糖質50%オフ缶チューハイ『GREEN1/2(グリーンハーフ)〈レモン〉/〈グレープフルーツ〉』でヘルシー晩酌【ダイエット】

糖質半減で安心して楽しめる

 

健康意識が高まる中、無理せず日常の中でさりげなく糖質制限ができるのが理想だ。すっかり定着した家飲みでも然り。糖質50%オフの缶チューハイ『GREEN1/2(グリーンハーフ)〈レモン〉/〈グレープフルーツ〉』は、人気の柑橘フレーバー2種のその味を、晩酌が欠かせない記者が試してみた。

 

糖質制限中も晩酌はしたい。さりげないヘルシーチューハイ

『GREEN1/2(グリーンハーフ)〈レモン〉/〈グレープフルーツ〉』(350ml缶・希望小売価格 税込155円・2021年9月28日発売)は、糖質50%オフの缶チューハイ。人工甘味料不使用のやさしい口当たりと、飲み飽きない軽やかな味わいが特長だ。

 

一般的にチューハイはフレーバーが様々あっておいしいが、糖質やカロリーが高く甘いイメージがある。体重に不安があるお酒好きにとって、選びにくいこともある。しかし日々の晩酌は生き甲斐だと感じるなら、この製品を選ぶといいかも。

 

『GREEN1/2(グリーンハーフ)〈レモン〉』

白をベースに、手書き風のレモンと緑のGREEN1/2の文字と、新の文字を囲う水色の円が爽やか。

37kcal/糖質2.1g

糖質オフな上、プリン体0で、人工甘味料不使用なので、健康を気にしている人も口にしやすい。

缶を開けると、苦味のあるレモンピール(果皮)の香り。缶そのままから飲むと、シュワっと炭酸が弾け香りが鼻を抜ける。シャキッとした気分になる、良い香りだ。甘くないドライなレモンの苦味と酸味が広がる。アルコールは5%だが、もう少し低く感じる。甘さを抑えているのに、スピリッツのクセがなく飲みやすい。

グラスに注ぐと、香りが柔らかくなった。炭酸が程よく口で弾け、後にレモンの苦味がしっかりと残る味わいだ。すっきりとして、口に甘さが残らない。柑橘のピールが好きな人には、特におすすめだ。

 

『GREEN1/2(グリーンハーフ)〈グレープフルーツ〉』


こちらは新の文字を囲う円はピンク。缶を開けると、甘酸っぱいグレープフルーツの良い香り!デザインの先入観からか、ピンクグレープフルーツの芳醇さを感じる。

そのまま飲めばジューシーな味わいと、甘酸っぱいグレープフルーツの風味が広がった。果実感のあるフレッシュな味わいだ。しかし香りほど甘さはなく、後味にピール(果皮)の苦味が残る。

グラスに注ぐと、しゅわしゅわと弾ける水色はクリアで透明。香りの広がりが良く、果実のフレッシュさを表現している。

37kcal/糖質2.1g

飲めば、すっきりとしながらも苦味の残る味。糖質オフでこのシューシーな果実感はうれしい。

 

どちらも苦味のあるすっきりとした味わいで、記者的には好み。甘さで重くなることなく、350ml缶1本を飲み干せた。

 

軽く飲めて、糖質も軽い。甘く重めのカクテル系を好む人には物足りないかもしれないが、すっきり爽やかで万人うけする缶チューハイだ。すっきり系が好きな人や、健康が気になり出した人はぜひチェックしてみて。

 

『GREEN1/2(グリーンハーフ)』は500ml缶(希望小売価格 税込191円)もあり。入手は全国のスーパーや酒類取扱店などで可能だ。

 

あわせて読みたい:ぷち贅沢!定番本格麦焼酎を使用した『神の河ハイボール』がめちゃウマ【コンビニ限定】

あわせて読みたい:【レモン】甘くないレモンチューハイ『キリン 氷結 無糖 レモン』で晩酌してみた!【お酒】

あわせて読みたい:ウイスキーの名品「山崎」の古樽を使って仕込まれた『山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽仕込梅酒ソーダ割り』は熟成感に唸る!

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック