ねっとり甘いホクホク食感がたまらない! 『アラジン グラファイト グリル&トースター』で作る焼き芋がおいしいという口コミは本当だった

寒い季節に食べたくなるのが甘い焼き芋。おうちで焼き芋を作るにはアラジン グラファイト グリル&トースター』がおすすめ! 手軽においしい焼き芋が作れると口コミで話題になっているのだ。今回はその真偽を確かめるべく実際に作っておためししてみた!

 

グリル&トースターの「グリルパン」で作る焼き芋がおいしい?!

日本エー・アイ・シー(兵庫県)が販売する魔法のランプマークで有名な家電ブランドの「アラジン」にはくらしにあたたかなアイテムばかり。今回ご紹介する『アラジン グラファイト グリル&トースター(AGT-G13A)』(全2色・希望小売価格 税込22,000円・発売中)は、わずか0.2秒で発熱する遠赤グラファイト搭載の人気調理家電。

外寸:W36×D35.5×H25㎝・重量:約4.7㎏

忙しい朝でも外はカリッと、中はモチッとした極上のトーストを焼き上げ、 付属のグリルパンを使用すれば、おかずからスイーツまで様々な料理も楽しむことができる。

 

シンプルで丸みを帯びたクラシックデザイン、他のヒーターと比較してもトップクラスの発熱の早さのグラファイトヒーター、トーストが一度に4枚焼ける広い庫内、料理の幅が広がるグリルパンと、使えば使うほど奥深い機能が満載! 焼く・炊く・蒸す・煮る・スイーツと幅広く使えるのも、人気の理由なのだろう。

付属品:グリルパン浅型(左前)・グリルパン深型(左後)・グリルネット(右前)

 

『アラジン グラファイト グリル&トースター』でカンタン焼き芋づくり

【焼き芋レシピ】

材料:1本約200g(直径4㎝~5㎝)のさつまいも3本、アルミホイル

①アルミホイルを敷いた付属の深型グリルパンに、水で洗ったさつまいもを並べる。

ちなみに、さつまいもはアルミホイルに包まなくても大丈夫。すでに焼き芋づくりの概念が変わってきた。

浅型グリルパンでフタをすれば準備完了。本当にこれで熱が通るのだろうか… 。

②左側の温度調節つまみを240℃に、右側のタイマーつまみで15分セットし加熱。加熱後はトースターの中で15分間そのまま置いておく。

温度調節つまみを回すだけで、遠赤グラファイトが瞬時に光る。この発熱の素早さはいつ見てもスゴイ。数分で庫内の温度が急激に上がるのだ。

再びタイマーつまみで15分セットし加熱後、トースターの中で15分間そのまま置いておけば完成!

 

「グリルパン」を使用した焼き芋は絶品

グリルパンからさつまいもを取り出すと、ものすごくやわらかい!

芋を半分に割ると… 、見た目だけでも伝わるこのホクホク感! 専門店のような絶妙な焼き具合。

そのままかぶりつくと、ホクホクとした食感に重なる絡みつく濃厚な甘み。あまりのおいしさに黙々と食べ、もう1本おかわりをしてしまった。この味がおうちでできるなんて、口コミで人気なのも納得だ。

 

『アラジン グラファイト グリル&トースター』で焼き芋の味わいを楽しもう

今回ご紹介した「グリーン」のほかにも、「ホワイト」カラーも選べるので、キッチンのインテリアに合わせて選んでみてはいかがだろうか。発売以来、愛され続ける『アラジン グラファイト グリル&トースター』。トースターを探している人やおいしい焼き芋を作りたい人にもおすすめだ。

購入は、全国の主要百貨店や家電量販店、公式オンラインストアにて。

公式サイトはこちら

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック