【洋酒チョコ】「ラミー」「バッカス」で知られる大人チョコシリーズから『コーヒーリキュール』【ボンボン】

甘くて苦い、大人の女性のような魅惑のボンボンチョコレート

冬季限定の人気チョコシリーズ、ラムレーズン&ラム酒の「ラミー」とコニャック&ブランデーの「バッカス」はすでに定番。今季はさらに、香り高いコーヒーリキュールを包んだ『コーヒーリキュール』も仲間入り!

 

発売50年のロングセラー「ラミー」「バッカス」に続くのは大人な「コーヒーリキュール」

ロッテの洋酒チョコレートシリーズは、販売50年を迎える人気のロングセラー商品だ。「ラミー」「バッカス」で知られる本格的な洋酒の風味とチョコレートがマッチするこのシリーズはファンも多い。

 

かくいう記者も、いつも心待ちにしているファンのひとり。

今回紹介する『コーヒーリキュール』(1箱10粒入・想定小売価格 税抜200円前後・2021年11月17日発売※冬季限定)は、香り高いコーヒーリキュールにミルクリキュールを合わせ、口どけまろやかなミルクチョコレートでとじ込めている。「バッカス」タイプと同じ、中からとろりと洋酒が溢れでる、かじる瞬間に高揚感がある例のやつ。

さらにカフェ・ロワイヤルを参考にブランデーを配合しているのだとか。大人な洋酒感を演出した本格洋酒チョコレートに、酒好きの心も踊る。

茶色いパッケージには、リキュール滴るチョコレートがデザインされていて、見ているだけでゴクリと喉を鳴らすほど美味しそうだ。

 

大人を気取る夜のひとときに「コーヒーリキュール」。お供はブランデーかブラックコーヒーか

甘い香りと見慣れたロゴがほっとする

開封すると、つるりとしたきれいな茶色のチョコレートが整列している。早速いただきます。

 

まずは冷やして半分かじってみよう。パリッとした心地良い食感に、中のコーヒーリキュールがじゅわっととろけた。徐々に広がる苦味が効いたコーヒーの風味、ミルクチョコレートが口の中で混ざり合う。

 

ブレンドされている洋酒は、ミルクリキュール・ブランデー・コーヒーリキュール。これがチョコレートに合わないわけがない。もっと甘く洋酒がきついのを想像していたが、洋酒の風味は優しく、コーヒーの苦味もきちんとあって、ほろ苦というよりはあま苦い?

 

艶やかで魅惑的

次の一粒は、常温の状態で口に入れる。チョコレートと洋酒がじんわりと混ざり合い、今度はブランデーの風味も少し感じられる。常温はチョコレートの甘さが際立ち、口に入れた瞬間からまろやかだ。

 

洋酒チョコレートシリーズは、さすが安定の美味しさだ。しかし他のシリーズより洋酒感が軽く優しい。お供のドリンクには、あえてブランデーと一緒に風味を堪能するか、熱々のブラックコーヒーでとろけさせるか…悩むところだ。

だがアルコール分は2.6%。運転などは禁物だ。夜のほっとするひとときや、お休みの日に楽しんでみて欲しい。

 

販売期間は冬季期間のみ。全国のスーパー・コンビニ・ドラッグストア・オンラインショップなどから入手可能だ。

 

あわせて読みたい: 【2020年冬版】50年愛され続ける洋酒チョコ『ラミー』『バッカス』が装い新たに今年も登場!

あわせて読みたい: 大人も喜ぶ洋酒チョコレート、「Rummy(ラミー)」「Bacchus(バッカス)」に続く第三の刺客は『Strawberry Liqueur(ストロベリーリキュール)』!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック