厳選素材のさつまいも使用の本格芋焼酎『薩州 赤兎馬 玉茜(タマアカネ)』をためしてみた

 

お酒好きに朗報! 「薩州 濵田屋伝兵衛」が発売している『薩州 赤兎馬 玉茜(タマアカネ)』が通年販売に! 待ってましたという人も多いのでは。金木犀のような甘い香りの本格芋焼酎…その魅力を堪能してみよう!

 

数量限定から、お待ちかね! いつでも買える通年販売

焼酎蔵 薩州濵田屋伝兵衛の『薩州 赤兎馬 玉茜(タマアカネ)』(720ml瓶・希望小売価格 税込1,738円・発売中)は、厳選された良質なさつまいも「タマアカネ」を使った本格芋焼酎。鹿児島特有のシラス台地で天然濾過された清冽な水から造られているんだとか。

華やかでクリアな味わいの「薩州 赤兎馬」に、フローラルな「タマアカネ製焼酎」をブレンド。金木犀(キンモクセイ)のような甘い香りと旨味が絶妙に調和した本格芋焼酎だ。飲み応えのある味わいからも人気の高い商品だ。

 

「タマアカネ」は高カロテンで、きれいなオレンジ色をしたさつまいも。カロテン品種にある、南国果実のような香りが加わるのが特長だ。

「赤兎馬」は、三国志に登場する一日千里を走ると詠われた名馬。ネーミングと橙色のラベルは、アルコール度数が強そうなイメージで身構えるかもしれない。しかし、アルコール度数は25度なので、芋焼酎として平均的な度数。

 

香りは甘く、味はスッキリ

まずはロックでいただいてみよう。注ぐと、花のような香りが広がる。焼酎特有の酒の匂いはあまり感じなく、控えめな甘い香りだ。

氷に当たると流れるようなサラサラとした軽さがあり、透明度の高い澄んだ色をしている。

味わいは、さらりとしていて流れるように喉へ落ちた。香りは花のようだが、甘味は少なく芋の香ばしさがある。

芋焼酎特有のクセやアルコール感も少なく、スッキリとして飲みやすい。ほんのり辛さもあり、ロックだがアルコール度数は低いように感じた。

和食、洋食など料理だけではなく、スイーツにも合う。チョコレートの甘さに、口当たりの良い芋焼酎の風味が混ざりコク深い。また、ドライフルーツとの相性も抜群で、柑橘系焼酎にも負けない、フルーティーな味になった。

ハイボールにすると、炭酸の酸味でグッとフルーティーさが増した。芋焼酎の感じはなく、ハイボールかノンスイートなチューハイのよう。

喉越しの良さとフルーティーな香りに、ゴクゴクいけちゃう。カヌレを追いおつまみにして、休日からおやつタイムとして楽しんでみても良い。和洋菓子問わず、どんなメニューにも合いそうだ。

『薩州 赤兎馬 玉茜(タマアカネ)』は720mlの他、1800ml(希望小売価格 税込3,300円)もある。お酒好きには、たっぷり飲めるこちらもおすすめ。

芋焼酎ファンはもちろんだが、苦手意識がある人も、花のような甘い香りとスッキリとした飲みやすさを楽しんでみて。

 

「薩州 赤兎馬 玉茜(タマアカネ)」の販売店舗に関するお問い合わせはこちらから↓

【薩州 濵田屋伝兵衛 お客様相談室】

TEL: 0996-21-5260(平日9:00~17:00)

ブランドサイトはこちら

※薩州濵田屋株式会社は、濵田グループです。

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック