これ1本で手軽にナチュラルスタイリング! ベタつかないサラサラ髪のための『kacco ベーススタイリングオイル』をためしてみた

 

センターパートやマッシュヘアにしたいけど、サラサラ髪じゃないから……と困っていないだろうか。そんなあなたに紹介したいのがうねりやくせ毛を抑えるスタイリングオイル『kacco ベーススタイリングオイル』。髪に塗布するだけで、サラサラ感のあるナチュラルスタイリングに仕上げてくれる。性別問わずオイルスタイリング初心者におすすめのヘアオイルの使い心地をお届けしよう。

 

フレグランスで人気のシトラスサボンの香りだから女性にもおすすめ! ケアもできるスタイリングオイル

柳屋本店(東京都)は創業400年以上の歴史ある化粧品メーカー。「常に最良の品質」にこだわった化粧品や医薬部外品などの製造販売を行っている。

 

今回紹介するのは『kacco ベーススタイリングオイル』(75ml・希望小売価格 税込1518円・2022年9月5日発売)。主にサラサラ感を重視したいメンズに向けたヘアオイルだ。

 

最近の流行ヘアであるセンターパートやマッシュヘアには、サラサラとした決めすぎない髪がよく似合う。だが、従来のオイルスタイリング剤はベタベタとして形は決められても質感までは思い通りに表現しにくいものが多い。

ワックスなどを使う前のベースにもぴったり

その点『kacco ベーススタイリングオイル』は、ベタつきを抑えてサラッとした使用感でスタイリングが簡単。うねりやくせ毛を抑えてくれるので、オイルスタイリングは初めてという方も安心して使えるようになっている。

 

香りはフレグランスでも男女ともに人気の高いシトラスサボン。はじめはグレープフルーツを中心とした柑橘系の香りだが、だんだんと甘みのあるアンバー・ムスクの香りへと変化する。

 

サラサラ髪目指しておためししてみた

実は記者もマッシュヘアにしたばかり。さっそく『kacco ベーススタイリングオイル』を使って理想のスタイリングを目指してみよう。

使い方は、ベーススタイリング(ワックスなどをつける)の場合はワンプッシュ、ナチュラルスタイリング(本商品のみ)の場合は1〜2プッシュを手に出し、手のひらに広げる(量は適宜調整)。

髪が長い場合は中間から毛先にかけてを中心になじませる

続いて“毛先”を中心に、髪全体になじませていく。たったこれだけだ。手に出した瞬間はわからなかったが、塗布していくにつれてすぐに手触りからサラサラ感が伝わってきた。

ドライヤー前のヘアケアとしてもおすすめ

ヘアオイルのセットではべたつきが気になることがしばしあるが、『kacco ベーススタイリングオイル』は、髪の毛が1本1本ほぐれたかのような仕上がり。まとまりがありつつもサラサラとしている。

毛にツヤが出るというよりは、軽いふわっとした見た目。これはたしかにナチュラル仕上げにぴったり。

そしてとにかく香りが良すぎる。先ほども紹介した通りセットしたては柑橘系の爽やかな香りだが、30分から1時間もすれば甘い香りが漂ってくる。あれ、自分香水つけてたっけ? と錯覚するほど良いにおい。

メンズ向けヘアオイルではあるが、サラサラとした使い心地や香りの良さ、容器のシンプルでおしゃれなデザインなど、女性も使いやすいこと間違いなしだ。機会があれば1度ためしてみてほしい。

 

全国の量販店、ドラッグストアほかで発売中。

公式サイトはこちら

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック