チョコがたっぷりかかった大人満足タイプ『ポッキー贅沢仕立て〈くちどけ苺〉』の口溶けと味わいをおためし!

ちょっとずつ味わえる1袋2本入りの個包装

 

贅沢感のあるお菓子を食べてちょっと自分を甘やかしたい、という人におすすめな『ポッキー贅沢仕立て〈くちどけ苺〉』。もったりしたフォルムにも注目しつつ、おうちでじっくりその味わいをたしかめてみた。

 

1本でも食べごたえ抜群! いちごのつぶつぶ果肉の存在感がすごい

ポッキーは子供のおやつという概念を覆し、大人を中心に人気を博している「贅沢仕立て」シリーズは、ビスキュイにチョコレートをたっぷりまとわせた贅沢ポッキー。ちなみにビスキュイはフランス語でビスが「二度」、キュイが「焼く」で「二度焼く」という意味。スポンジ生地全般を指す場合もあるが、ビスケットなどの焼き菓子を指すこともあり、このポッキー生地はそちらに該当する。

江崎グリコ独自のweb調査で好きなフルーツ第1位。そんないちごが主役となり登場したのが『ポッキー贅沢仕立て〈くちどけ苺〉』(2本×10袋・実勢価格 税込368円・2021年11月23日発売)。「贅沢仕立て」シリーズの中で唯一、口どけの良さにフォーカスして作られたという。

人工甘味料不使用

いちごや雪の結晶をあしらったピンクのパッケージのなかには、1袋2本入りの個包装が10袋入っている。ちょっとミニサイズだが、チョコレート率がパワーアップしている「贅沢仕立て」シリーズならではのかわいいサイズ感だ。

封を開けた瞬間、真っ先にいちごの華やかな香りが漂ってきた。ココアパウダーを1.7%使用したショコラビスキュイに、つぶつぶ果肉入りのいちごチョコレートがたっぷりかけられている。そのポテッとしたフォルムにつぶつぶいちごも見えて、視覚と嗅覚から食欲を刺激される。

さっそく食べてみると、チョコレートの層が厚くなかなかビスキュイまでたどり着かない……! いちごチョコレートは甘酸っぱく、口どけがかなり滑らか。やっとたどり着いたサクサク食感のビスキュイは少しほろ苦く、チョコレートと生地がよくマッチしている。

ひと口食べてポッキーをじっくり見ると、いちごチョコレートは3mmほどの厚み。つぶつぶの果肉もしっかり味わえる。こんなに厚みのあるチョコレートなのにくどさはまったくなく、柔らかい甘みなので食べ終えた後も味わい深さの余韻に浸ってしまった。

口どけなめらかなので、数秒口のなかでチョコレートを溶かすようにして食べると、よりビスキュイとのハーモニーが楽しめるのでおすすめ。

チョコレート大好きな記者としては、いつもこのくらいコーティングされていたら……と願ってしまうほどの充実感だった。1本でここまで食べごたえを感じられるのは、「贅沢仕立て」シリーズならではだと思う。

内トレイにはクロスワードパズルを搭載。答えを応募すると、正解者の中から抽選で毎月11人にペアカフェグッズが当たるキャンペーンも実施中なので、おうちでまったり贅沢ポッキーを食べながらパズルを解いてみてはいかがだろう。

季節限定で、全国のスーパーや通販などで発売中。

 

あわせて読みたい:大人にポッキーをもう一度! バチが当たりそうなくらい贅沢な『ポッキー午後の贅沢<ショコラ>』

あわせて読みたい:食べ合わせで味が変わる『魔法のプリッツ<マジカルチェンジミルク>』でプリッツをもっと楽しく!

あわせて読みたい:【食べ比べ】桜のお菓子でひと足お先にお花見!ミンティア さくら/チロルチョコ さくらもち<袋>/ポッキーfromJAPAN<桜仕立て>

 

公式サイトはこちら

記者

高橋 明日香

お菓子とネコ大好きライター。編集プロダクションにて、紙・webともに 編集者兼ライターを経験。北海道出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック