全米で大人気のワインブランド『ジョッシュ・セラーズ』から待望のピノ・ノワールが登場

おうち時間に赤ワインでくつろぎを

 

アメリカで成長率No.1※ のワインブランド「ジョッシュ・セラーズ」より、待望のカリフォルニア赤ワイン『ジョッシュ・セラーズ ピノ・ノワール セントラル・コースト』が登場。上質でありながら、非常にコストパフォーマンスの高いワインを造ることで知られている。その魅力をご紹介しよう。

 

全米で熱い注目を浴びているワインとは?

世界各国のおいしいワインを取り扱う三国ワイン株式会社(東京都)より、今回はアメリカ産ワインをご紹介。

アルコール度数 14.1%

『ジョッシュ・セラーズ ピノ・ノワール セントラル・コースト』(750ml・希望小売価格 税込3,300円)

全米No.1※の成長率を誇るブランド「ジョッシュ・セラーズ」。卓越した品質とお手頃な価格で、多くの人が魅了されている。

「ジョッシュ・セラーズ」は2007年に誕生したワインブランド。前身の「ジョセフ・カー・ワインズ」が成功を収めたことで、より生産量が多く価格も手に届きやすいブランドとして、オーナーのジョセフ・カー氏が立ち上げた。

Josh Cellars Pinot Noir Central Coast

瞬く間に人気となった「ジョッシュ・セラーズ」は、2019年には11ドル以上のワイン売上額で「全米No.1※」を記録し、その成長率においても「全米No.1※」として走り続けるトップワインブランドとなっている。

 

※ IRI調べ
米国市場$11-の価格帯の売上金額(2021年6月20日までの52週)
米国市場$11-の売上金額成長率 (2021年6月20日までの104週)

コルク栓

 

待望のピノ・ノワールワインのおいしさを堪能する

飲み頃の温度は18℃。ワイングラスに注ぐと、芳醇な香りに包まれる。

輝きのある濃いルビー色が美しい。使われているブドウの品種は、ピノ・ノワール100%。約4~5日間の低温浸漬を経たのち、ステンレスタンクにて約7~10日間の発酵。マロラクティック発酵で仕上げている。熟成期間は9~12か月。発酵温度は25~32℃。

口に含むと芳醇なブドウの味わいの中にオーク樽の風味をほのかに感じ、程よい酸味が後味に残る。ブラックチェリーのような果実感あふれる余韻が心地よい。滑らかなタンニンが感じられ、口当たりは柔らか。この深みのある味わいは、サーロインステーキやラムチョップなど、濃厚な旨みを持つ肉との相性が抜群だ。

 

フルボディの赤ワインとのマリアージュ

チーズとのマリアージュを楽しむなら、チェダーチーズはいかがだろうか。熟成されたチェダーチーズのコクと旨みが、フルボディの赤ワインに合う。

芳醇な赤ワインの風味とチェダーチーズ。この上質なワインのおいしさは、アメリカで人気なのが頷ける。

 

お手頃価格でもおいしいワインを!

また3,000円台と手に取りやすい価格なのもうれしい。いつもの食卓においしい赤ワインを添えて、レストラン気分を楽しみたい。週末にワインと共にゆったりとした時間を過ごしたい。そんな時におすすめできる1本。

バランスの取れたエレガントな味わいは、ワイン初心者さんにもおすすめだ。お手頃価格で品質の良い赤ワインを探しているなら、ぜひ『ジョッシュ・セラーズ ピノ・ノワール セントラル・コースト』を選んでみて。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック