瀬戸内レモンが主役! 『紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりレモンティー』を飲んでみた

レモン好きのために誕生!

 

「紅茶花伝 クラフトティー」シリーズから紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりレモンティーが登場。瀬戸内レモン果汁を使用し、こだわりを追求した上質なレモンティーだ。レモンを主役にした爽やかな味わいを確かめてみよう。

 

爽やかで上品な味わい。果汁2%でも感じるレモンの存在感

コカ・コーラシステムの「紅茶花伝 クラフティー」は、100%手摘みセイロン茶葉を「紅茶花伝 ロイヤルレモンティー」の2倍使用し、厳選果汁をたっぷり使ったこだわり紅茶シリーズ。仕上げにはちみつを加えることで上品で優しい甘さをに仕上げられている。

現在は「紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりピーチティー」、「同 贅沢しぼりオレンジティー」がラインナップしており、ここに新たに追加されたのが『紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりレモンティー』(440mlPET・希望小売価格 税込151円・2021年10月11日発売)だ。

実は昨年10月に「同 レモネード」が発売されており、それと入れ替わるように発売されたのがこの商品。

同じレモンティーなのに何が変わったのかというと、レモン果汁に瀬戸内レモンが使われるようになった。

1本あたりのエネルギーは110kcal、糖質は約27.5g

「同 レモネード」はレモン果汁3%だったが、『紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりレモンティー』は果汁2%になった代わりに国産トップシェアの爽やかな瀬戸内レモンを使い、品質にこだわったというわけ。味や製法にこだわる「紅茶花伝 クラフティー」にはぴったりだ。

10月12日から全国放映がスタートする新CM『瀬戸内からやってきた』篇には、女優の小芝風花さんが出演。瀬戸内レモンの精として、爽やかな笑顔で味わいを表現している。

 

パッケージはレモンらしい黄色ベース。シリーズ共通の上質なデザインだ。

スーッと鼻に抜けるレモンの香り。

 

ゴクッと口に含むと、レモンのきいた爽やかな味わいが広がる。レモンが紅茶を引き立てるのか、紅茶がレモンを引き立てるのかと問われるとこれは後者。ハチミツを加えたことで酸味の角は丸めつつも、キュッとした酸っぱさが生きている。レモンが主役に偽りはなかった。

ほんのりと甘味はあるが紅茶の渋みなどを消す程度で甘ったるさはなし。極微糖でゴクゴクと飲めるし、後味にフレッシュ感があるからリフレッシュにもぴったりだ。レモン好きはぜひ手に取ってみて欲しいおすすめの1本。

後に残るレモン香も心地よい

同日10月11日から「紅茶花伝 無糖ストレートティー」も新パッケージで発売される。こちらもおためししてみたい。

 

全国のスーパー、コンビニで発売中。

 

あわせて読みたい:発売11年目の新フレーバー『キリン 午後の紅茶 おいしい無糖 香るレモン』が、すっきりうまい!

あわせて読みたい:ついに登場した『紅茶花伝 無糖ストレートティー』の、茶葉の旨味凝縮っぷりに拍手!

あわせて読みたい:【特集・レモネード】人気3商品「三ツ矢」特製レモネード/紅茶花伝 クラフティー レモネード/LEMON MADE レモネードソーダ【飲み比べ】

あわせて読みたい:栄養素をプラス! サッと溶ける『リプトン フルーツチャージティー スティック』3種飲みくらべ

公式サイトはこちら

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images 

トラックバック