秋冬限定フルーティー『トロピカーナ 100% 皮ごと搾り濃厚ぶどう』と『同カシス&ぶどう』を味わった

この時期だけのご褒美

 

世界的果汁ブランド「トロピカーナ」から、この時期に旬を迎えるぶどうのおいしさを惜しみなく詰め込んだ『トロピカーナ 100% 皮ごと搾り濃厚ぶどう/カシス&ぶどう』が登場! そのおいしさを確かめるべく、実際に飲んでみた。

 

旬の味わいと栄養補給の両立! 「ヘルシーフルーツ」シリーズ第2弾

アメリカ生まれの人気ジュースブランド「トロピカーナ」。1965年フランスで販売を開始して以来、「誰もが極上の果物の栄養分を摂取できるようになること」を目指してつくられた。1991年には日本に上陸し、現在にいたるまで世界60カ国の人々に親しまれている。

季節のおいしさを楽しみながら、栄養補給もできる「ヘルシーフルーツ」シリーズ、「日向夏&ピーチ」に続く第2弾としてキリンビバレッジ『トロピカーナ カシス&ぶどう』(250ml・希望小売価格 税込108円・2021年9月14日発売)「トロピカーナ100%」シリーズから『トロピカーナ 100% 皮ごと搾り濃厚ぶどう』(330mlPET・希望小売価格 税込約151円・2021年9月21日発売)が秋冬限定で登場した。

 

『トロピカーナ カシス&ぶどう』

まずは「トロピカーナ カシス&ぶどう」。健康への関心が高まる中、とくに「おいしく・手軽に」摂取できる商品として開発された。

紙パックのパッケージは、どこから眺めてもぶどうがたっぷりプリントされている。「秋冬限定」「100%」「栄養素入り」など、特徴がひと目で伝わるデザインに仕上がっている。

使用されているぶどうは、フルーティーな香りが特徴的なコンコード種。そのまま食べるのはもちろん、ジュースやジャムなどの用途にも非常に優れた品種である。

原材料は、そんなコンコード種を45%使用したぶどう果汁を筆頭に、りんごや、女子人気の高い甘酸っぱいベリー系・カシス(クロスグリ/ブラックカラント)をブレンド。そこにビタミンCも入っている。

よくふってからひと口飲んでみると、ぶどうが本来持っている自然な甘みが口いっぱいに広がる。ほのかに感じるカシスの甘酸っぱさが、ぶどうの味わいと口の中で絡み合い、かなり本格的な味わいだ。後味に少しだけ渋みを感じて、それもぶどう味の良いテイストの一つを担っている。

ぶどうといえば強い抗酸化力を持つポリフェノールが豊富に含まれているので、この味わいで健康効果も期待できるなら家事や仕事の合間に飲むのに持ってこいだと思った。

 

『トロピカーナ 100% 皮ごと搾り濃厚ぶどう』

お次は、果実のおいしさがギュッとつまった100%ジュース「トロピカーナ 100%」シリーズの新フレーバー「トロピカーナ 皮ごと搾り濃厚ぶどう」。皮ごと搾ったぶどう果汁を使用することで、秋にぴったりな濃厚なぶどうの味わいを実現しているという。

パッケージにはぶどうにそのままストローをさしたイラストが描かれている。それほど生のぶどうのような味わいがギュッとつまっているということだろうか。ゴールドも使われており、飲む前から贅沢感が伝わってくる。

330mlPETペットボトルの上部には窪みがあり、手が小さめな記者でも掴みやすい。よくふってからコップに入れてみると、これこれ! と言わんばかりの、100%ジュースならではの濃い色合い。フルーティーな香りも漂ってきた。

ひと口飲んでみると、皮ごと搾ったぶどうを使用していることもあってか本当にぶどうを丸ごと味わえている感覚が強い。果実由来のポリフェノール入りで、おいしく栄養補給できるのがうれしい。コクのあるぶどうは、甘すぎないので時間や場所を選ばす飲みたくなるテイストだった。

秋冬しか販売されていないのがもったいないくらい、どちらも果実の旨みがギュッとつまっていて、ゴクゴクと喉を鳴らして飲みたくなるようなおいしさだった。この時期ならではの旬の味わいを、ぜひあなたも体感してほしい。

秋冬限定で、全国のスーパやコンビニなどで発売中となっている。

 

あわせて読みたい:ブーム直前! クラフトジュース『GREENS 種までかみしめるキウイとほうれん草Blend / 皮ごとまるかじり赤ぶどうとビートBlend』の贅沢な味

あわせて読みたい:【駅ナカ食感系ドリンク】ナタデココのコリっとぶどう感の合わせ技 『ぶどう&ナタデココ』!【コリくにょ】

あわせて読みたい:すっぱくない!まろやかグレープの『Gokuri 秋ぶどう』リピーターが続出しそうな、その理由とは?

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

高橋 明日香

お菓子とネコ大好きライター。編集プロダクションにて、紙・webともに 編集者兼ライターを経験。北海道出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック