後がけにもオススメな【あっさり系】ごま油! マルホン『圧搾純正胡麻油』なら毎日使っても飽きない!?

クセになるおいしさ! ハニーチーズトースト+ごま油⁉

 

まろやかで風味豊かなごま油は、食卓を豊かにしてくれる素材のひとつ。昔ながらの製法を守り続け、ごまの旨みにとことんこだわったマルホンの『圧搾純正胡麻油』は、雑味のないまろやかな味わい。おいしい胡麻油だからこそなせるのが「ちょいがけ」使い。仕上げにちょいがけして、ごま油の味わいを思う存分堪能してみよう!

 

マルホン圧搾純正胡麻油のおいしさの秘密とは!?

竹本油脂株式会社(愛知県蒲郡市)が手がける「マルホン胡麻油」のはじまりは1725年。すべての製造工程を国内の自社工場で行っており、搾油については「圧搾製法」一筋というこだわりを持っている。

今回紹介する『圧搾純正胡麻油』(200gビン・希望小売価格 税込432円・発売中)は圧搾製法で作られているので、ごまの旨みがありつつもあっさりとした味わいだ。圧搾製法とは、焙煎したごまを化学溶剤を用いず、圧力だけで搾る昔ながらの方法のこと。よりクリアな味わい、すっきりした後味に仕上げるために、約半月をかけてじっくりと丁寧にろ過・静置を繰り返すこだわりよう。

 

 

余分なものは使わない、入っていない

マルホン胡麻油は100%国内自社製造。外国製ごま油は一切使用していない。本物のおいしさを追求するプロも好んで使う、日本を代表するごま油である。

『圧搾純正胡麻油』は、苦みや雑味を抑えたあっさり仕立てのごま油。香りも良くまろやかな味わいなので、仕上げの後がけにも向いているのは、㈱味香り戦略研究所による味覚分析でも証明済みだ。

 

しっかりと香る、澄み切ったまろやかさが料理をおいしくする!

小皿に注いでみると、鮮やかな琥珀色が美しく、ごまの風味が華やかに香る。定番メニューはもちろんのこと、塩昆布キャベツやたまごスープ、しらす丼などにもおすすめ。かけるだけで、コクと旨味たっぷりの贅沢な味わいに仕上がる。そんなごま油の風味を存分に楽しめるハニーチーズトーストを作ってみよう!

 

意外な組み合わせ!?  ハニーチーズトーストにごま油をちょいがけ!

「ハニーチーズトーストにごま油をかける? 」と思うかもしれないが、これこそ雑味のないまろやかなごま油だからこそできる味。

 

用意した食材は

  • 『圧搾純正胡麻油』
  • 食パン
  • スライスチーズ
  • はちみつ

スライスチーズをのせてトーストしたパンに、まずははちみつをたっぷりとかける。

続いて、『圧搾純正胡麻油』をちょいがけ。これだけで、まろやかなごまの風味香るハニーチーズトーストのできあがり。

チーズのコクと塩気に、はちみつの甘み、そこに加わるごまの風味…。意外な組み合わせだが、それぞれの味わいが混ざり合うことでおいしく頂ける。はちみつの甘ったるさが抑えられ、コクとまろやかさが際立ち、チーズの塩気と程よく調和しているのだ!

はちみつもクセのないものを選んだ方が相性抜群。今回は、はちみつとごま油を別々にかけてみたが、あらかじめ混ぜ合わせたものをかけるのもおすすめ。しっかりと混ぜ合わせてからかけると、味がより調和してバランスよく味わえる!

ごま油はコレステロールゼロ。しかも、ごま特有のセサミン、セサミノールなどの抗酸化成分が含まれていて、ビタミンEの増強や脂肪酸代謝改善などの効果が期待できるらしい! これらの成分をちょいがけで手軽に摂取できるのもいい。

炒め物などの調理だけでなく、風味と味わいを楽しむなら「ちょいがけ」もおすすめ。おにぎりの味付け、刺身の漬け、野菜たっぷりのナムルなど、混じりっけのない本物のごま油『圧搾純正胡麻油』で、おいしい発見をしてみよう!

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック