【新発売】クリーニング屋さんも使っている洗剤を自宅で使える!? 簡単ポンと入れるだけ! 『クリーニング屋さんのダウン・おしゃれ着用ボール型洗剤』でお洗濯!

 

すっかり寒くなってきたこの季節、お気入りのダウンジャケットはできることならおうちで洗いたい人もいるのでは? アイメディア『クリーニング屋さんのダウン・おしゃれ着用ボール型洗剤』は、ボール状の洗剤を放り込むだけでラクに洗濯できるのだ。ダウンジャケットは手洗い派の記者は、洗濯機で洗ったことがない…、どんな肌触りになるのだろうか、さっそくためしてみた。

 

おうちで簡単にお洗濯! 人気「クリーニング屋さん」シリーズ

年末年始に大活躍するダウンジャケット、長く愛用するためにお手入れは念入りにしたいもの。でも、一般的にダウンジャケットはおうちの洗濯機で洗いにくい…、そんなモヤモヤを解決してくれるアイテムが登場したのだそう。

『クリーニング屋さんのダウン・おしゃれ着用ボール型洗剤』

アイメディア(広島市東区)の「クリーニング屋さん」シリーズは、簡単にプロの仕上がりを体験できる人気商品。そんなシリーズに今回新しく仲間入りするのが、『ダウン・おしゃれ着用ボール型洗剤』(内容量 6個・希望小売価格 税込550円・2021年11月発売)


ネーミング通り、クリーニング屋さんが使っているおしゃれ着用の洗剤は、ボール型のオールインワンタイプ。洗濯機に入れるだけだから、計量する手間も必要ないのだそう。使い方も簡単! 洗濯物と一緒にプラスするだけ。柔軟剤入りだからシワを抑え、ふんわり柔らかな仕上がりになるのだそう。

原産国:日本製

さらに、抗菌剤も入っているので部屋干しもOK、雪や雨の日でも大丈夫だ。ほかにも、無香性(配合している成分の香りがすることもあり)・蛍光増白剤・漂白剤不使用と成分自体もシンプルに。 気になる洗濯機のタイプは、タテ型・ドラム式どちらでも対応できる。

ちなみに、ダウンの洗える分量は薄手のショートなら18着、ロングなら6着まで洗うことが可能。クリーニング店に持ち込む手間も省け、生活の時短にもなるのもうれしいポイントだ。

 

『ダウン・おしゃれ着用ボール型洗剤』をためしてみよう

まず、ダウンジャケットの洗濯表示を確認! なぜかというと、手洗い表示に×マークがあると洗濯はできない。衣類を傷めることにもつながるので気をつけて。

 

パッケージ裏に記載されている使い方を見てみよう。

①洗剤を入れる。水量の目安は45Lまで洗剤は1個、60Lは2個。この時、濡れた手で触れないようにすること。洗濯機の底に洗剤を入れ水を浸かるようにすることで、液状を包んでいるフィルムが効果的に溶けるみたい。くれぐれも洗剤投入口には入れないように。

②ダウンの水通りをよくするために必ず裏返し、中の空気を抜いて小さめの洗濯ネットに入れ洗濯機へ。

③洗濯機のおしゃれ着コース、または手洗い&ドライコースのボタンを押してスタート!

④ダウンは軽く振りさばき形を整え、裏返しのまま干せば完了だ。

洗剤サイズもコンパクト

開封すると、透明フィルムに入った淡いピンク色の洗剤が。柔軟剤の香りだろうか、ほんの少しフローラル系のニオイがする。

洗濯前のダウンジャケット

次に用意したダウンを裏返し、空気を抜いてから小さめの洗濯ネットに入れて準備完了!

洗濯機に洗剤、そしてダウンを入れておしゃれ着コースでスタート。本当にこれだけ? クリーニング代が節約できるのは素直にうれしい… 。

 

洗濯が終わってから、裏返したままハンガーにかけて、中の羽毛を振りさばき、部屋干しで乾かしてみることに。数時間後… 、ダウンジャケットはどうなったのだろう。効果はいかに…

乾燥後

おっ! 手触りがふわっふわ! この画像でこのふんわり感がわかっていただけるだろうか。うすく汚れていた部分もキレイになり、明るさも取り戻したみたい。今まで手洗いしてきたのは何だったんだ… 、この洗剤の方が簡単だし、価格もリーズナブル! いいことだらけじゃないか、家じゅうのダウンやおしゃれ着を集めて、しばらく洗濯してみたくなった記者である。

 

新商品が続々登場! 公式Instagramも見逃せない

今回紹介した商品のほかにも、新商品など続々登場! 公式Instagramも随時更新されているので、こちらのフォローもお忘れなく。

ダウンやおしゃれ着ケアも簡単キレイに

ダウンジャケットやおしゃれ着をおうちで洗いたい人や、家族分まとめて洗いたい人におすすめ! 『クリーニング屋さんのダウン・おしゃれ着用ボール型洗剤』で、プロのような仕上がりを体感してみて。購入は、アイメディア公式ウェブショップにて販売。

公式サイトはこちら

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック