発売11年目の新フレーバー『キリン 午後の紅茶 おいしい無糖 香るレモン』が、すっきりうまい!

ツイン・ブリュー製法で茶葉を感じやすく!

 

「おいしい無糖」シリーズから待望の新フレーバー『キリン 午後の紅茶 おいしい無糖 香るレモン』が新登場。ダージリン茶葉20%とレモンエキスを使用したすっきり爽やか仕立てのレモンティーだ。レモンの香りと茶葉のうまみが詰まった味わいを確かめてみた!

 

ダージリン茶葉20%使用。「ツイン・ブリュー製法」で抽出された茶葉のうまみをしっかりと感じられる味わい

キリンビバレッジ「キリン 午後の紅茶」は、2020年販売数量No.1の紅茶飲料ブランド。加糖タイプの「同 ストレートティー/ミルクティー/レモンティー」や大人のための微糖タイプ「同 ザ・マイスターズ」など、さまざまなシリーズを展開している。

今回発売された『キリン 午後の紅茶 おいしい無糖 香るレモン』(500mlPET・希望小売価格 税込151円・2021年9月28日発売)は、健康を意識したい人や糖離れをしたい人に向けた「午後の紅茶 おいしい無糖」シリーズの新フレーバー。現状「午後の紅茶」シリーズ全体で1種類しか販売されていないことを考えると、待望の無糖商品というわけだ。

あれ、似た商品を前に見かけたような? という方のために少し補足すると、実は2020年9月から「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖レモン」という名前で全国のセブン&アイグループ限定で発売されていた。今年8月に出荷停止してしまったのだが、これ機に正式に同シリーズに加入したのだろう。その証拠に原材料などは全く同じだ。

茶葉には世界三大銘茶「ダージリン茶葉」を20%使用。2つの温度の抽出する独自技術「ツイン・ブリュー製法」を用いて、茶葉のもつ香りや旨みを引き出しつつ、クセのないすっきりとした味わいを引き出している。なお、レモンエキスを使用しているが、無果汁。

1本あたりのエネルギー、糖質ともに0。ポリフェノール210mg

容器は「午後の紅茶 おいしい無糖」と同じスタイリッシュフォルム。ラベルも同じ白色の共通デザインをベースに、背景に輪切りレモンのイラストが描かれている。

香るレモンと名付けただけあって、キャップを開けると弾けるようなレモンの香りがあふれてくる。これはたまらない。

口に含むとレモンの酸味を感じる飲みやすい味わい。レモンエキスのおかげで無果汁でもすっきり爽やかな仕立てになっている。もちろん甘さはゼロだが、渋みや苦みもほとんどなく、クセがなくて飲みやすい。

記者は出荷終了となった「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖レモン」を飲んだことがあるが、今回は茶葉の味わいを感じやすくなった気がする。引き継いだ際に、微調整がされているかもしれない。レモンティーでもしっかり茶葉を感じたい人におすすめだ。

全国のスーパー、コンビニで発売中。なお、コンビニでは600mlPETで発売。

俳優・坂口健太郎の爽やか新TVCMもオンエア中。

 

あわせて読みたい:【午後ティー】初の無糖レモンティー『キリン 午後の紅茶 おいしい無糖レモン』の味わいは?【ダイエット】

あわせて読みたい:紅茶版第5弾! スッキリ爽やかな香りの『クラフトボス ストレートティー』を飲んでみた

あわせて読みたい:ついに登場した『紅茶花伝 無糖ストレートティー』の、茶葉の旨味凝縮っぷりに拍手!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック