希少ホップを新採用したノンアル新『キリン グリーンズフリー』を旧製品と飲み比べ【ビールテイスト】

ホップの香りと苦味が豊かになって新登場

 

ビールは飲みたいが、控えなくてはならない時、あるとうれしいのがノンアルコール・ビールテイスト飲料。糖質・カロリーも低いものも多くなり、今やなくてはならない食卓のアイテムだ。自然生まれの香料・ 甘味料無添加で人気の『キリン グリーンズフリー』が、さらに素材のうまさにこだわって、中身・パッケージ共にリニューアル。気になる味を要チェックだ!

 

希少ホップを採用、雑味のない後味へ進化したノンアル・ビールテイスト!

キリンビール『キリン グリーンズフリー』(350ml缶・実勢価格 税込148円・2021年2月24日リニューアル発売)は、香料・人工甘味料を使わない、自然生まれのノンアルコール・ビールテイスト飲料。素材そのものの良さが引き立つ、澄んだおいしさが人気を呼んでいる。

 

今回のリニューアルでは、原材料を見直しビールと同じ“良質麦”と“爽快ホップ”を使用している。新たに採用したポップは、みずみずしい香りが特長の希少ホップ”ネルソンソーヴィン”。従来から採用している素材の良さを引き出す製法で、爽快な味わいと、雑味なくすっきりとした後味を実現しているのだとか。

 

パッケージは、銀色と緑のパキッとした旧デザインから、全体的にグラデーションがかかった緑に。素材の良さが感じられる爽やかな色合いだ。さっそく飲んでみよう!

 

すっきり飲めて香りと苦味が後を引く。ビールテイストでリフレッシュする時代へ?

旧『キリン グリーンズフリー』

まずは今までの『キリン グリーンズフリー』酸味と苦味が混ざったホップの香りがする。香料を使用していないので、香りは控えめだ。口に含むと、酸味が爽やかで苦味が少ない。麦の味わいも感じられる。すっきりとした酸味と軽い口当たりで、飲みやすい。

 

原材料・栄養成分は新・旧で変化なし

新『キリン グリーンズフリー』

次に、新しくなった『キリン グリーンズフリー』。注いだグラスから、苦味を感じるホップの香り。泡立ちも悪くない。

きれいな黄金色

口に含むと、香りが口中いっぱいに広がり鼻を抜けた。すっきりとした酸味の後に、こちらは苦味が残る。味わいがしっかりとして苦味が増している。酸味系のビールテイストを好む人には、少し苦く感じるかもしれない。しかし雑味は少ないので、口当たりは柔らかく飲みやすい。

 

また、口に含んだ炭酸は旧のほうがやや強く感じたが、気泡の持続力にはそれほど変わりはない。香りが強くなったので、嗜好品としての要素が増したように感じる。記者的には、ビールの代用品というよりは、ちょっと一息つく時や気分転換で、昼間からごくごくっと香りと苦味を楽しみたい。

 

お家時間が長くなり、健康志向からもノンアルコール・ビールテイスト飲料の市場は活気付いている。翌日のことを考えずに気分を楽しめるので今やお酒の代用としてではなく、嗜好品として確立されつつあるように思う。

 

が付けば記者も、ノンアルは常備するようになった。その中で香料・甘味料無添加、350mlで31.5kcalと低カロリーの『キリン グリーンズフリー』は、健康意識的にも手に取りやすそうだ。

 

購入はコンビニ・スーパー・ドラッグストアなどから可能。

 

あわせて読みたい: 【ノンアル】ビールテイスト『キリン グリーンズフリー』はソーバーキュリアス時代の飲み方改革を目指す!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック