家でゲームするときのお供に! 『eスポーツ対策 BREAK OUT』を飲みながらeスポーツをやってみた!

 

近年多くの注目を集めている「eスポーツ」。新型コロナウイルス感染症の影響もあり、自宅でゲームプレイをする人口が増えてきたことで、より注目度を増している。かく言う記者も、自宅でゲームをする時間が以前よりも増えた。そんなeスポーツに興じる際に飲みたいのが、赤穂化成株式会社『eスポーツ対策 BREAK OUT(ブレイクアウト)』だ。実際に飲みながらゲームをプレイしてみた!

 

国内初のeスポーツプレイヤー向けペットボトル飲料!?

デジタルゲームの競技性をスポーツとして発展させた「eスポーツ」は、爆発的に市場が拡大しており、2024年開催予定のパリオリンピック・パラリンピックでは、新種目として採用が検討されている。

プロのeスポーツプレイヤーチームも愛飲しているらしい!

そんなゲームプレイのお供として、ミネラルの総合メーカーとしてさまざまな製品を展開する赤穂化成株式会社(兵庫県赤穂市)の『eスポーツ対策 BREAK OUT(ブレイクアウト)』(500mlPET・希望小売価格 税抜150円・発売中)がおすすめだ。

 

無炭酸でエナドリ味を再現! ゴクゴク飲んでeスポーツにのめり込もう!

『eスポーツ対策 BREAK OUT(ブレイクアウト)』は、ゲームプレイに欠かせない「やる気」「リフレッシュ」「回復」を求めるプレイヤーに適したウェルネス飲料。

自戒を込めて書くが、ゲームに熱中しすぎると睡眠時間を削ったり、エナジードリンクを積み上げるように飲んで、のめり込んでしまうことも多い…。

 

カフェインが含まれ、炭酸による刺激が強いエナジードリンク類とは異なり『eスポーツ対策 BREAK OUT(ブレイクアウト)』は、無炭酸・カフェインゼロ・低カロリーなのがポイント! 健康的にプレイコンディションを整えたいプレイヤーの頼もしい味方だ。

コンディショニングアシスト成分として、やる気アップに繋がる必須アミノ酸「ヒスチジン(150mg)」や頭脳を酷使するeスポーツプレイヤーに必要な「ぶどう糖(5g)」が配合されている。

さらにリフレッシュ効果のある「GABA(7mg)」、回復を補ってくれる「アスタキサンチン(50㎍)」と「クエン酸(2,700mg)」でゲームプレイのサポートをしてくれる。

コップに注いでみると、クリアなスポーツ飲料といった趣き。

プレイ前にひと口だけいただいてみると、味はエナジードリンク風味で、炭酸がなくともしっかりと身体に染み込むような味わいだ!

eスポーツ対策ということなので、タイトルのひとつである某国民的野球ゲームをプレイしながら『eスポーツ対策 BREAK OUT(ブレイクアウト)』を飲んでみた。

 

実際に飲んでプレイしたら大勝利!?

記者が使用するのは日本一にもなった強豪チーム。エースを登板させるので、勝つことはもちろん内容にもこだわりたいところだ。試合開始前にひと口飲み、集中力を高めていく。

 

初回にヒットを打たれたところで、さらにひと口追加して全集中! 見事後続を抑えると、主砲のホームランで先制する…!

その後も要所要所で飲みながらプレイしていき、試合は終盤戦へ。

失投を見逃さず、ホームランで追加点をあげて点差は大差。主砲は5打席連続ホームランという日本記録を叩き出し、エースは13奪三振の完投勝利をおさめた!

(出来過ぎだろ…と思われるかもしれないが、この数時間前に何も飲まずにプレイした際は、ギリギリで勝利が危ぶまれる試合だった。)

 

ソロホームランを許したのが悔やまれるが、そこから崩れずに一方的な試合展開に持っていけたのは『eスポーツ対策 BREAK OUT(ブレイクアウト)』のおかげかもしれない…!

eスポーツとしてスコアを追求するときはもちろん、家で楽しくゲームをプレイするシーンでも『eスポーツ対策 BREAK OUT(ブレイクアウト)』をお供にしてみてはいかがだろうか。

ゲーム中は意外と喉が渇くもの。熱中しすぎて水分補給を忘れがちにもなるので、こまめに喉と体を潤してみては?

 

購入は、オンラインショップなどで。

オンラインショップはこちら 

公式サイトはこちら

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック