懐かしの味がコロンとフーセンガムに!? 『ま~るいブルーベリーガム』と『歯につきにくいブルーベリーガム』を食べ比べ!

懐かしのガムが、見た目もブルーベリーに…!

 

懐かしさあふれるロッテの板ガム「ブルーベリーガム」が、コロンと丸まり『ま~るいブルーベリーガム』になって新発売。確かにブルーベリーは丸いけど…? さらにもともとの板ガム版は、歯につきにくい『歯につきにくいブルーベリーガム』になっていた!

 

懐かしの板ガムが『歯につきにくいブルーベリーガム』になっていたとは!

 

ロッテ「ブルーベリーガム」は1982年発売の甘酸っぱい味わいで親しまれているロングセラー商品。昭和のガムと言えば板ガムが主流だった。特に、ロッテのフルーツガムシリーズは「梅ガム」と一緒に親しんでいるのではないだろうか。

その懐かしい「ブルーベリーガム」が、『歯につきにくいブルーベリーガム』(9枚入・想定小売価格 税抜100円前後・2020年4月7日発売)になってリニューアルしていた。ロッテオリジナルの“歯につきにくいガムベース”を使用して、シニア層をはじめ、口内環境に不安のある人でも楽しめるようになったそう。

テキスタイルのようなデザインになった

もうパッケージの上から香りがしている。そうそう、この甘い香り!噛んだ瞬間の甘酸っぱいジューシーな風味が口いっぱいに広がる。もっと甘くもったりした噛み心地だった気もするが、子供の頃の記憶と、歯にネトッとしなくなったからかもしれない。香りが良く、すぐに甘味が落ち着くのは変わらない。

 

新発売の『ま~るいブルーベリーガム』はむっちり食感で噛みごこち良し!

さらに懐かしの「ブルーベリーガム」が、コロンと丸い形になったのが『ま~るいブルーベリーガム』(21g・想定小売価格 税抜140円前後・2020年8月25日発売中)。ネーミングだけで可愛らしいが、ブルーベリーガムが丸まったら、もうブルーベリーじゃん! とツッコんだのは記者だけではないはずだ。

手に取ると、本当にま~るい! 思ったよりも薄い藤色で飴玉のよう。香りは板ガムより控えめだ。柔らかく香るブルーベリーは、深みを感じる大人の香り。

表面はザラザラした”味わいパウダー”をまとっている。舐めてみると、やや酸味寄りの甘酸っぱいパウダーだ。

半分かじると、むっちりした柔らかい噛みごこち。口いっぱいに広がる甘酸っぱい味わい。味の持続は板ガムよりも良い。そして噛みごこちがまったく違う!

『歯につきにくいブルーベリーガム』はさらっと固めなのに対し、『ま~るいブルーベリーガム』はムチムチしている。ついクセになる噛み心地で、いつまでも噛み続けてしまう。成分を見ると、もち粉入り。むっちりの秘密はこれか?

そして忘れてはならないのは、フーセンガムであるということ。子供の頃は、フーセンガムはガム界のアイドルだった。しかし、いくつになってもフーセンガムは楽しいものだ。存分に楽しんだら、同梱の紙に包んで処分していただきたい。

歯のためには『歯につきにくいブルーベリーガム』が良さそうだが、記者は『ま~るいブルーベリーガム』のむっちり感も好み。あの頃の味を、新しい食感の2種で懐かしんでみては?

入手は全国のコンビニ・スーパー・オンラインショップなどから。

 

あわせて読みたい: 【虫歯予防】 『 キシリトールガム<ブラッドオレンジ>』なら弾けるオレンジの香りで味変しながら楽しくできる!

あわせて読みたい: もちもち食感のボールガム!?『Fit’s ボール<グレープ>』の新スタイルはまぁるぃ形

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック