電源いらずの『ポータブルエスプレッソメーカー』で美味しい1杯をいつでもどこでも楽しめる!

カフェ顔負けの極上エスプレッソを手軽に

 

キャンプの朝も、ピクニックの食後も、私は香り豊かな濃厚エスプレッソ派。そんな人には『ポータブルエスプレッソメーカー』がおすすめだ。電源いらずの手動抽出タイプだから、いつでもどこでも使用可能。さらに、レギュラーコーヒー粉だけでなく、Nesplesso(R)互換カプセルに対応しているのも嬉しいところ。さっそくおためししてみよう!

 

ハンディプッシュで美味しいエスプレッソを抽出

圧力鍋でおなじみのワンダーシェフ(大阪府)から、アウトドアシーンを豊かにする『ポータブルエスプレッソメーカー』(サイズ 約72×72×220mm・重量 約550g・希望小売価格 税込8,800円・発売中)が新登場!

電源不要のハンディタイプ

“お好きな場所でエスプレッソを” そんなコンセプトのもと生み出されたこの商品。お湯を注ぎポンピングするだけで美味しいエスプレッソが抽出できる。レギュラーコーヒーの粉とNesplesso(R)互換カプセル、両方で使用が可能だ。

 

本体は軽量かつコンパクトで、いつでもどこでも気軽に持ち運べるのが魅力だ。アウトドアシーンにはもちろん、オフィスでも贅沢な1杯が楽しめそう…!

 

カフェ顔負けの味わいが外で楽しめる

左:カプセル用 右:粉末用

カプセルとコーヒー粉、それぞれ使う部品が違うので注意しよう。

まずはカプセルから挑戦! Nesplesso(R)互換カプセルをコンテナにセットしよう。カチッと音が鳴るまでしっかり押し込むのがポイント。

逆さまにしてコンテナカバーに入れたら…

タンクを回しながらしっかり取り付ける。

下にコーヒーカップをセットして…

お湯を注ぐ! タンクの約半量でエスプレッソ、MAXの線まで注ぐとルンゴが楽しめるそうだ。

タンクカバーをかぶせたら…

上部を回してロックを外し、Let’sポンピング! 1プッシュにつき1~3秒かけて真下にゆっくり押すのが、美味しいエスプレッソを淹れるコツだ。

5プッシュ目くらいから押す手が重たくなり、そこからさらに数回プッシュするとコーヒーが滴りだした。30プッシュくらいで圧を感じなくなり、コーヒーも出なくなったのでこれで完成! 1杯入れるまでにかかった時間は約1分。想像以上に早い。

美味しいエスプレッソの証拠、クレマ(表面の泡の層)がしっかり現れ、キメも細やか。コクと旨味がぎゅっと凝縮されていて、香りの余韻も豊かな美味しいエスプレッソだ。カフェ顔負けのこの味がいつでもどこでも楽しめるなんて嬉しい限りだ!

次は粉にも挑戦してみよう! 使う粉は細挽きタイプを選ぼう。インスタントコーヒーや、一般的なエスプレッソ用極細挽きタイプは使えないのでご注意を。

粉を入れた計量スプーンにパウダーコンテナをかぶせ、ひっくり返すとこのとおり。この後、スプーンの底でコーヒー粉を押し固める。

シリコンキャップでフタをして…

コンテナカバーにセットイン。

あとはカプセルのときと同じく、ゆっくり丁寧にポンピングするだけだ。カップや粉のセットも、ポンピングも、一度やると次からは感覚的にできるほど簡単だ。

朝食とともにいただく淹れたてのエスプレッソは、それはもう最高! 軽くて丈夫なのに高級感があるプラスチック製のコーヒーカップも、アウトドアシーンでの使い勝手が良い。抽出中の音も静かだから、これならオフィスでもこっそり極上の1杯を楽しめちゃいそう…!

 

エスプレッソ好きは買わない理由がないかも

軽くてコンパクトだから持ち運びにも便利な『ポータブルエスプレッソメーカー』。夏のキャンプや公園で過ごす休日に淹れたてのエスプレッソはいかが。

 

商品はワンダーシェフの公式オンラインストアにて購入できる。

 

公式サイトはこちら

記者

Mugi

ライフスタイル・食・美容・子育てなど、あらゆるジャンルで年間300本以上のレビュー記事やコラムを執筆するフリーライター。薬事法管理者。プライベートでは3人の子育てに奮闘中。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック