【エキナカ】旬の果実で『すっきり河内晩柑/福島あかつき もも』はほっぺたが潤うおいしさに!【acure】

通勤・通学時の渇きに駅ナカの至福!

 

JR東日本のエキナカを中心に展開している「acure made<アキュアメイド>」ブランドより、旬のフルーツ果汁を使用したジュースが今年も新発売! 登場したのは、和製グレープフルーツを使用した『すっきり河内晩柑(かわちばんかん)』と最高級クラスの桃を使用した『福島あかつき もも』だ。今年の出来栄えを早速チェックしよう。

 

時代の最先端を行くエキナカブランド「acure」だからこそ作れる果汁たっぷりの新商品

株式会社JR東日本ウォータービジネスの「acure<アキュア>」は、エキナカを中心に約8,000台の自販機を展開している次世代自販機ブランド。自販機初のサブスクやタイムセール販売、プレゼント機能などのオリジナリティあふれる自販機を展開している。

そんな次世代自販機と連携し、ユーザーの生の声や大量のデータを分析して商品開発を行っているのが同社オリジナル飲料ブランド 「acure made<アキュアメイド>」だ。素材・味わい・形状・デザインなど、あらゆる観点から他にはない価値を追求している。

 

そうして発売されたのが、今が旬の愛媛県産河内晩柑果汁を使用した新味『すっきり河内晩柑(かわちばんかん)』と、福島「あかつき」を使用した毎年恒例の大人気商品『福島あかつき もも』である。

 

初登場『すっきり河内晩柑』

『すっきり河内晩柑』(280mlPET・希望小売価格 税抜140円・2020年5月19日発売)は、5月頃に旬を迎える愛媛県産の河内晩柑果汁を30%使用した柑橘系ジュース。和製グレープフルーツとも呼ばれる河内晩柑の苦みの少ないさっぱりとした甘味を生かした新商品だ。

河内晩柑は近年の農家の高齢化・農地の荒廃によって生産量が減少(※)しており、輸入の比率が高くなっているフルーツ。しかも国産の約9割が生果用として使われてているため、加工用には少量しか流通されない。だが、素材からこだわる『すっきり河内晩柑』は、国産の約1割から果汁を抽出する徹底ぶり。国産100%の贅沢な1本へを作り上げているのだ。

※出典:農林水産省「果樹農業振興基本方針」「果樹をめぐる情勢」

パッケージは「acure made」定番の果実を前面に押し出したデザイン。

1本あたりのエネルギーは約134.4kcal、糖質は約33g

グレープフルーツらしい薄めの黄色で香りも柑橘系らしい刺激がある。前評判通り、酸味が控えめで優しい印象だ。しかし、記者は一口飲んでかなり困惑した。

口に含んだ瞬間はほんのりと甘く酸味が1つもないみずみずしい味わいだったのだが、舌の上を転がすと突然酸味が出現して甘酸っぱい味わいへと変化する。さらに、飲み込むと同時に先ほどは感じなかった柑橘系らしい渋みが口の中をリセットするのだ。そう、味わいが3度も変化するのである。

しかも、後味は非常に爽やかで冷感効果を感じるほどの清々しさ。これは夏にぴったりの1本と自信を持って言える味わいだ。

 

商品ページはこちら

 

売り切れ続出『福島あかつき もも』

次は、春夏恒例の定番商品『福島あかつき もも』(280mlPET・希望小売価格 税抜180円・2020年5月19日発売)。世界最高クラスの桃とも言われる福島県を代表する品種「あかつき」を使用したストレート果汁100%ジュースだ。

実は去年発売された際も記者は試飲をしたのだが、その圧倒的な果実感に圧倒された。SNSでも「まるで果実そのものを飲んでいるような味わい」と大変好評で、今年はそのすさまじい人気により自販機やJR東日本ウォータービジネス通信販売では売り切れになるほど。

皇族に献上されたこともある「あかつき」の果汁100%のジュース

ストレート果汁100%なので加水や加糖は一切なしにもかかわらず、桃をそのまま食べているかのような味わいなのだ。糖度が高く酸味が少ない「あかつき」の良さを余すことなく楽しめるというわけ。

1本あたりのエネルギーは約134.4kcal、糖質は約32.4g

もちろん今年もその品質はそのまま。ひとたびキャップを開ければ、目の前に桃が並んでいるかのようなみずみずしい香りが広がる。心落ち着くリラックスできる香りだ。

原材料は非常にシンプル

ほんの少しとろみのある口当たりと優しい甘さはストレート果汁ならでは。自然な甘さなのですんなりと舌に馴染んでいくからあっという間に口の中に入っていく。

香料不使用だからこその本物の風味が、桃をかじったときの食感や酸味を連想させてくれる。そんなまさかと思うだろうが、実際にそう感じたのだから信じてほしい。すぐには飲み込まず、口の中で一旦留めておくのがより美味しく飲むためのコツだ。

なお、あまりにも『福島あかつき もも』は、イノベーション自販機・ナチュラキュア・アートミュージアムアキュア・スクールアキュアの各自販機で販売中。また、福島駅・郡山駅・新白河駅では上記以外の自販機でも『福島あかつき もも』を販売しているようなので、見つけたら是非この味を確かめてほしい。

 

商品ページはこちら

 

今年も満足の出来栄え!見つけたら必ずゲットだ

今回紹介した2本は280mlで140~170円と少しお高めだが、一口飲めば安すぎると分かる美味しさであることを保証しよう。フルーツ好きはもちろん、気分をリフレッシュしたい人や差し入れなどにも利用してみてほしい。

JR東日本のエキナカにある「acure」の自販機(※)とJR 東日本ウォータービジネス通信販売で発売中。売り切れ必至なので見かけたら即ゲットだ!

※『福島あかつき もも』はイノベーション自販機、ナチュラキュア、スクールアキュア、アートミュージアムアキュアなどで展開

 

あわせて読みたい:毎年話題の桃ドリンク最高峰! 女性に大人気の『福島あかつき もも』なら桃好きももう大満足!

あわせて読みたい:りんごの王様「王林」のストレート果汁だけで作られた贅沢ジュース『青森りんご 王林』は駅ナカで手に入る至福の味

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック