次は何が届くだろう?全国各地のクラフトビールの定期便サービス『Otomoni』で、飲み比べエンターテインメント!

20歳未満の者の飲酒は法律で禁じられています

 

最近ブームを呼んでいる全国各地の醸造所によるクラフトビール。記者も出張先で偶然出会うたびに、まだまだ世の中にはおいしいビールがあるのだなと感動したものだ。昨今は出張も少なくなり、味わう機会も減って肩を落としていたのだが、各地のビールを家にいながら楽しめる、クラフトビール定期便サービス『Otomoni』を発見。これはもうビール好きとしては、体験してみるしかないだろう!

 

全国250社以上のブルワリーの1,900種以上のクラフトビールから、ビアマイスターが厳選して6本ずつお届け

全国津々浦々に存在するブルワリー(ビール醸造所)。国内に約500箇所もあり、その土地の気候や食材の特徴を生かしたクラフトビールがあるのだという。

しかしビールといっても、一般的な黄金色で飲みやすいラガー系「ピルスナー」、近年ブームを呼んでいるエール系の苦くて旨いIPA(インディア・ペール・エール)、バナナのようなフルーティーな香りで苦みを抑えたヴァイツェンなど、さまざまな種類があり、自分好みのクラフトビールに出会うのは、もはや至難の業にも思えてくる。

出会いを求めて、むやみにあちらこちらのオンラインショップで注文するのも、1,000円を軽く超える冷蔵便送料を考えると、無茶だ。したがって記者はついつい、近所のコンビニでいつものビールを買って帰ってしまう。

ただ、毎日の1杯はそれでもいいのだけれど、休みの日のビールくらいは贅沢気分を味わってみたいもの。そこで見つけたのが、meuron株式会社(東京都)クラフトビールの飲み比べ定期便サービス『Otomoni(オトモニ)』である。

全国250社以上のブルワリーと直接契約し、1,900種以上のクラフトビールから、ビアマイスターが6本厳選して、2週間に1度わが家に届けてくれるサービスだ。

全国のクラフトビールが届くほか、誰も飲んだことのない先行発売・限定発売のビールも楽しめるというから、ビール好きのエモーションは高まるばかり。全国各地に出かけていかなくても、家にいながらクラフトビールと偶然の出会いができる。何とも贅沢なサービスではないか。

 

専用アプリと連動して、自分好みのビールが届くようになる!

『Otomoni(オトモニ)』の使い方は簡単。公式サイトで申し込みと会員登録を行うだけ!公式アプリを利用すると、届いたビールがリスト保存されており、気に入った銘柄にハートマークをつけることで、自分好みの配送内容にパーソナライズされていくようになるという。頼むたびに精度が上がっていくという(逆に苦手な銘柄を登録することも可能)のはすごいシステムだ。


もちろんお気に入りのビールがあれば、再注文も可能。旅行に行かずとも、全国の醸造所と手のひらのデジタル(スマホ)でつながるこの感動…。いそいそと記者は申し込み作業を開始した。

 

クラフトビールの飲み比べ定期便サービス『Otomoni(オトモニ)』をおためし!

まず最初に届くのは「初回お試しセット」。冷蔵便が届いたときにはかなりのワクワク感に襲われた。箱を開けると、中から出てきたのは6本。1本は缶だった。とりあえず2週にわけて週末に3本ずつ楽しむという計画を立てる。

 

1週目分のビールは以下の3本だ。
1本目「ノースアイランドビール IPA」(北海道・SOCブルーイング/アルコール度数:7%※要冷蔵)
2本目「あわぢビール島レモン」(兵庫県・ユーアールエー/アルコール度数:4.5%※要冷蔵)
3本目「無限 HAZY IPA」(大阪府・Marca/アルコール度数:7%※要冷蔵)

 


最初の1本目、「ノースアイランドビール IPA(インディアペールエール)」をグビリと飲むと、IPAの特徴である大量のホップの苦みが迫ってくる。ところが感じるのはグレープフルーツを果皮ごとかじったような爽快なジューシーさ。いままで飲んだことのないおいしさだ。

続いて飲んだ「あわぢビール島レモン」はプルトップ付きの王冠で開けやすい。複雑で強めの香りのフルーツエールは淡路島産アレンユーレカレモンを使用しており、後味においしいレモンの酸味と旨味がやってきた。これは楽しい。たまたま用意していた鶏の唐揚げにばっちり合った。

Otomoniでしか味わえない限定ビール!

そしてホログラム調のパッケージの「無限 HAZY IPA」は、2020年のキャンペーンで定期便会員とともに作り上げ、一度だけ配送された幻の人気銘柄。こればっかりは店頭では手に入らない特別な一品。実際に飲んでみても、コリアンダーを加えたなかなかのクセモノ味で気分は上がる一方。こんなビター感が強い濁りビールが家にいるまま飲めるとは!

 

あと1本だけ…。飲み比べが止まらない!

これはかなり面白い。栓を開けるたびに巡り会う初めての感動。そして抑えきれない衝動。初回なのだしと思いながら、2週目分に手をつける。今回は特別だ。トルティーヤ・チップス片手にほろ酔い気分で本格的に腰を据えてかかる。


4本目「HAZY SESSION IPA」(兵庫県・アイエヌインターナショナル/アルコール度数:4.5%%)は、国際ビアコンペ銀賞受賞の生え抜き銘柄。ストラタ・ホップを使用することで生まれた複雑なフルーティーさが実にうまいIPAだ。

続く5本目「ノムクラフトアイピーエー」(和歌山県・CAMPS有田川/アルコール度数:6%※要冷蔵)は、4種のドライホップを使用したアメリカンスタイルのIPA。パパイヤ感も同時に感じつつ、ふくらみのある旨味がたまらない。バーベキューが食べたくなった。

とうとう6本目、ラストとなった「パラウーナー ミュンヘナーヘル」(ドイツ・ミュンヘン・アイコン・ユーロパブ・アルコール度数:5%)。ラストを締めるにふさわしい王道ラガービール。なんとドイツからの登場だ。ミュンヘンの伝統的な製法に香り高いハラタウホップを使用して、ほどよい苦みのフルーティーさが、いつもよりちょっと飲み過ぎた喉をいたわってくれた。

一通り飲み終わったら、アプリを使用して5段階評価やレビューを送信する。今回記者がアプリでハートマークをつけたのは「HAZY SESSION IPA」と「パラウーナー ミュンヘナーヘル」。配送日の11日前までなら届くセットをカスタマイズすることも可能だ。それにより今後、記者の好みに合わせたビールが届くわけである。

 

リピート機能を使えば、同じビールを再配送することも可能だが、それは考えていない。というのも、次から次へと新しい味に出会う楽しさに、すっかり魅了されてしまったからだ。今後も色々なビールを飲めるのだと思うと、ワクワクが止まらない!

 

 至福の晩酌タイムを演出する『Otomoni(オトモニ)』は1回のオーダーにつき4,378円〜(送料無料)

『Otomoni』はビール好きなら問答無用に楽しめるエンターテインメントだと感じた。週末、自分へのご褒美に最適である。食事もデリバリーで運んでもらえば手間いらずで贅沢なひとときが味わえる。

2週間に1回の配送をベースに月に2〜3回商品が届くが、自分のペースに合わせてマイページから無料・無制限のスキップ機能を使って、配送頻度を自由にコントロールすることが可能。週末に受け取れないとき、しばらく留守にするときなどに便利だ。

 

またいざというときの解約も、Web版マイページ最下部にある「お届けを停止する」をクリックすれば、再開するまで自動で配送が停止される。もちろん配送が停止されている期間の料金は一切発生しないので安心。

毎回違うクラフトビールと出会えるこの喜び。『Otomoni(オトモニ)』1回のオーダーにつき4,378円〜(送料無料)で利用可能だ。冷蔵便の場合でも追加料金不要なのがいい。ビール好きなら、まずはおためし。自分のビールの好みに新しい扉が開くかも!

※お酒は20 歳を過ぎてから

記者

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック