、普段お菓子づくりをあまりしない人にも簡単にできるのが嬉しい! スティックを刺すことで持ちやすく、クリスマスパーティーにもぴったりなメニューとなっている。

2つ目の「ボウルで簡単!しろくまドームケーキ」は、しろくまの顔がキュートなボウルを使って作るドーム型のケーキ。『タカナシ特選北海道純生クリーム35』と『タカナシ特選北海道純生クリーム47』をブレンドし、オリジナルクリームのケーキに仕上げたレシピだ。

 

用意する材料も少ないので、初めてのケーキ作りでも挑戦しやすいのが嬉しい。親子で一緒に、わいわい楽しみながら作るのもおすすめだ。ほかにもさまざまなクリスマスレシピがあるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてほしい! クリスマス気分が盛り上がる、簡単おしゃれなレシピが揃っている。

 

今年のクリスマスはおうちで手作りメニューを楽しもう♪

まだクリスマスのメニューを何も決めていないという人は、『タカナシ特選北海道純生クリーム』を使った手作りスイーツを楽しむのはいかがだろう。簡単なのに映える手作りメニューなら、パーティーも一段と盛り上がること間違いなし! 家族や親しい人の喜ぶ顔を思い浮かべながら、またはみんなでわいわいと楽しみながら、手作りメニューでおうちクリスマスを盛り上げよう♪

公式サイトはこちら

記者

ゆずこ

子育てやレビュー記事をメインに活動する、元保育士ライター。新しいものを試すのが大好き。3人の子どもを育てながら、フリーランスとして活動中。趣味は漫画を読むこと。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎/Official images

トラックバック