うまい! のコラボでご飯が止まらない!? マルトモの『削り節屋のふりかけ かつおの浅炊き』シリーズを試してみた

噛めば噛むほど染み出す旨み!

 

食欲の秋! 『削り節屋のふりかけ かつおの浅炊き』シリーズは、ご飯が止まらなくなる削り節屋のふりかけ。人気食材とコラボして、ダブルで”うまい”が楽しめる。アツアツご飯のお供にも、おにぎりにも、調味料としても最適な、うまみが炸裂するソフトタイプのふりかけだ。シリーズ3種をご飯のお供にしてみたら…止まらないおいしさだったのでレポートしたい!

 

薩摩で製造したかつお節を佃煮にした、うま味炸裂のふりかけ

創業から100年以上にわたり、かつお節など水産加工品などを手掛けるマルトモ株式会社(愛媛県伊予市)の「かつおの浅炊き」シリーズは、薩摩で製造したかつお節と本醸造濃口醤油を使用した浅炊きに、人気のロングセラー食材を合わせた”うまい!! のコラボ!!  ”で仕上げたソフトタイプのふりかけ。

追い鰹炊き製法により、かつお節の風味が良く、アツアツのご飯にはもちろん、いろいろな食材と合わせて調味料としても使えるスグレモノだ。シリーズの種類ラインアップは3種。

  • かどやのごまとのコラボ『かつおとごまの浅炊き』(45g・標準小売価格 税込237円・発売中)
  • 岩下の新生姜®とのコラボ『かつおと生姜の浅炊き』(45g・標準小売価格 税込270円・発売中)
  • ムラオカの梅しば®とのコラボ『かつおとカリカリ梅の浅炊き』(40g・標準小売価格 税込237円・2021年3月1日発売)

 

どれもご飯にぴったりの味が勢ぞろいだ。さっそくご飯のお供にしてみよう!

 

『かつおとごまの浅炊き』

『かつおとごまの浅炊き』は、ごま油で有名なかどやのごまを100%使ったふりかけ。良質の白ごまを水洗いし、均一になるよう焙煎。ふっくらと香ばしく煎り上げた、ごま特有の香味が楽しめる。

保存に便利なチャック付き

開封しただけで、かつおの香りが漂って、食欲を刺激する。ごまの粒が目にもおいしそうだ。

口に入れれば、かつおのうま味が口いっぱいに広がる。佃煮の甘さに、後を追いかけるごまの香ばしさが食欲を増進させる。

白米と噛み締めれば、お米の甘さにかつおのうま味が染み出してくる。

香ばしいごまと風味が混ざり合い、単品では甘く感じたふりかけだが、いい具合の塩加減に! シンプルなうま味に、箸が止まらないおいしさだ。

全体にまぶしてみると、かつおの香りが一層引き立つ。頬張ればごまもほのかに香り、味わい深い。

おにぎりとしてまぜこむと、塩気が強くなりすぎずお米の甘みが引き立って、冷めてもおいしかった。 

 

『かつおと生姜の浅炊き』

『かつおと生姜の浅炊き』は、台湾で栽培される特別な生姜 本島姜(ペンタオジャン)で作られた「岩下の新生姜®」を使用。やさしい辛さとさわやかな香り、シャキシャキッとした食感の良さが、かつお佃煮に加わり良いアクセントになっている。

口に入れるとじわっとしたかつおのうま味と、ゆっくりと広がる生姜の風味。生姜らしい辛さをしっかりと感じるが、マイルドな辛さなので食べやすい。

ご飯にのせれば、お米の甘みと生姜の辛さがマッチしている。シャキッとした歯ごたえもあり、食感が楽しい。

かつおのうま味を噛みしめると広がる辛うまさ。さすが「岩下の新生姜®」、風味が良い…。染み出すようなかつおのうま味に、箸がススム!

こちらもおにぎりとしてまぜこむと、辛みが和らぎ、スッキリとした生姜の風味で、パクパク食べられる。

 

『かつおとカリカリ梅の浅炊き』

『かつおとカリカリ梅の浅炊き』は、カリカリ食感がおなじみの村岡食品工業ムラオカの「梅しば®」とかつお佃煮を合わせたふりかけ。カリカリ梅の適度な酸味と食感が楽しめる。

かつおに混ざって、大きめにカットされた梅が見てわかる。

カリカリ梅のスッキリとした酸っぱさで、かつおの風味を邪魔しない。大きめの梅の粒が、良いアクセントになっている。コリっとした食感と酸味でどんどん食べられる。

最後におにぎりとしてまぜこむと、ほのかな酸味と、具材感が相性バッチリ! かつおのうま味に、梅が甘酸っぱく後押しする。食べるうちに、当たるコリコリとした梅の粒が嬉しくてやみつきになる美味しさだった。

 

3種どれも個性があって、ご飯にめちゃくちゃ合う! どんどん食べれちゃうので、ご飯のお供にぴったりだ。記者のように3杯完食するもヨシ、気分に合わせてチョイスするもヨシ。

時間がない朝ごはんや、お子さまのお弁当、おかず作りに大活躍しそう!

購入はマルトモのオンラインショップ「海幸倶楽部」から。

オンラインショップはこちら

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック