小さくなってもラクラク“10枚”とじる!コクヨ『針なしステープラー ハリナックス(ハンディ10枚)』登場!

クヨの「ハリナックス」シリーズは、針を使わずに紙をとじることができるステープラー。エコで安全なこのコンセプトは、時代の要請にも合致して、好調に売り上げを伸ばしている。閉じられる紙の枚数も、4枚、8枚と増やし、そして9月11日に、10枚閉じられる新商品を発売した。この『針なしステープラー ハリナックス(ハンディ10枚)』をさっそく使ってみた。

1

「針なし」のメリットは、針を買い足したり、装着する手間がいらないこと、そして、使い終わって不要になった紙は、そのままシュレッダーにかけられることなどがある。針を使わないので、資源の節約になり、かつ安全なステープラーだ。今回の新商品は、8枚とじよりも、さらにハンディになり、しかも軽くとじることができ、とじ目がはずれにくいという、いいこと尽くめの仕上がりとなっている。

2

さっそく本当に10枚をとじられるのか試してみた。わかりやすくするために、一番上は白い紙。一番下はピンクの紙にして10枚。上部が透明になっていて、とじ位置が見えるのは使い勝手がいい。またこの透明の部分は、取り外しができて、そこから紙くずを簡単に取り出せるのも便利。

3

紙を挟み込んで、グリップを握ると、意外と軽く10枚のコピー用紙をとじてしまった。「ハリナックス」から紙を引き出すと、矢印型の穴が空いていて、そこでとじられているのがわかる。

4

穴をよく見ると、一番下のピンクの用紙が、下から巻き上がっていて、10枚全体を留めている。

5

裏から見ると、全体を巻いて留めた矢印型の先端が、再び一番下まで突き抜けている様子がよくわかる。確かに針でとじるほどの強度はないが、クリップのように軽くとじるには、十分の強度を確認できた。

6

この『針なしステープラー ハリナックス(ハンディ10枚)』は、ホワイト、ブラック、ブルー、ピンク、そしてグリーンの5色。価格は税込997円だ。コクヨの調査では、ステープラーユーザーの8割は、とじる枚数10枚以下で利用しているとのこと。それで、針の購入代金と資源節約、安全、かつそのままシュレッダーという利便性を考えれば、なかなか魅力的な商品だと思えるが、いかがだろうか。

 

記者

渡辺 穣

複数の雑誌のデスク・編集長等を経てフリーライター/エディター。主にビジネス/経済系の著書・記事多数。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年以上。趣味は、スキー、ゴルフ、ピアノ、焚き火、ドライブ。山と海と酒とモーツァルトを愛する。札幌生まれ。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 撮影に使用した商品を1名様にプレゼント。 Twitterでのご応募が可能です。 通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック