【透明コーラ対決】ペプシ vs ウィルキンソン! 『ペプシ からあげ専用』と『ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ』はどう違う? 【飲み比べ】

見た目はクリア、でもコーラ

 

コーラは毒々しい黒。そんな常識を覆す透明コーラ『ペプシ からあげ専用』『ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ』を飲み比べてみてわかったのは、そのキャラクターの明らかな違いだった。

 

涼しげなクリアコーラ2種。どこがどう違う?

ダイナミックに用途を限定して話題を呼んだのが、サントリー食品インターナショナル(東京都)『ペプシ からあげ専用』(600mlPET・希望小売価格 税込151円・2022年6月14日発売※夏季限定)だ。

ファンからの熱望に応えて2016年の前身「ウィルキンソン タンサン ドライコーラ」から名称を一新して、味そのままに復刻を遂げたのが、アサヒ飲料(東京都)『ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ』(500mlPET・希望小売価格 税込103円・2022年6月7日発売)である。

その共通点は、液色が透明なことと、ゼロカロリーであること。ところが同じ透明コーラでありながら、実はその方向性はまったく違う。具体的に飲みながら、違いを把握していこう。

 

 

『ペプシ からあげ専用』を飲んでみた!

まずは唐揚げと抜群の相性を誇る透明ゼロコーラ『ペプシ からあげ専用』。その根拠はペプシコーラ本来の特徴であるレモン感と、アブラの大敵である食物繊維を入れ、唐揚げの味を邪魔しないようにコーラ風味を抑えたという工夫にある。


唐揚げ要素を排除したとしても、食物繊維を入れ込んだノンシュガー/カロリーゼロ/糖質ゼロのゼロコーラであり、無色透明の液色から、ダイエットにも最適な構成となっている。

実際に飲んでみると、通常ペプシとの差は歴然。コーラのスパイシーさが抑えられており、一瞬サイダーかと思うほど。ただ飲み進めると、コーラの風味はやはりある。味わいは通常のコーラと、サイダーの中間に位置する絶妙なポイントを突いた仕上がりだ。

個性を主張しない地味コーラとして単品で味わうのもまた一興である。

 

 

『ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ』を飲んでみた

 

見た目は無糖炭酸、しかし飲むとコーラの風味が確かにある、でも甘くはないという近くがバグる体験を与えてくれるのが『ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ』だ。ベースはあくまで無糖炭酸水であり、そこにフレーバーとしてコーラが採用されている異色の存在なのだ。

フレーバースパークリングウォーターとして飲むと、ほんのりコーラな風味が何とも不思議。もちろんゼロカロリーで糖質ゼロ、甘味料は使用していない。ヘルシーと体に悪いイメージのコーラを両立させた不思議製品である。

 

まとめ:コーラをベースにした『ペプシ からあげ専用』と無糖炭酸をベースとした『ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ』

コーラをベースに透明化した『ペプシ からあげ専用』、無糖炭酸水をベースにコーラの風味付けを行った『ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ』は、対局の地点からコーラに近寄ろうとしている製品である。コーラをマイルドに楽しみたい人なら『ペプシ からあげ専用』が最適。

 

そしてあくまで無糖炭酸の爽やかさをメインに感じたい、スパイス的にコーラ風味があると楽しいという人ならもちろん、『ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ』がおすすめだ。どちらも主張しすぎないタイプなので、料理に合うのは保証付きである。

 

入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

あわせて読みたい:【検証】透明ゼロコーラ『ペプシ からあげ専用』とケンタの相性はいかに?

あわせて読みたい:【復活の透明コーラ】無色透明、でもコーラな不思議体験! 『ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ』【ダイエット】

あわせて読みたい:【定番】『ドクターペッパー』のおいしさとは? コーラと何が違う?【ドクペの魅力】

公式サイトはこちら

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック