『キッチンでもスイスイ活用 スマートフォンスタンドケース』濡れた手でスマホ操作OK!動画やレシピを見ながら楽しく料理!!

料理を作る時には、スマホでレシピを検索!というのが常識となった今、濡れた手でそのままスマホを操作できる超便利なアイテムを紹介! その名もキッチンでもスイスイ活用 スマートフォンスタンドケース。たしかに料理中、スマホを触るために何度も手を洗ってタオルで拭く…という状況はよくあるもの。このケースを使うことで、果たしてどれほど便利になるのか!?

 

吊しても、立てても使える2WAYタイプ!ただしAndroid愛用者は、スリープ時間に要注意!?

株式会社フェリシモ(兵庫県神戸市)キッチンでもスイスイ活用 スマートフォンスタンドケースは、樹脂製のスマホケース。使い方は直接スマホを入れるだけと、とってもシンプルだ。

対応するスマホのサイズは縦14cm、横7.5cm、厚さ1cm(ケース込み)程度まで。通常のスマホであれば恐らく問題なく使用できると思うが、大きめのカバーなどを装着している場合には注意が必要だ。

それではさっそく使ってみる。チャックを開くと、台紙ポケットとスマホポケットに分かれているので、チェック柄の台紙が入っていないほうのポケットにスマホを挿入する。

ケースの上部にはフックが付いているため、このままキッチンツールなどと並べて壁に掛けて使うこともできる。

スタンドタイプへの変更は、裏側のスナップを外して下のスナップに付け替えるだけ。この時、スタンドの折れ目部分はかなりキチッと折り曲げておくことが大切。折れ目が甘いと、スマホの重みで後ろに倒れてしまうのだ。

これで完成…と思ったのも束の間。問題が発生! スマホのスリープ機能によって、すぐに画面が消えてしまったのだ。スマホの表面に起動ボタンがあるiPhoneならまだしも、記者の携帯はAndroid。横に起動ボタンがあるため、ボタンが相当押しにくい。なんてこった…と、ここでシンプルな解決方法に気が付いた。そう、スリープまでの時間を長く設定してから、料理に取り組めばいいのである! これで一安心。

ラクラク操作に感動!音楽を聴いたり動画を観たり…キッチンが自由な空間に

設定を変更したところで、実際にケースに入れた状態でスマホを操作してみる。おぉ~これはすごい!シートを一枚通しているとは思えないほど操作がスムーズではないか!かなり悪意を持って指でそっと触れてみても、ちゃんと反応してくれる。

これで料理中、若干濡れた指の先で恐る恐るスマホを操作しなくてもいいのだ。多少の汚れなら気にせず操作できるので、無駄に手を洗う回数も減り、手荒れ予防にも一役買ってくれそう。

さらに、食卓にスマホを置くときにも便利。水に浸したり、大量の水を被ってしまってはアウトだが、少し水に触れる程度ならサッと拭けば大丈夫。お風呂で使用することはできないが、子どものプールを監視するような場面では使えそうだ。

 

使い方には、キッチンで音楽を聴きながら料理ができる…などと書かれているが、ケースに入れた状態で音が籠もらないのかと疑問に。さっそく音楽を流してチャックを締めてみると、見事に音が聴こえる!ということは、ドラマなどの動画を観ながら料理することも可能。

 

ならば、少しでも大きな画面で観たいと、スマホを横向きにして全面表示にしてみる。そして、『キッチンでもスイスイ活用 スマートフォンスタンドケース』を横向きに置いてみると…立ったーー!! 正式な使い方としては紹介されていないものの、これはありがたい。ダウンロードした映画やドラマをできるだけ大きな画面で観ながら料理ができるのは、主婦にとって嬉しいポイントだ。

弱点といえば、シンプルな作りゆえ、バランスが取りにくく少し不安定であること。コツとしては、スマホをケースに入れる際になるべく下までグッと押し込むことだが、それでもスマホの上部に触れると後ろに倒れてしまう。画面のスクロール程度なら問題ないが、メールの送信などの際には手に持った状態で操作するのが安心だ。

 

月一で届く“わくわく感”もフェリシモの魅力!

キッチンでもスイスイ活用 スマートフォンスタンドケース』は、6種類のチェック柄があり、毎月1個ずつ定期便で届く。途中でのストップや再開は自由なので、1つだけ欲しいという方は、1ヶ月で解約すればOK。価格は月1個税抜850円。

 

このケース、子供の近くでスマホを使うときにも便利そう。おやつを食べた手で触ってしまっても、スマホがベタベタに汚れなくて済む。

購入はフェリシモ公式サイトにて。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

トラックバック