鰹節専門店が作る本物のおいしさ『素材を愉しむ 新生姜ご飯の素』は夏季限定の贅沢な味わい

新生姜のやわらかでピリッとした辛味を

 

炊き立ての白米に混ぜるだけで、贅沢な味わいを楽しめる『素材を愉しむ 新生姜ご飯の素』。新生姜とかつおぶしの豊かな風味は、今しか味わえない限定の味。

 

鰹節専門店が作る2合用の混ぜご飯の素

にんべん(東京都)は、300年以上続く鰹節専門店。本物の鰹節作りを追求することはもちろんのこと、鰹節を使った数々の商品も開発している。

 

にんべんの最上位ブランド「NIHONBASHI」は、だしのおいしさを活かすのはもちろんのこと、こだわりの素材が使われているのが特長。今回ご紹介する「素材を愉しむ 混ぜご飯の素」シリーズにも、ご飯の味を引き立てる鰹節の上品な風味とこだわりの素材が使われている。

『素材を愉しむ 新生姜ご飯の素』(100g・希望小売価格 税込648円・発売中)

高知県産新生姜を使用。化学調味料、保存料、着色料は使用せずに作られている。

封を開けると、中には混ぜご飯の素が1袋。

たっぷりの新生姜が細かく刻まれており、器に取り出すだけでもだしの香りがふわっと漂う。

 

温かいごはんに混ぜるだけで料亭のような味わい

混ぜご飯の素は、炊いたごはんに混ぜ合わせるだけの手軽さ。用意するのは2合分のごはんだけ。

2合分の米を研ぎ、炊飯していこう。

ごはんは少しかために炊くとよりおいしいということで、炊飯機能の「かため」モードで炊いてみた。炊きあがったら、全体を混ぜ合わせて蒸らしておく。

温かいごはん2合を大きめの器やボウルにうつし、新生姜ご飯の素を液ごと1袋加える。

手早く全体を混ぜ合わせて、味を馴染ませよう。ごはんの熱が入ることで、さらにだしの風味が華やかに増す。

 

甘めで上品、新生姜の辛味もアクセントに

混ぜるだけであっという間に新生姜ごはんのできあがり。混ぜてすぐよりも、少し時間を置いて味が全体に回るとよりおいしくなる。刻んだ新生姜がたっぷりで、爽やかなピリッとした辛味がある。ごまも入っており、風味がいい。まろやかな甘めの味付けで、かつお節だしの味わいがとても上品。

刻みたての新生姜が入っているかのようなフレッシュ感。冷めてもおいしいのでお弁当の一品にもおすすめ。味付の油揚げで包めば、いなり寿司も手軽に楽しめる。

その他にも「素材を愉しむ 混ぜご飯の素」シリーズには、ひじき五目ご飯の素、かしわ飯の素、かつお生姜ご飯の素などがある。

 

今しか味わえない旬のおいしさを

混ぜるだけだからとにかく簡単。いつものメニューとは違うものが食べたい時にも、パパッと手軽に料亭のようなおいしさが味わえる。中袋開封前は常温で保存もできるので、ストックしておくのも便利。アウトドアシーンなどでもだしのうま味がおいしいごはんが楽しめる。

『素材を愉しむ 新生姜ご飯の素』は夏季限定品。販売期間は6~8月となっている。にんべん店舗・公式オンラインショップで発売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック