現在人気な花粉対策グッズ5種を比較! スプレー、シール、ジェルなど種類豊富で要チェック!

沢山の種類がある! あなたはどれにする?

寒さが落ち着き、春の暖かさにホッと一息つく頃にやってくるのが「花粉」。対策グッズを求めてお店を確認すると、沢山の種類の花粉対策グッズがあって迷ってしまう。今回は、色々なタイプの現在人気な花粉対策グッズ5種を比較検証! スプレー、ジェル、シールなど様々な種類があるので、ぜひチェックしてみて。最後には記者がオススメする花粉対策グッズもご紹介!  

 

比較するのはこちらの5種類!

 

 

  1. フマキラー『アレルシャット ウイルス 花粉 イオンでブロック スプレータイプ 300回分』
  2. ロート製薬『アルガード鼻すっきり洗浄液』
  3. 資生堂薬品『イハダ アレルスクリーンジェル EX』
  4. エステー『MoriLabo(モリラボ)花粉バリアシール』
  5. 花王『リセッシュ除菌EX プロテクトガード』

 

比較する商品は、ECサイトの売上上位にランクインしているものなどから選出。全てネットで購入した。

 

 

現在の花粉対策グッズは種類が豊富。選んだ商品の中で一番価格が安いのは5番花王『リセッシュ除菌EX プロテクトガード』で衣類へスプレーするタイプ。反対に一番価格が高いのは、990円の3番資生堂薬品『イハダ アレルスクリーンジェル EX』で、目や鼻のまわりに塗るジェルタイプだ。

 

各商品を詳しくチェック! あなたはどれにする?

 

顔や髪にスプレーするフマキラー『アレルシャット ウイルス 花粉 イオンでブロック スプレータイプ 300回分』

 

 

イオンの力で花粉をブロックしてくれるフマキラー(東京都)『アレルシャット ウイルス 花粉 イオンでブロック スプレータイプ 300回分』(120mL・参考価格 税込891円・発売中)は、顔や髪から20cmほど離してスプレーするタイプ。使用頻度は約5時間おきに1日3~5回だ。メイクの上からも使用可能。花粉の他にも、ウイルス、黄砂、PM2.5もブロックしてくれる。子ども(3歳以上)や妊娠中の人も使用できる。

 

 

実際にためしてみると、髪や顔が濡れるほど、結構な量が噴射されるので最初は驚いた。何度か使用し、コツを掴めば、顔と髪にまんべんなくスプレーできるようになった。玄関に置いておけば、外出前に身支度を整えたあと、出る前にシュッとスプレーすれば良いので楽ちんだ。ただ、衣類にはかけない方が良いということなので、その点は気を付けて。

 

鼻をスッキリ洗浄するロート製薬『アルガード鼻すっきり洗浄液』

 

 

ロート製薬(大阪府)『アルガード鼻すっきり洗浄液』(100mL・参考価格 税込617円・発売中)は、花粉や雑菌を洗浄するスプレータイプ。こちらは、防御するのではなく、入ってしまったものを洗い出すタイプ。使い方は、ノズルの先を鼻の中にそっと入れてスプレーした後、軽く鼻をかめばOK。鼻の中にスプレーするのは、痛そうなイメージがあるが、等張液という液体を使用しているため痛くないという。持ち運びができる大きさなので、外出先でも気になった時に洗浄できるのが心強い。

 

 

実際にスプレーすると、細かい霧状の液体が広範囲に広がっているのが分かる。初めて鼻洗浄をする記者は、怖がりつつ、ためしてみたが、確かに痛くない…! 使用後は、スっとする爽快感のある香りが鼻を通り心地よい。スプレー後は、鼻から洗浄液が垂れてくるので、ティッシュの準備は必須だ。洗浄した後に軽く鼻をかんだらスッキリした。

 

コンパクトで持ち運びに便利な資生堂薬品『イハダ アレルスクリーンジェル EX』

 

 

鼻や目のまわりに塗るタイプの資生堂薬品(東京都)『イハダ アレルスクリーンジェル EX』(3g・参考価格 税込617円・発売中)。資生堂の特許技術「微粒子吸着防止技術」を採用し、イオンの透明ベールで花粉やウイルス、PM2.5の鼻や目のまわりへの付着を抑制するという。香りは「ピュアオレンジ」と「ユーカリミント」があり、今回はピュアオレンジを使用。一回塗れば一日程度は効果が持続するが、汗などで洗い流された場合はその都度塗り直す必要がある。メイクの上からでも使える。本体はかなりコンパクトで、目薬が少し大きくなったような大きさなので持ち運びしやすい。

 

 

実際にためしてみると、サラッと肌に馴染むジェルがかなり塗りやすく、使いやすい。メイク後に塗ってみても、アイシャドウ、アイライナーのどちらも崩れることなく使用することができた。鼻孔のまわりに塗るのも簡単でサッと塗って、すぐに完了するのが嬉しい。香りは最初に心地よいオレンジの香りがわずかに広がるが、すぐに気にならなくなった。本体の大きさ、重さともに持ち運びに向いているので、花粉が強い時期、ポーチの中に入れて置けば心強い味方になってくれそう。

 

エステー『MoriLabo(モリラボ)花粉バリアシール』

 

 

今回、一番驚いた商品は、シールタイプのエステー(東京都)『MoriLabo(モリラボ)花粉バリアシール』(40枚(10枚×4シート)・参考価格 税込858円・発売中)。洋服の襟など、顔に近くて香りを感じやすいところにシールを貼るだけで良い。トドマツから抽出された香り成分がスギ花粉をコーティングし、花粉をガードしてくれるという。効果は約5~6時間持続される。こちらも持ち運びしやすいタイプなので、朝、外出時に貼って、昼頃にもう一度貼り直すことができそう。

 

 

他の商品と比較して大きく異なる特徴は、香りでガードする点だ。「すっきり爽やかな森の香り」と記載があり、スッとするグリーン系の香りがする。記者は強い香りがあまり得意ではないので、実際にシールを貼ってみると香りの強さがやや気になったが、他のスタッフは全く気にならないと言っていた。シールを貼るだけで花粉対策ができる手軽さは嬉しい。

 

花王『リセッシュ除菌EX プロテクトガード』

 

 

衣類にスプレーするタイプなら花王(東京都)『リセッシュ除菌EX プロテクトガード』(350mL・参考価格 税込331円・発売中)。静電気防止成分が配合されていて、花粉の付着を防止するという。他にも、消臭や除菌などが期待できる。衣類、布製品、空間にも使用できる。花粉対策するために衣類に使う時には、外出前の衣類に約15回スプレーする。

 

 

実際にジャケットに15回スプレーすると、やや湿るので、気になる方は着る少し前にスプレーして、乾かしてから着るのが良いかもしれない。スプレー後は爽快感のある香りが若干するが、時間とともに薄れ、特に気になることはなかった。花粉対策以外にも効果が期待できるので、一本で色々な効果を求める方におすすめ。

 

記者が選ぶのはこれ!

 

 

顔と髪にスプレーするタイプのフマキラー(東京都)『アレルシャット ウイルス 花粉 イオンでブロック スプレータイプ 300回分』が使いやすいと思った。家を出る前にサッとひとふきスプレーすれば、首から上が守られている安心感が得られるのが嬉しい。花粉が強い時期は、職場などにも、一つ置いておけば、外出前と外出先でスプレーして1日を通して使用できる。

 

外出先で使用する為に、もっと手軽に持ち運べるタイプを求める方には、資生堂薬品『イハダ アレルスクリーンジェル EX』もおすすめ。こちら、とっても小さいのでポーチの中などに入れておきやすい。外出先でも気になった時に、サッと塗ることができる。花粉が気になる方は、ぜひ一度ためしてみて。

記者

おためし新商品ナビ編集スタッフ

おためし新商品ナビ編集スタッフです。 https://www.shin-shouhin.com/

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック