国産スーパーフード桑の葉『デリッシュ オーガニクス マルベリーリーフ』を日々の食生活に!

オーガニックなグリーンジュースでカラダすっきり!

 

最近記者はおうち時間が増えて日々の健康と美容に対してより意識をするようになった。『デリッシュ オーガニクス マルベリーリーフ』は、有機JAS認定の畑で育てられた鹿児島県産の桑の葉を使用しているらしい…。スーパーフードである桑の葉を使用した世界でも人気の商品をおためししてみた!

 

モンドセレクション健康食品部門優秀品質金賞

株式会社アトラス(大阪市北区)は、オリジナルブランドの健康食品や化粧品など様々な商品を手がけている。

2021年モンドセレクション健康食品部門優秀品質金賞を受賞した『デリッシュ オーガニクス マルベリーリーフ』。マルベリーリーフとは「桑の葉」のことで日本では古くから健康にいい食品として知られている。まさに国産のスーパーフードとも言えるべき食材だ!

 

国産スーパーフードの魅力を世界へ

有機JAS認定の畑で育てられた九州産の桑の葉を使用しており、顆粒で飲みやすいグリーンジュース(青汁)に仕上げている。「桑の葉」には血糖値の上昇を抑制する働きがあり、ミネラルや食物繊維も豊富。ごはんやパン、麺類などの炭水化物が好きな人や、外食が多い人、食生活のバランスを整えたい人におすすめだ!

なんと保存料、着色料、人口香料、遺伝子組み換え原料は一切使用していないそうだ! その高品質さは、世界で認められており、台湾、シンガポールやフィリピン、マレーシアを始めとした35か国、特に台湾では、オーガニックチェーン店64店舗で取り扱われる人気商品…! また、アジア圏だけでなく、アメリカではAmazonでも販売されているのだそう。

 

さらには独自の技術で生姜を発酵熟成させ、ショウガオールの含有量を高めた発酵黒生姜も配合しているため、健康を意識している記者にとっては嬉しいポイントだ!

 

美味しいから続けられる

定期購入で10%OFF

『デリッシュ オーガニクス マルベリーリーフ』( 60包・希望小売価格 税込6,264円)

1回分ずつ個包装になっているので、いつでもどこでも飲みやすい。

個包装の中は微細な顆粒タイプ! 粉末タイプではなく、溶けやすく沈澱しやすい顆粒タイプなのは、粉砕して熱処理など行わずに顆粒にすることで、栄養価を残すことができるからだそう。

基本的な飲み方は1回1包を約100~150mlのお水またはお湯を入れて混ぜて飲む。気になるその味を早速おためし!

深緑色のグリーンジュース

まずは一口…これは爽やかで飲みやすい! 苦みなどは一切なく、すっきりとした味わいなので普段の食事にも合いそうだ。また水やお湯に混ぜるだけでなく、グリーンスムージー作りに1包加えてみるのも、健康と美容がさらに期待できるのではないだろうか。

こちらはおためしサイズ。『デリッシュ オーガニクス マルベリーリーフ』(10包・希望小売価格 税込1,058円)。ネット注文に限り送料無料。

 

簡単アレンジ! マルベリーリーフドレッシング!

レシピは記者オリジナル

せっかくなので飲むだけではなく、ヨーグルトに混ぜたりドレッシング作りにも活用してみることに。ヨーグルト(大さじ2)、フレンチドレッシング(大さじ1)に、『デリッシュ オーガニクス マルベリーリーフ』1包を加えてドレッシングを作ってみた!

完成したドレッシングをサラダにかけてみる

 

記者は毎日サラダにお好みのドレッシングをかけて食べているのだが、これはマイルドで酸味がありクセになる…! またマヨネーズなどに加えて、グリーンディップにしてもその味に間違いはないだろう。ドリンクとして飲むだけでなく家にある調味料など、日々の食生活にアレンジをして「桑の葉」を取り入れたい。

 

毎日の健康と美容におすすめ!

国産スーパーフード「桑の葉」のグリーンジュース

「青汁系が苦手…」という人にも、『デリッシュ オーガニクス マルベリーリーフ』なら苦みや葉の風味がなく、食事の邪魔をしないすっきりとした味わいで飲みやすいはず! 食生活のバランスや糖質が気になる人も毎日の食事にプラスしてみてはいかがだろうか。また、オフィシャルInstagramでは『デリッシュ オーガニクス マルベリーリーフ』が世界中で愛されている様子や、アレンジレシピなども公開しているのでチェックしてみて! 購入は公式オンラインショップ楽天市場Amazonから。

世界で販売されているデリッシュ オーガニクスはオーガニック販売店も募集。お問い合わせはinfo@delishorganics.jpまで。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック