原材料は黒豚肉・塩・香辛料だけ! 鹿児島県南州黒豚の人気ブランド『ノン・アッドソーセージ詰合せB』を食べてみた

 

このソーセージはおいしいです! と言われても、気になるのが食品添加物。美味しさはもちろん、出来ればその作り方にもこだわった商品を食べたいものだ。そんなあなたに紹介したいのが、希少な南州黒豚を使用した『ノン・アッドソーセージ詰合せB』。原材料は黒豚肉・塩・香辛料の3つだけの完全無添加ソーセージ。食材にこだわりたい方や、お子様に良い物を食べさせたいというご家庭でぜひためしてほしい逸品だ。でも肝心の味は? 気になるその味わいをたしかめてみた。

 

「究極の無添加ソーセージ」を合言葉に作った【ノン・アッド】シリーズ

鹿児島県黒豚生産者協議会の生産系列「南州黒豚会」のかごしま黒豚

南州農場(鹿児島県)はブランド豚の生産から処理、加工、販売まで一貫して行う農場である。かごしま黒豚は、通常の豚に比べて生まれる数が少なく、長い生育期間を必要とする豚のこと。そのうちの1割が、南州農場で生産された「南州黒豚」だ。厳しい条件の下生育され、品質に優れた豚にだけ付けられるブランド品である。その肉の味は濃く、ほんのりと甘いさっぱりとした味わいだ。

 

この南州黒豚を加工して作られたのが、今回紹介する『ノン・アッドソーセージ詰合せB』(3種・計550g・希望小売価格 税込5,940円・発売中)。黒豚肉・塩・香辛料だけで作られた、完全無添加ソーセージである。

と畜とカット処理を自社で行うことにより、鮮度の高い原料を使用

「ノン・アッド」の名の通り、原材料を見ても、確かに添加物は一切なし。よくある酸化防止剤(ビタミンC)や結着剤(リン酸塩)などの記載もない。生産から加工までをすべてグループ内で行うことで、鮮度の高い肉を使ったソーセージが作られているのだ。“未来を担う子どもたちに少しでもこだわりの商品を食べさせたい”という想いも込められている。

 

『ノン・アッドソーセージ詰合せB』に入っているのは、ヴァイスヴルスト150g、ノン・アッドウィンナー100g×2、ニュールンベルガー100g×2の3種類。今回はこの中から、「ヴァイスヴルスト」を食べてみよう。

ヴァイスヴルスト:本場ドイツ・ミュンヘンのソーセージレシピで仕上げた白ソーセージ。ふわっとした食感と十数種類の香辛料が特徴。

ノン・アッドウィンナー:幼稚園の給食でも食べられるウィンナー。新鮮な生肉を使用した、黒豚の甘みと旨味を楽しめる味。

ニュールンベルガー:ドイツ・ニュールンベルグ地方のソーセージ。マジョラム風味(ハーブ調)で仕立てられている。肉の食感を楽しみたい人向け。

 

本場ドイツのふわふわソーセージを南州黒豚の味で楽しむ

5~8分ほど茹でたら、表面に切れ目を入れて薄皮を剥き、食べやすいサイズにカットすれば完成。(ヴァイスヴルストは薄皮を剥いで食べるソーセージ。なお、本商品は薄皮を食べても大丈夫。)

1番に感じたのは、ふわふわとした不思議な食感と豚の旨み。そこから噛むほどになめらかな豚の脂が広がっていく。

ハーブ系の香り

香辛料は上品に仕立てられており、さわやかなハーブの風味を感じる程度。塩胡椒などのパンチのあるスパイス感はほとんどなく、豚の旨みを引き立てる使い方だ。

豚臭さがまったくない

そのため、味わいは南州黒豚の特徴通りほんのりと甘くさっぱりとした後味。食感こそ違えど、黒豚の味をダイレクトに感じられた。ちなみに食塩相当量目安も100g当たり0.8gとかなり少なめ。健康を意識したい人にもおすすめだ。

原材料にこだわったソーセージを味わいたい方、お子様の「食」を大切にしたいご家庭にぴったりのギフトセット。家庭用、贈答用にもぴったりなこだわりの『ノン・アッドソーセージ詰合せB』は、南州農場公式オンラインショップほかで発売中。

公式サイトはこちら

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック