「殺戮の天使」アクセサリーコレクションが7月発売 お手頃価格でハイクオリティが魅力

株式会社ブシロードクリエイティブ(東京都中野区)は殺戮の天使 アクセサリーコレクション』を2017年7月より展開すると発表。「殺戮の天使」は電ファミニコゲームマガジンで配信中のサイコホラーアドベンチャーで、今回が初のアクセサリー商品化となる。ブシロードクリエイティブにとっても、低価格トレーディングアクセ展開の第一弾という位置づけだ。

 

そもそも「殺戮の天使」とは?

殺戮の天使(さつりくのてんし)」は、株式会社ドワンゴ運営の自作ゲーム配信サイト「電ファミニコゲームマガジン」でダウンロード可能なフリーゲームである。2017年4月現在、公開されている第四話まですべてを無料プレイできる。無料ゲームの域を超えたエンタメ性と文学的な世界観がプレイヤーの評価を集め、既に100万ダウンロードを突破。英語版、韓国語版、中国語版等のバリエーションも展開し、人気を拡大している。

作者の星屑KRNKRN(真田まこと)氏は、前作「霧雨が降る森」に続いて2本目の大ヒットを生み出した。いずれもコアなファンたちに支持される探索型ホラー・ゲームだ。「殺戮の天使」は記憶喪失の少女レイを操り、ビルの地下を探索して、脱出を目指すゲームである。

レイは自分を殺すことを殺人鬼ザックに依頼し、ザックは脱出すれば殺すと約束した。こうして二人は地上を目指す。そして、二人は医者のダニー、墓守のエディ、女看守のキャシー、神父のグレイに出会う。その出会いは何を意味するのか。レイとザックは無事に地上に脱出することはできるのか。

 

 

「殺戮の天使」の世界観を、手ごろなアクセに凝縮

今回発表されたアクセサリーコレクションは、そんな「殺戮の天使」に登場する強烈なキャラクターたちをイメージした全12種類のシリーズだ。1パック500円(税別)のお手頃価格。開封するまでどれが入っているか分からない(トレーディング)仕様である。

 

主人公レイのネックレスは彼女が出会った鳥を思わせるデザインのネックレス。殺人鬼のザックは得意武器のカマをモチーフにしたチャーム。医師ダニーの指輪は、彼がこだわる目玉をイメージしている。墓守エディはお墓のヘアピン、断罪人キャシーをイメージしたアクセサリーは、彼女が履いているブーツを象ったチャーム。そして神父グレイはノートのヘアピンで、各2色のバリエーションが存在する。

キャラグッズでありながら、普段使いできるデザインが嬉しい。ネックレスは約400mm、チャームは約25mm、リングは約9号から11号を調整可能。ヘアピンはそれぞれ約55mm。現段階ではマスコミ向けにサンプル写真のみが公開された状態だが、500円ジュエリーとは思えない、なかなかの作り込み。

ブシロードクリエイティブによれば「低価格ながらハイクオリティを追求している」とのことで、実際のできあがりが楽しみだ。

 

発売は2017年7月! 未プレイでも予習の時間はたっぷり!

『殺戮の天使 アクセサリーコレクション』の発売予定は2017年7月。まだゲームをプレイしていない人はぜひダウンロードして、「殺戮の天使」の世界に触れてみてほしい。アクセサリーを眺めるたびに、彼女たちの冒険を思い浮かべることができるかも。全国のグッズショップ等で販売予定。

© 2016 DWANGO,inc. All Rights Reserved.

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

トラックバック