こだわりのブレンド『ドクタースチュアート ハーブティー』をその日の気分に合わせて選んでみよう

 

世界的にも著名なハーバリストがブレンドしたこだわりのハーブティーブランド『ドクタースチュアート』をご紹介。ハーブの栽培や加工にもこだわり、自然の恵みを最大限に引き出すだけでなく、自然を守ることにも努めている。

 

こだわりぬいたハーブティーを美容と健康に

豊産業(神奈川県)は、世界各地の輸入食材を取り扱っている。今回は、英国のハーバリストであるDr. Malcom Stuartが監修したハーブティーブランド「ドクタースチュアート」をご紹介。スチュアート博士は、植物成分の効能や特性に興味を持ち、その研究に専念。その彼が手がけたハーブティーの中から5種類を日本向けにセレクト。

 

寒い季節や春先に、エキナセアプラス

『ドクタースチュアート エキナセアプラス』(15包・希望小売価格 税込1,296円・発売中)

1パックずつ個包装になっている。パッケージにはすべてリサイクル可能なものを使用。無漂白で土に還るものや、オーガニックコットンを使用するなど資材へもこだわっており、サスティナビリティへの取り組みも重視している。

エキナセアプラスにブレンドしているハーブは、

  • ローズヒップ
  • ハイビスカス
  • ペパーミント
  • エキナセア
  • ブラックベリーリーフ

ティーバッグ1包に対して、熱湯約200mを注ぎ、フタをして3~5分蒸らすのがおいしい飲み方。

エキナセアプラスは、ローズヒップやハイビスカスが入っているので美しいルビー色をしている。華やかさと穏やかな酸味があり、すっきりとした飲み心地。はちみつなどの甘みを加えてもいいかも。

 

美容に気を使う人のためのスキンピュリファイ

『ドクタースチュアート スキンピュリファイ』(15包・希望小売価格 税込1,296円・発売中)

スキンピュリファイにブレンドしてあるハーブは、

  • レッドクローバー
  • ネトル
  • たんぽぽの根
  • ごぼう
  • カモミール
  • レモンバーム
  • レモンピール

たんぽぽの根やごぼうがブレンドしてあり、深みのあるすっきりとした味わい。カモミールやレモンバームですっきりと飲みやすく、口の中をさっぱりと整えてくれる。

 

おやすみ前のリラックスタイムにバレリアンプラス

『ドクタースチュアート バレリアンプラス』(15包・希望小売価格 税込1,296円・発売中)

バレリアンプラスにブレンドしてあるハーブは、

  • リンデン
  • バレリアン
  • ホップ
  • パッションフラワー
  • フェンネル

黄金色をしたハーブティー。心地良い味わいでほのかにリンデンの甘みを感じる。爽やかな後味なのはホップやフェンネルが入っているからだろう。

 

すっきりリフレッシュしたい時にギンコウプラス

『ドクタースチュアート ギンコウプラス』(15包・希望小売価格 税込1,296円・発売中)

ギンコウプラスにブレンドしてあるハーブは

  • スペアミント
  • レモングラス
  • イチョウ
  • エキナセア
  • カモミール

スペアミントやレモングラスがとても爽やかですっきり。リフレッシュしたい時におすすめの1杯。

 

喉を温めてリラックスしたい時にスロートリリーフ

『ドクタースチュアート スロートリリーフ』(15包・希望小売価格 税込1,296円・発売中)

スロートリリーフにブレンドしてあるハーブは

  • リコリス
  • シナモン
  • マーシュマロウの根
  • オオバコ
  • マートル
  • セージ
  • グローブ

他とは違うのは、シナモンなどのスパイスをブレンドしているところ。ほんのりとしたやさしい甘みを感じるリコリスに、スパイシーな余韻が残る1杯。お好みのミルクを加えて、ハーブミルクティーを楽しむのもいいかも。

 

あなたはどのハーブティーを選ぶ?

好きなブレンドから選んでみたり、パッケージデザインから選んでみたり。その時の気分でハーブティーを楽しんでみて。どのブレンドも香り高く飲みやすいので、1日の様々なシーンに寄り添ってくれる。

ハーブティー好きの記者はどのブレンドも好みではあるが、強いて言えば1番目に紹介した「エキナセアプラス」がお気に入り。ローズヒップやハイビスカスの華やかさのある酸味と、美しいルビー色は見た目も癒される。

ハーブの香りや味わい、そしてその心地良さ。今回ご紹介した『ドクタースチュアート ハーブティー』は雑貨店や輸入食品専門店などで発売中。

 

公式インスタグラムはこちら

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエイター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子 / official images

トラックバック