【新発売】チューブ調味料もここまで進化!『もっとボーノ アンチョビ/きざみオリーブ』で人気のイタリアン食材をお手軽に!

いつものメニューにプラスするだけで、グンと本格的!

 

おうち時間が増えるにつれて、アンチョビやオリーブの実など、イタリアン食材の使用機会が高まっている。ご家庭でも外食気分は味わいたい…。一方で、イタリアン食材は値段も高く、一度に使いきれない瓶入りや缶入りが多く、無駄にしてしまうことも…。

好きな時に好きなだけ使いたい! そんなお悩みを解決した『もっとボーノ アンチョビ/きざみオリーブ』が新登場!

 

コスパも時間も節約して味は贅沢に

エスビー食品株式会社(東京都中央区)は、言わずと知れたスパイスやハーブでおなじみの調味料のメーカー。キッチンのどこかには同社の商品がある、という家庭も多いのではないだろうか。

特にバリエーション豊富なチューブ調味料は、エスビー食品が日本で初めて発売したのを皮切りに、様々なチューブ調味料を世に送り出してきた。

 

記者も手間なく、料理の味を底上げできるチューブ調味料は大好き!最近では「きざみ青しそ」「きざみ福神漬け」など、「こんなものまでチューブ調味料に!?」と思わせる今までにない商品を続々新発売している!

そして今回なんと、イタリアン食材を手軽にプラス出来るチューブ調味料『もっとボーノ アンチョビ/きざみオリーブ』(38g・希望小売価格 税抜190円・2021年8月9日発売)が新登場…!

『もっとボーノ アンチョビ』は、料理になじみやすい、なめらかなペーストタイプのアンチョビ。アンチョビの旨みを活かしながら、えぐみや苦み、塩分を抑え、様々な料理に合わせやすくなっている。

チューブから出すと、アンチョビ特有の良い香りが! 

アンチョビの素材の旨味が口いっぱいに広がり、舌触りもまろやか! ペースト状なので、色々な料理に手軽に使えそう。

『もっとボーノ きざみオリーブ』は、ブラックオリーブの芳醇なおいしさを感じられる、きざみタイプのオリーブ。具材感が楽しめるよう、存在感のある約 2mmのサイズにカットされている。

チューブから出すと、粒感のあるみじん切りにされたオリーブ。

オリーブの実のジューシーでフレッシュな味わいが、ジュワッと染みでるよう!程よい塩気に、これだけでもおつまみになりそうだ。

 

日ごろからイタリアンをよく作る記者は、オリーブもアンチョビも欠かせない食材。しかし、缶や瓶入りは量も多く価格も高い。チューブ調味料なら、今後はもっと手軽に料理に取り入れられそう!

ワクワクしながら、エスビー食品がおすすめする『もっとボーノ』を使ったお手軽パーティーメニューを作ってみた!

 

お家イタリアンをもっと美味しく!

まずは既製品のピザを用意。温めている間に用意するのは、『もっとボーノ アンチョビ』とマヨネーズ。

量はお好みで、記者はたっぷり混ぜてみる。

しっかり混ぜたら「アンチョビマヨネーズ」の完成! これはバゲットにも合いそう…!

お次はタコのマリネだ。ぶつ切りにしたタコに、オリーブオイル・レモン汁・塩こしょうを加える。

仕上げには『もっとボーノ きざみオリーブ』をプラスし和えるだけで完成! とっても手軽に出来上がるので、おうちパーティーにピッタリ。

メインディッシュのピザは直に『アンチョビ』をつけて食べてみよう。

チーズにコクが出て深みのある味に…!ピザ生地の焼けた小麦の香ばしさに、塩気がたまらなく美味しい。

『オリーブ』は、チーズにオリーブのジューシーさが足されて爽やか!フレッシュな味わいは、バジルとも合う。

「アンチョビマヨネーズ」は野菜にディップ。アンチョビのコクと旨味で濃厚な味わいに! まろやかで野菜のみずみずしさと合う。

タコのマリネは、オリーブが彩りを演出し、一層美味しそうな一皿に。オリーブの爽やかな風味と、レモンの酸味は相性抜群! 

どれもワインが進む大人のイタリアンに。好みで追いチューブ、さらに「アンチョビ」と「オリーブ」を一緒に、などなど自分好みの味わいを楽しめた。

 

おうちでお手軽にパーティーメニューを堪能できた記者。ストック調味料に、新たな仲間入りが決定した。サラダやオムレツ、様々なアレンジができるので、料理にプラスして味の底上げをしてみて!

『もっとボーノ』シリーズは、全国のスーパーなどで販売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック