【明太マヨ×高菜】チューブごと吸い込める美味しさ! ふくやの『味のめんたいマヨ 高菜入り』が万能すぎる!

チューブごと吸い込める美味しさ!

 

つけても、混ぜても、炒めても美味しい万能調味料をご存知だろうか。明太子のふくや人気の「味のめんたいマヨ」が福岡名物高菜と奇跡のコラボ! 『味のめんたいマヨ 高菜入り』で色々試してみたら、思わず1本使い切るほどの美味しさだった…! そんな万能調味料をご紹介しよう。

 

博多老舗の明太子メーカーが、福岡名物の高菜とタッグを組んだ!

昭和23年誕生の株式会社ふくや(福岡県福岡市)は、日本で初めて明太子を作った明太子専門のメーカーだ。新しい美味しさを探求する「味の明太子の味」シリーズ商品は、博多土産としても人気が高い。シリーズの「味のめんたいマヨ」は、明太子のぴりりとした辛さを効かせたマヨネーズ。様々な食材や料理に手軽に使える万能調味料だ。

その「味のめんたいマヨ」が福岡名物の高菜と奇跡のコラボしたのが『味のめんたいマヨ 高菜入り』(150g・販売価格 税込540円・発売中)だ。

原材料は、辛子明太子と高菜漬けのコラボ

明太子の旨みと辛み、高菜特有の食感が一度に楽しめる。

片手で持てるコンパクトなチューブで、手軽に使いやすい。

出すと高菜の独特の香り! 明太子の粒と高菜の粒が目にもわかる。

舐めてみると、まろやかなマヨネーズの酸味とコク…。後にピリッとした独特の辛さ。シャクシャクとした高菜の食感も残っていて、口いっぱいに広がる高菜の風味が後をひく美味しさだ。

 

明太子とマヨネーズ、高菜の奇跡のコラボ。これはマヨ好きも明太子好きにも新しい美味しさだ。チューブごとそのまま食べられそうだが、今回は調味料として様々な食材と合わせてみよう!

 

つけるだけでご馳走に! 調味料の枠を超えた美味しさ

まずはタルタルソースのように、アジフライにつけてみよう!

魚のくさみを消し、ピリ辛感が油の重さを抑えてくれる。マヨネーズのまろやかな酸味と、高菜の風味がまた一味違った美味しさだ。くどさはないのに、深みのある味わい。

たっぷりつけてどんどん食べられる!

ボイルした海老とジャガイモを和えてみると…

コク豊かでジャガイモにぴったり。ピリッとした辛さの後からくる、高菜の風味が良い。まろやかな酸味と合わさり、ジャガイモがクリーミー!

火を通すとさらにまろやかになるとのこと。食いしん坊な記者は、”マカロニグラタン風”にオーブン焼きを作成。茹でたマカロニやブロッコリー、生ハムに『味のめんたいマヨ 高菜入り』とチーズをのせ、トースターで5分焼くだけだ。

高菜の風味が香ばしく、控えめにかけたチーズと相性がもう抜群!

舐めても美味しかったが、食材と合わせるとワンランクアップ。高菜の風味がコク深く、ピリッと感でいくらでも食べられる。

チャーハンや、サンドイッチ、だし巻き玉子に海苔と一緒に巻いても美味しそう! 記者なら熱々ご飯にたっぷりのせて、醤油をちょっと垂らすだけで、何杯でもいけそうだ。この万能な美味しさ、マヨ好きはぜひ試してみて!

『味のめんたいマヨ 高菜入り』のご購入は公式オンラインショップから可能。

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック