豆の専門店が作る『涼菓 丹波黒豆ゼリー』は中元や手土産にぴったり!

黒豆の煮汁をそのままゼリーに

 

ふっくら炊き上げた大粒の黒豆が贅沢に入った『涼菓 丹波黒豆ゼリー』は豆専門店が作るゼリー。丹波産の黒豆のおいしさは、帰省の手土産やお中元にも喜ばれる。ひんやりと上品なその味わいを、今回はアイスコーヒーとともに頂いてみよう。

 

豆にこだわりぬいた、豆のプロフェッショナルが作るゼリー

豆の専門店の志賀商店(愛媛県)は、国内に工場を構え、徹底した衛生管理のもと安心な商品を製造している。煮豆や甘納豆など豆本来の味を活かすために薄味で、添加物をできる限り使用しないのがモットー。

 

食品の原料の受け入れから製造・出荷までのすべての工程において、危害の発生を防止するための重要ポイントを継続的に監視・記録する衛生管理手法であるISO22000を取り入れ、衛生管理を徹底している。

今回ご紹介するのは、『涼菓 丹波黒豆ゼリー』(90g・スプーン付・希望小売価格 税込216円・発売中)。これからの暑い季節にぴったりの和風ゼリー。

国産の丹波黒豆をじっくりと煮詰めて抽出した煮汁をそのまま固めており、中にはふっくら炊き上げた丹波黒豆も入っている。

 

スプーン付きだから、手土産にも最適

スプーン付きで個包装になっているので、帰省などで人が集まる場面や、アウトドアシーンにも持っていきやすい。

 

シンプルな原材料のみで作られているから黒豆の栄養素もたっぷり

カップのまま頂いても、お皿に取り出しても。お皿に取り出すとコロンとしたドーム型が可愛らしく、より涼やかな雰囲気になる。黒豆を煮詰めた時の甘い煮汁は栄養素も豊富。黒豆は良質な植物性タンパク質が多く含まれている食品で、イソフラボンやアントシアニンなどの栄養素も煮汁に含まれているんだとか。

黒大豆は丹波産ということで、もちろん国産のもの。原材料は、国産丹波黒大豆(国産、遺伝子組換えでない)、砂糖、還元水飴、食塩だけととてもシンプル。固めるのに用いられているのはゲル化剤。

 

暑い日に! 黒豆ゼリー×アイスコーヒーのマリアージュを

黒豆ということで抹茶や日本茶など和のお茶と一緒に頂くイメージが強いかもしれないが、コーヒーとも相性が抜群らしい。黒豆ゼリーをキリッと冷えたアイスコーヒーとともに頂いてみよう。

ひんやりつるんとしたやわらかな食感と煮汁の甘さがとても上品。甘さ控えめで、のどごしがいいから、子どもから大人まで食べやすいゼリーだ。

 

上品な甘さと丹波黒豆の贅沢感

中には大粒の黒豆が5粒。ふっくら、しっとりとした黒豆のおいしさは存在感がある。

アイスコーヒーの苦みと、黒豆ゼリーの甘さとのバランスがよく、アイスコーヒーと頂くことで後味がすっきりとする。つるっとしたゼリーは食べやすく、これからの時期におすすめだ。和風×コーヒーの和洋折衷なこの組み合わせ、ぜひおためしを。暑い日にカラダに溜まった熱を、やさしくクールダウンさせることができるかも。

黒豆が好きな人はもちろんのこと、暑い季節に上品なおいしさを楽しみたい人にもおすすめ。常温での保存が可能だが、冷蔵庫で少し冷やしてから頂くとよりひんやりとしたおいしさが楽しめる。『涼菓 丹波黒豆ゼリー』は糸まちマルシェ(愛媛県西条市)の他、全国の一部スーパーにて発売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの連載など執筆も数多く手がける。記事内の料理やアートワークの制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック