忙しい毎日だからこそ、バスタイムを大切にしたい! 『CBDバスソーク Calm purple』で心身ともに癒しを

 

仕事に家事に育児に忙しい日々が続き、面倒なバスタイムはパパッとシャワーだけで済ませてしまう…そんな方も多いのでは。バスタイムは身も心もホッとゆるめることができる時間。忙しい毎日の中で、自分と向き合えるかけがえのない時間でもある。多忙な女性こそ、バスタイムを大切に日々の疲れを癒してみては。今回は贅沢なひとときを過ごせるこだわりのCBD成分とオーガニックアロマの入浴剤『CBDバスソーク Calm purple』をご紹介する。

 

100%ナチュラル成分のみを使用したバスソーク

Dada(東京都)は、化粧品やサプリメントなどの開発・製造を手がけており、岐阜県に自社工場を構えている。話題の成分CBD(カンナビジオール)を配合した商品を展開する同社のオリジナルブランドnumero33(ヌメロ・トレンタトレ)より、今回ご紹介するのはバスタイムにおすすめの入浴剤。

Calm purple 平穏の紫

numero33『CBDバスソーク Calm purple』(475g・希望小売価格 税込12,430円・発売中)

蓋を開けると、たちまちラベンダーやゼラニウムなどの安らぎのアロマが漂い、心地よい香りにうっとり。

全成分: 炭酸水素Na、クズウコン根、シア脂、カカオ脂、ヤシ油、アサ種子油、トコフェロール、ラベンダー油、 ニオイテンジクアオイ花油、ローマカミツレ花油、カンナビジオール。

 

成分表示の最後に記載されているカンナビジオールが、近年心身のリラックスに注目されているCBDと呼ばれる成分のことだ。

 

CBDとアロマのアントラージュ効果を感じて

涙をこぼすパッケージが印象的。

CBD の抽出方法にもこだわり、不純物が完全に除去できる製法を採用している。オーガニック精油に含まれるテルペンとCBDのアントラージュ効果(相乗効果)が期待できるらしい。

THCフリー、農薬不使用、動物実験なし。

とても微細なパウダーで、ふわりとした触り心地。

※スプーンは付属していない

湯船(200L)にバスソーク40~70g程度を入れるのが目安。手持ちのスプーンなどを使い、入浴前に使う分量だけを取り分けておくといい。湿気を吸いやすいので濡れた手で触れないように気を付けよう。

 

やわらかいお湯で全身をゆるめ、リラックスを

お湯に入れるとサッとバスソークが溶けていき、湯気とともにオーガニックアロマの心地よい香りがお風呂場に充満する。お湯はほんのりと白濁して、とても柔らかでなめらかな質感に。

アロマの香りとともに、やわらかなお湯に全身をゆだねるようにリラックスしよう。のぼせない程度の温度で肩まで浸かり、10分~20分ほど入浴を。シア、カカオ、ヤシなどのオイルも入っているので、お風呂あがりはお肌もしっとりとして気持ちがいい。

アロマの香りとCBDが溶けたお湯でじんわりとカラダが温まったら、心地よい気分のまま眠りにつこう。

 

忙しいからこそ、癒しのバスタイムを大切に

毎日頑張っている自分へのちょっぴり贅沢なご褒美や贈り物に。上質なバスタイムを過ごしたい人におすすめの逸品。

『CBDバスソーク Calm purple』は公式オンラインショップで発売中。定期購入なら税込9,900円で購入できる。

公式インスタグラム(@numero33.official)もぜひチェックしてみて。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック