リニューアルでさらにおいしくなった『新パリッと朝食ウィンナー』は朝・昼・晩に使えて食卓で大活躍!

朝食にウィンナーがあれば無敵!

 

あっさり、おいしく、食べやすいウィンナーとしておなじみの「パリッと朝食ウィンナー」が2021年9月『新パリッと朝食ウィンナー』として生まれ変わる。よりおいしくなった定番の味を早速チェックしてみよう!

 

朝食にぴったりのウィンナーと言えばこれ!

株式会社フードリエ(大阪府高槻市)は、ハム、ソーセージ、チルド食品などを製造販売している。中でも「パリッと朝食ウィンナー」は発売22周年を迎えたロングセラー商品だ。「朝からあっさりおいしく食べやすい」と人気のこの商品が、全面的にリニューアルする。

『新パリッと朝食ウィンナー』(230g・店頭小売価格 税抜298円/税込322円・2021年9月発売)は、その名の通りパリッとした食感がおいしいウィンナー。その秘密は、天然の羊腸を使っている点にある。

羊腸にプリっと弾力のあるジューシーなお肉をギュッと詰め込むことで、パリッとおいしい皮に変身。もちろん、原材料の混ぜ方にもこだわっている。旨みのある豚肉とあっさりとした鶏肉をバランスよくブレンド。

今回のリニューアルではその配合を見直し、豚肉を増やすことでよりジューシーさアップさせたのだとか。また、あらびき製法(プレート目5mm以上の肉挽機で挽いたミンチを使用)を取り入れ、さらに食感と味わいが増したという。

 

今後の活躍が楽しみな新キャラクター「プリンセス・パリット」にも注目!

また、リニューアルに伴い、新しくキャラクターも登場。その名も「プリンセス・パリット」。漫画家、イラストレーターとしてテレビCMや雑誌など幅広く活動されている、窪之内英策氏が手がけている。愛くるしい瞳とウィンナーの頭がとても可愛らしい! 今後は「プリンセス・パリット」が、私達の食卓に様々な提案をしてくれるというから楽しみだ。他にも、たこさんウィンナー頭の「セバッス(執事)」、辛口な言葉ばかりが目立つ「チョリッソ(弟)」などのキャラクターも登場。こちらも活躍に期待しよう!

容量は、定番の小袋(230g)の他に、大容量の1000gと700gがある。食べる頻度や人数に合わせて、お好みの量を選んでみよう。「小袋だとすぐになくなってしまう!」という人には、たっぷり入った1000gがおすすめだ。

1000gと700gのはジッパー付きのパッケージ。一度に使い切らなくても大丈夫だが、日持ちを良くするものではないので開封後は冷凍保管しておこう。

 

よりパリッと! おいしい食べ方にはコツがある!

ところで『新パリッと朝食ウィンナー』にはおいしい食べ方があるのをご存じだろうか?  ひと手間かけたおいしい食べ方をご紹介しよう。

まず、ウィンナーを70℃~80℃くらいのお湯で約3分ほど茹でる。

次に、茹でたウィンナーをフライパンへ。ほんのり表面に焦げ目がつく程度に炒めていこう。

プリッとしたウィンナーのできあがり! 茹でるだけでももちろんプリっとはするのだが、焼くことでさらに皮がパリッとする。「茹でる→焼く」このひと手間の工程で、おいしさが変わるのでぜひためしてみて。

皮は薄く、子供でも食べやすいパリッと食感。ジューシーでありながら、あっさりとした後味。クセのない食べやすさと軽さは、やはり朝食にぴったり! 冷めてもおいしいから、お弁当の一品や、小腹が空いたときの夜食、お酒のおつまみとしてもおすすめだ。

 

飾り切りウィンナーでお弁当を華やかに!

お弁当に入れるなら、飾り切りで可愛らしくアレンジを。切り込みを入れて、フライパンで焼いていくと…

パッとウィンナーのお花が咲いた。飾り切りのウィンナーがお弁当に入っていると、子供たちはワクワクしてしまうはず。飾り切りは、隙間埋めにもおすすめのテクニック。見た目にも華やかになるので様々な飾り切りに挑戦してみよう。

 

ウィンナーの萌え断ホットサンドで昼食を!

左から新パリッと朝食ウィンナー・アボカド・チーズ・食パン

このシンプルなおいしさは調理の素材として、様々なメニューにも使いやすい。朝食のイメージは強いが、もちろん昼食や夕食などあらゆるシーンに! ウィンナーをたっぷり挟んだ萌え断ホットサンドを昼食に頂いてみよう。

用意したのはウィンナーの他に、チーズとアボカド。ウィンナーはあらかじめボイルしたものを挟んでいく。

バターを塗ったパンで挟み、焼き色がついたらできあがり。

中からチーズがとろり。この見た目とボリューム感がたまらない!

大きなお口でガブっとおいしさを噛みしめて。ウィンナーの弾ける食感とチーズの塩っけ、濃厚なアボカド。ソースなどで味付けをしなくても、それぞれの素材のおいしさだけで十分満たされる!

 

冷蔵庫にストックしておきたいおいしさ!

そのままウィンナーとして食べるも良し、素材としてアレンジして使うも良し。大人は、粒マスタードを添えてビールやワインのお供にも。クセのないシンプルな味わいだから、和食、洋食問わずどんな味付けにアレンジしてもおいしく頂ける。

子どもから大人まで、老若男女問わずに食べやすい味は健在。リニューアルと聞いて、久しぶりに食べてみたくなった人も多いはず! さらにおいしくなったパリッと食感と、ジューシーな旨みをぜひ味わってみて。2021年9月より全国のスーパーマーケットで発売開始。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子/Official images

トラックバック