『ポムムース 泡だて上手』きめ細かな濃密泡でラグジュアリーな洗顔を!

Hashy(東京都墨田区)による『ポムムース 泡だて上手』は洗顔料と水を入れて、誰でも素早くもっちりとしたキメ細かい泡が作れる可愛い雑貨アイテム。いつものお気に位入りの洗顔料を極上の泡にして、洗顔してみよう!

 ちょっとした細部にまでかわいさが満ちあふれている!

50-3

『ポムムース 泡立て上手』は見た目もかわいい緑色をしたりんご型。容器に洗顔フォームと水を入れて、つまみを上下させることで簡単に泡立てることが出来る。

50-4

泡立てる部分の穴はハート柄になっていて、ちょっとしたところの可愛さもぬかりない。

50-13

容器にはやや分かりずらいが目盛りがついている。

50-5

使用方法には「目盛りまで水を入れ」と書いてあるので、その通りに やってみたところ、トロトロの流れていく泡になってしまった。

50-9

泡立てのコツ→お水は少量でOK!

50-6

どうやら水は少量で良さそうだ。公式サイトの方の説明には「少量の水を入れる」と記載されている。

50-7

使用する洗顔フォームは約1cmくらい。泡立て部分に直接つけると作業がしやすい。液状の洗顔料の場合はディスペンサーを1~2回プッシュした量を入れよう。

50-8

平らな場所に置き、フタをしっかりと押さえて安定させる。つまみを上下に動かす。この時のポイントは、小刻みに動かすこと。つまみを全部引き上げて大きく動かすと、隙間から泡も出やすくなってしまう。約18秒シャカシャカと泡立てる。

50-11

出来上がったら、たっぷりの泡を取り出そう。濃密なもっちり泡で洗顔すると、いつもの洗顔フォームもさらに使い心地の良さがUPする。ボディソープなど、カラダを洗う時の泡づくりにもオススメだ。

50-12

公式サイトを見ると、洗顔フォームにベビーパウダーやベビーオイルをちょい足しすることで、お肌に合わせたオリジナルの洗顔フォーム作りも出来ると紹介されている。

しっかり乾燥させて衛生的に使うことも忘れずに!

50-2

使った後は、やはりきちんと乾かして衛生的にしておきたい。つまみ部分やフタと泡立て部分の間にある仕切りがやや乾きにくいので注意。耐熱温度は75℃。価格は1,200円(税別)

50-1

ちなみに姉妹品に食用生クリームを泡立てる『ポムムース ホイップメイク』も有。構造は全く同じなのが面白い。

 

 

オススメ度:(面白い)
公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

トラックバック