スウェーデンの「サフト」をヒントにした『キリン 世界のKitchenから ベリーデビタミン』

普段味わえないスウェーデンの家庭の味

 

世界の家庭で実践されている独自の知恵や工夫、インスピレーションなどを取り入れた「世界のKitchenから」ブランドより『キリン 世界のKitchenから ベリーデビタミン』。スウェーデンの濃厚シロップ「サフト」って、一体どんな味わい?

 

日本にいながら味わえるスウェーデンの「サフト」。3種ベリーとビタミンCで夏の元気をチャージ!

キリンビバレッジの「世界のKitchenから」シリーズは、世界の台所を訪れ知恵や工夫を学び、そこでのインスピレーションを自分たちのキッチンに持ち帰り、日本人がまだ知らない新しいおいしさをつくるのがコンセプト。過去にはタイ・チェンマイの家庭料理からインスピレーションを受けた「ソルティライチ」など、様々な国の知恵や工夫をヒントとしたドリンクがたくさん生まれている。

今回セブン‐イレブン限定で登場した『キリン 世界のKitchenから ベリーデビタミン』(500mlPET・希望小売価格 税込155円・発売中)は、冬が長いスウェーデンの台所の知恵からインスピレーションをうけて開発された。

四季がはっきりしているスウェーデン。北極圏にまたがっていることもあって、寒さが厳しい冬が長く、夏は短いというのが特徴だが、そんな短い夏に太陽をいっぱい浴びて育ったベリーを使ってスウェーデンの家庭で作られているのが、「サフト」という濃縮シロップ。

長い冬の間は新鮮な果物や野菜が食べられないスウェーデンの人々にとって、1年を通して食べられるサフトは、家族みんなの貴重なビタミン補給源で、短い夏の間はどこの家庭もサフト作りに勤しむのだという。

そんなスウェーデン人の元気の源で、短い夏に採れるベリーを一年中楽しむ保存の知恵が詰まったサフトを、オリジナルで開発。ストロベリー、クランベリー、ラズベリーの3種のベリーをまるごと搾って煮込んで作った特製のサフトシロップを使用し、そのシロップをりんご果汁・オレンジ果汁・純水で割り、生で味わうと酸っぱさもあるベリーをまるごと搾って煮ることで、甘酸っぱさがありながらもすっきりとしたおいしさが楽しめるようになっている。

1本あたり200kcal

3種のベリーをイメージしたかわいらしいピンク色のパッケージには、サフトを手作りしているようなイラストも描かれている。コップに注いでみると、ずっと眺めていたいような鮮やかなピンク色をしており、香りもとても爽やか。

果汁10%

飲んでみると、香り同様とてもフルーティー。最初は少し甘めかなと思ったが、ゴクリと喉を通った後にベリー特有の甘酸っぱさも感じることができて飲みやすい。ストロベリー、クランベリー、ラズベリーがいい具合に絡み合って、単なるベリーのジュースというわけではなく手間のかかった奥深い味わいを感じることができる。ベリーの甘酸っぱさの奥にあるりんごやオレンジの果実の旨みもじんわり染みてくる。この元気が湧いてくるようなおいしさでビタミンCが摂れるのもうれしい。

飲むごとにすっきりとした気持ちになってくると同時に、スウェーデンの人はベリーたっぷりのサフトを一年中楽しめるなんて羨ましいなという気持ちも湧いてきた。しかし日本に居ながらサフトにインスピレーションを受けたこの味わいが楽しめるのは、なんだか得した気分でもある。

本当にさわやかなベリーのテイストなので、一日のスタートや、仕事や家事が一段落したときのリラックスタイムなどにぜひためしてみてほしい。

全国のセブン‐イレブン限定で発売中。

 

あわせて読みたい:3分で本格水出しアイスティー! 『コールドブリュー ティーバッグ クールストロベリー』で瞬間おうちカフェ

あわせて読みたい:【熱中症対策特集】おいしくて飲みやすく、塩分をしっかり摂れる『美味しいフルーツ味の熱中症対策ウォーター』大集合!

あわせて読みたい:カオスなスープ…。『世界のKitchenから とろけるカオスープ』は一体なんの味!?

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

高橋 明日香

お菓子とネコ大好きライター。編集プロダクションにて、紙・webともに 編集者兼ライターを経験。北海道出身。

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック