タピオカに続く!? 注目のわらび餅ドリンクが簡単に作れる 『ドリンク用わらび餅 洛山』が新発売

タピオカのプロが作ったドリンク用のわらび餅

 

タピオカのプロが作る病みつきの食感。もっちり、とろりとしたわらび餅ドリンクが手軽に作れる『ドリンク用わらび餅 洛山』をご紹介する。業務用商品なので、店舗運営時に誰でもできる簡単オペレーションも実現。わらび餅へのこだわりはもちろんのこと、ドリンク作りのことまで考えられた注目の商品だ。

 

タピオカ製造のノウハウを全て注ぎ込んだ新商品

タピオカエキスプレス(東京都)はタピオカの製造、販売などを手がけているメーカー。国内の自社工場で高品質なタピオカを生産しており、常にブームを牽引している。現在、SNSを中心に人気急上昇中なのが「わらび餅ドリンク」。タピオカドリンクに並び、わらび餅ドリンクを扱うお店も続々と増えている。

タピオカ専門メーカーだからこそ、そのノウハウをすべてつぎ込んで完成した『ドリンク用わらび餅 洛山』(3.5kg/cs・60袋入り・希望小売価格 税込9,504円・2022年1月21日発売)をチェックしてみよう。

 

加熱・解凍いらず! 1食分が手軽に作れる

1袋分

現在は業務用としての販売がメイン。冷凍商品でありながら、解凍したり加熱したりする必要はなし。個食袋になっているので、わらび餅を取り出したらそのままドリンクへ入れられる圧倒的に簡単なオペレーションが魅力。

太いストローで飲めるように1.5㎝角程度の大きさ。冷凍庫から取り出しても、カチカチに固まっているわけではないのでドリンクに入れずとも柔らか。1.5cmでも柔らかいので、ストローにも詰まりにくい。ちなみに、このまま食べてもおいしい。

半分にカットしてみたところ

味も徹底的にこだわっている。希少な本わらび粉を使用した本格派で、自社工場で作られた高品質で安全なもの。濃厚で香ばしい風味が特徴の沖縄黒糖が使われており、コクのある甘さはドリンクに入れてもバランスがいい。

 

こんなに簡単に作れていいの!? 冷凍庫から出したらそのままドリンクへ

早速、今回は抹茶ラテ×わらび餅のドリンクを作ってみることにしよう。ドリンクを作る直前に冷凍庫から取り出す。加熱や解凍は一切不要。

袋を開けたら、そのままグラスへ。

抹茶ラテを注ぎ入れて、20秒~60秒ほどかき混ぜる。

太めのストローをさしたら、あっという間に「わらび餅抹茶ラテ」の完成。計ったり、分けたりする手間がなく、誰でも簡単に作れる。

 

もっちり とろり 口の中に広がるやわらかなおいしさ

ひとくち飲んでみると、もちもちでとろ~りとした食感のわらび餅のおいしさがたまらない。タピオカ同様に吸う力が必要なのも、なぜか飲む時にわくわくしてしまう。

冷凍庫から取り出したばかりとは思えないもっちり感にも驚いた。わらび餅に冷凍の冷たさも全く感じない。ドリンクと合わせることで柔らかく程よい口当たりの温度になっている。タピオカよりも柔らかいこの食感にハマる人も多そうだ。

 

わらび餅ドリンクのメニュー開発も楽しんで

今回は抹茶ラテで作ってみたが、これもタピオカドリンク同様にミルクティーや黒糖ラテ、ほうじ茶ラテなど様々なドリンクで楽しみたい。

原材料:マルトオリゴ糖、砂糖、沖縄黒糖、でんぷん、本わらび粉、加工でんぷん、香料

冷凍だからこそ破棄も少なく、ロスが出来にくいのもいいところ。簡単なオペレーションで作れるということは、注文してから提供までの時間も短くできる。イベント出店や文化祭などのお店作りにも活用できる。

やわらかで甘いコクたっぷりのおいしいわらび餅ドリンク。タピオカドリンクに続く、このおいしさは要チェックだ。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック