人気の堀江バターサンドに新フレーバー『イチゴチョコ』が登場!

 

「TABLES」ブランドの「堀江バターサンド」の中でも人気No.1の「イチゴミルク」。その新フレーバーとして『堀江バターサンド イチゴチョコ』が新登場。他のフレーバーと異なるのは、バタークリームを挟むサブレにもチョコを練り込んでいること。とろけるチョコレート味のバタークリームとイチゴの甘酸っぱさを楽しんでみよう。

 

あの堀江バターサンドに新フレーバーが誕生

カフェ(大阪市)は建築・内装設計デザイン事務所として会社をスタートさせる。大阪を中心に関西、関東においてカフェ、レストラン、パティスリーなど様々な飲食店を企画、運営しており、「TABLES CAFE」などを手がけている。

「TABLES」ブランドで人気のギフト菓子、それが「堀江バターサンド」。本店がある大阪・南堀江の地名からその名が付けられた。濃厚なバタークリームを香ばしいサブレで挟んだもので、手土産としても人気。

 

「レーズンバター」、「イチゴミルク」、「イチゴピスタチオ」のほかに、季節ごとに楽しめるシーズナルフレーバーも展開。特に「イチゴミルク」はまるでショートケーキのようなおいしさとして大人気。ホワイトチョコレートとバターを混ぜたクリームとフリーズドライのイチゴのおいしさが楽しめる。

 

ビターで甘酸っぱい組み合わせ

今回ご紹介するのは人気の「イチゴミルク」の新フレーバーとして誕生した新商品。

『堀江バターサンド イチゴチョコ』(3個入・希望小売価格 税込1,500円・発売中)

キルシュ(洋酒)使用

堀江バターサンドは冷凍商品。バターはカチカチに固まることはないので、冷凍庫から取り出したばかりの堀江バターサンドはアイスのような食感。

ひんやりとしながらも、口の中の温度でスッと滑らかに溶けていく。

 

口の中でとろけていくバタークリームのリッチなおいしさ

冷凍庫から取り出したばかりの堀江バターサンド。よく冷えたバタークリームは食べた瞬間は心地よいひんやり感があり、口の中の温度でスッとなめらかに溶けていく。そのひんやり感となめらかな口どけのコントラストが楽しい。

10分程度、室温に置いておけば半解凍の状態に。クリーミーな優しいくちどけと風味を一番感じる食べ方。バターの風味が引きたち滑らかさと、サクサク香ばしいサブレの食感がまたたまらない。

 

香り高いチョコの風味にイチゴの甘酸っぱさ

サブレにもチョコを練り込んでいるのが、他のフレーバーとは異なるところ。バタークリームにはフルーティーな香りが特徴のエクアドル豆を使用したダークチョコレートとキャラメル風味のミルクチョコレートをブレンド。チョコサブレ、チョコバタークリームに甘酸っぱいフリーズドライの苺を組み合わせた。

厚みがあるので、手で持ってパクッと食べるのがおすすめ。イチゴ×チョコレートの組み合わせは見た目も可愛らしい。

 

サクサクのサブレに挟まれたたっぷりのバタークリームを堪能して

サクッと香ばしいサブレはほんのりとビターなチョコの風味。濃厚なチョコバタークリームと甘酸っぱいイチゴのおいしさが口に広がる。

 

いつものカフェタイムに幸せなおいしさをプラス

カフェラテとともに。

香り高いチョコレートのおいしさとバタークリームのコク、イチゴの甘酸っぱさが引き立ち大人のカフェタイムにぴったりの逸品。ほんのりビターな味わいはワインのお供にもおすすめ。フルボディの重厚な赤ワインとともに、大人のアフタヌーンティーを楽しんでみるのもいいかも。

室温に出しておくと、バタークリームが柔らかくなっていき、さらにクリーミーな口どけになる。それはまるでイチゴのチョコレートケーキを味わっているかのような贅沢感。

3個入りのほかに、8個入りでも発売中。濃厚でリッチなバタークリームをサブレでサンドした『堀江バターサンド』は手土産として喜ばれるのはもちろんのこと、自分へのご褒美にも。チョコレート好きな方にも食べてもらいたいおいしさ。

今回ご紹介した『堀江バターサンド イチゴチョコ』は公式オンラインショップをはじめ、「TABLES CAFE」店舗、催事などで購入できる。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエイター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック