【介護食】お正月にみんなでお餅を食べよう! 『SFお餅風ムース30』は舌でつぶせるやわらかさ

 

おじいちゃんも、おばあちゃんも、みんなで一緒にお正月のメニューを楽しみたい。見た目の形、そして味わいにもこだわった「ソフリ」シリーズより『SFお餅風ムース30』をご紹介しよう。噛む力が弱い人にとって食べることが難しい「餅」。そんなお餅の風味を再現し、舌でつぶせるやわらかさに仕上げた一品。

 

舌でつぶせるやわらかさ、お餅風ムースで食事のバリエーションが広がる

ヤヨイサンフーズ(東京都)は、多様化する食のニーズに柔軟に対応する業務用冷凍食品メーカー。「やわらか食SOFLI(ソフリ)」は、「みんなに食べる喜びと楽しみを。そして潤いのある生活を」という想いから誕生したブランド。食べる人だけでなく、調理をする人、お世話をする人にもやさしい食べやすさ、そして作りやすさを追求。病院・施設向けの業務用から、家庭向けの在宅用まで、様々な商品を展開している。

ソフリとは「Soft Food Life」の頭文字を組み合わせた造語

 

『SFお餅風ムース30』(6個入り・通販サイト販売価格 税込437円・発売中)

 

噛む力が衰えている高齢者にとって「餅」は注意が必要な食材のひとつ。そこで作られたのがお餅風ムース。

冷凍商品・UDF区分「舌でつぶせる」に対応

舌でつぶせる柔らかさの『SFお餅風ムース30』は、見た目にも角餅の形を再現。風味や食感をイメージできることは、食べることの喜びにも繋がる。

 

食べたい時に食べたい分量だけを調理できる手軽さ

お皿に取り出す時はトレーの後ろから押し出すようにすると簡単に取り出せる。凍ったままの状態で先に取り出し、調理しお皿に盛り付ければ仕上がりも綺麗。

冷凍時

調理の仕方は、「蒸す」、「煮る」。蒸す場合はラップをかけずに、100℃で7分程度。煮る場合は、お好みの調味液とともに弱火で7分程度。沸騰したまま煮込むと煮崩れてしまうのでそこはご注意を。

温めると上新粉の甘い香りがふわりとする。

 

まるでお餅を食べているかのような満足感

こしあんと緑茶を添えて、お餅風ムースを楽しんでみよう。

上新粉の風味がお餅を食べているような味わいを再現している。

スプーンがスッと入り、こしあんと同じようなやわらかさ、なめらかな食感。やわらか食となるとどうしてもお粥状のものが多く、見映えがイマイチの中、お餅風の見た目であることで「みんなと同じものを食べている」という喜び、そして食べる意欲に繋がっていくだろう。

ムースなので冷めても硬くなりにくく、やわらかな食感が楽しめるので、ゆっくりとした食事のペースの方にもおすすめ。今回の食べ方以外にもお雑煮として楽しんだり、お汁粉として楽しんだり、様々なメニューに活用してみよう。

冷凍なので使う分量だけを調理できるところもいいところ。ソフリ公式Instagramではソフリ商品を使用したアレンジメニューを発信中。

業務用商品として病院や施設で提供されることが多いが、同社のやわらか食ショップでは、一般・個人でも購入が可能なので気になる方は是非チェックしてみて。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエイター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック