【まるっと、本物~♪ 】マルホン胡麻油のCMで向井理さんが美味しそうに頬張る”絶品おにぎり”を作ってみた!

CMで気になるあのメニューを作ってみよう!

 

昔ながらの圧搾(あっさく)製法で作られた話題の『マルホン胡麻油』。CMでも紹介されているおいしそうなあのレシピを作ってみよう!

 

竹本油脂株式会社(愛知県蒲郡市)が手がける「マルホン胡麻油」のはじまりは1725年。現在ではすべての工程を国内の自社工場で行っており、搾油については「圧搾製法」一筋というこだわりを持っている。

 

まずはこちらのCMをご覧頂こう!

俳優の向井理さんがCM内でおいしそうに頬張るのは「ごま油で絶品! おにぎり」。これは簡単で間違いなく美味しそう! 公式サイトでレシピが公開されているということなので、それを参考に実際に作ってみた。

レシピはこちら

 

これが噂の「ごま油で絶品! おにぎり」

用意するのは、ごはん、塩昆布、大葉、いりごま。そして、マルホンの『圧搾純正胡麻油』。

温かいごはんに、すべての材料を加えよう。

混ぜ合わせている時から、ごま油のいい香りが食欲をそそる!

 

これはたまらぬおいしさ!

キュッと握ったら、出来上がり! 塩昆布の塩っけと旨みがごま油とほどよく混ざり合い、そこに大葉といりごまのフレッシュな香りが加わる。すぐに食べても、ちょっと時間が経ってたからでも味わい深い。その美味しさに、つい「もう1個! 」と手が伸びてしまう。パパっと作れるから忙しい朝や在宅勤務中のランチ、お夜食などにおすすめ。

 

マルホン胡麻油はごまをぎゅっと搾るだけだから、雑味が少ない?

『圧搾純正胡麻油』(200gビン・希望小売価格 税込432円)。料理家にも愛用者が多く「品質」「おいしさ」は折り紙付き。

圧搾製法とは、圧力だけでぎゅっと搾る昔ながらの製法のこと。一般的なごま油は、溶剤を用いた抽出法を併用したり、海外製のごま油をブレンドしたりしているが、「マルホン胡麻油」は圧搾製法一筋。

余分なものは使わないから、雑味のない澄み切った味わい。ごま本来の旨味がしっかりと感じられてまろやかで香りも良い。料理をおいしくするホンモノのごま油だ。

ワンタッチで開けられるキャップ。今回ご紹介しているのは200gビン入り。他に、150g(ビン)、300g・450g(ペット)があるので、生活シーンに合わせてチョイスしてみよう。

 

Instagramキャンペーン実施中!

マルホン胡麻油のCMをみてクイズに挑戦する「まるっと、本物。マルホンCMクイズキャンペーン」を5月31日(月)まで実施中。フォロー&正解のコメントをした方の中から50名にこだわりのマルホン胡麻油をプレゼント。詳しくは、公式Instagramをチェックしてみて。

 

おいしいごま油を食卓に!

おにぎりを食べて感じたのが、圧搾純正胡麻油は「料理によく合う! 」というイメージ。ごま油= 中華の印象が強いが、この絶妙な味と香りのバランスはどんな料理でも合いそうだ。我が家でも様々な料理に試してみたい。毎日の食卓に、「品質」と「おいしさ」にこだわる「マルホン胡麻油」を選んでみよう!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック