メガネがサングラスに変身!? 1つは持っておきたい『色が変わるメガネ「調光レンズ」』

 

メガネが必需品の人にとって、夏の日差し対策に度つきのサングラスを用意しても掛け替えるのが面倒だという人は多いはず。また、度つきのサングラスを作るのもハードルが高い! だったらメガネがそのままサングラスになればいいのに! という夢のような願いを叶えてくれるのが、「Zoff(ゾフ)」で販売中の『色が変わるレンズ「調光レンズ」』だ。さっそく紹介していこう。

 

この夏におすすめ!「色が変わるレンズ」

自ら商品の企画・生産・販売を行うメガネブランド「Zoff(ゾフ)」では、これまでも軽量かつ壊れにくいメガネなど、機能性とデザイン性に優れた商品を世に送り出してきた。

 

そんな「Zoff(ゾフ)」が夏を本格的に迎えるこの時期におすすめしているのが、『色が変わるレンズ「調光レンズ」』だ。通常のメガネでありつつ、紫外線量に応じてレンズが着色し、サングラスにもなる非常に便利なレンズとなっている。

 

掛け替えることなく度付きのサングラスに変わっていくレンズ

普段メガネをかけていない人は、夏の日差しが眩しいときなどにサングラスを着用するだけでOKだ。しかし、元々度が入っているメガネをかけている人にとっては(記者もその1人である)メガネとサングラスのそれぞれが必要になるだけでなく、度を入れないといけない必要があった。

 

『色が変わるレンズ「調光レンズ」』は、従来の取り扱いのグレー・ブラウンに加えて、2022年4月1日よりイエローブラウン・グリーン・ブルー・パープルの4色が追加。好きなフレーム(価格)に調光レンズ代を合わせることで調光レンズ仕様のメガネを作ることができる。グレーとブラウンは3,300円(税込)から、追加カラーに関しては5,500円(税込)だ。もちろん、度付き対応も可能。

紫外線量と気温によってレンズの濃度が自動的に変化する。室内や紫外線カットガラスが使用された車内などでは、レンズ色は変化しない。

 

濃くなったあとも、紫外線量と気温の変化に応じて薄く戻っていくが、多少時間がかかるためトンネルなどの暗い場所に入る際は注意してほしい。

 

メインのメガネにも、ファッション用メガネにも!

掛け替える必要なく自動的にサングラスにもなるメガネ。まるで魔法のアイテムのようだが実在するので、さっそく実際に使用してみることに。

室内では当然、クリアレンズの普通のメガネである。家の中で日常生活を送る上では、いつものメガネとして着用すればOK。真価を発揮するのは紫外線が注ぐ外に出たときだ。

というわけで、メガネを付けて外に散歩に出てみる。少し歩いてみて色が変わったのかどうか確かめてみると、いつの間にかうっすらと色がついていた。非常にスムーズに変わっていくことに驚きつつ、少し曇り模様の外の環境に適した色合いで落ち着く。

 

サングラスとして眩しさを軽減してくれるだけでなく、UVも約99%カットしてくれるのも心強い。

メガネも必要な人には必需品だが、昨今はマスクが誰しもの必需品だ。マスクを着用した状態で濃いレンズのサングラスをかけると、顔のほとんどが隠されてしまい、表情がわかりにくいので不信感が出てしまう…。しかし『色が変わるレンズ「調光レンズ」』では環境に応じてほどよい濃さになり、うっすらと透け感もある着色のためマスクとの相性も良い。

夏の強い日差しのときが最大限濃い色合いになると思いきや、実はよく晴れた真冬の方がレンズの色合いが濃くなる。紫外線量が多く気温が低いほど、色が濃くなるとのこと。夏だけではなく、冬の雪国や雪山でも機能性を発揮してくれるシーズンレスなアイテムなのだ!

これ1つあるだけで、日常生活はもちろんアウトドアシーンでも活躍してくれる『色が変わるレンズ「調光レンズ」』。例えば昨今流行しているキャンプでは、朝や昼間の日差しが強い時間帯はサングラスとして、夜、日が沈むと自然とメガネへ変化してくれる。メガネとサングラスの2本持ちしなくても良いので荷物が減るのも嬉しい! 度つきサングラスを作ったことがない方も、メガネとして使用できるので気軽に試してほしい。

「Zoff(ゾフ)」では現在夏の大セールとして、「ゾフ夏祭り2022」が全店で開催中。期間中はフレームが最大50%オフで購入でき、さらに調光レンズを含む、カラーレンズ代が10%オフになるお得なセールも実施中! この機会を最大限活用して好きなフレーム『色が変わるレンズ「調光レンズ」』を組み合わせてこの便利さを実感してみてほしい!

 

公式サイトはこちら

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images

トラックバック