食欲の秋に食べたい!『鮭の中骨水煮』で簡単&絶品クリームパスタを作ろう!

鮭のおいしさ丸ごと! シンプルな水煮缶が一番おいしい!

 

様々な食材が実りを迎える秋。今晩の夕飯のメニューは秋にぴったりの食材を使ったクリームパスタはいかがだろうか。ストック食材としても役に立つ鮭の缶詰『鮭の中骨水煮』を使って、時短調理でおいしくお腹を満たそう!

 

三陸の魚介のおいしさを缶詰に!

株式会社木の屋石巻水産(宮城県石巻市)は、三陸の豊富で新鮮な魚介類を活かした缶詰を製造・販売している。

今回ご紹介するのは、鮭のおいしさをギュッと閉じ込めた『鮭の中骨水煮』(180g・希望小売価格 税込250円・発売中)。宮城県で水揚げされた「銀鮭」のみを使用。中落ちたっぷりで骨まで柔らかいのが特長だ。骨の栄養も丸ごと摂取できる。

原材料は宮城県産のギンザケ中骨と食塩のみ。水煮は、味付けをせずに薄い塩水で煮る。添加物なども加えられておらず、素材の味を活かした缶詰となっている。

 

カルシウム不足を感じたら1缶食べてみよう!

骨まで丸ごと食べられるので、一缶当たりのカルシウム含有量はなんと約2,700mg! 成人が1日に必要なカルシウム量が約800mgとされているので、栄養バランスを意識したい時などにも缶詰は役に立つ。

プルタブで簡単に開けられるので缶切りは不要。

缶のまま直火にかけるのはNG

開けたらすぐに食べられるので、ストック食材としてはもちろんのこと、キャンプやグランピングなどアウトドアシーンにもおすすめだ。

電子レンジで温める際は、必ず他の容器に移しラップをかけて。

缶の中身を器に出してみると、鮭の身がたっぷり。中骨もしっかり入っている。まずは一口味見をしてみると、程よく塩がきいた鮭の旨みが口に広がる。ほろっと簡単にほぐれてしまうやわらかくふっくらとした身。

中骨は、箸だけで簡単にほぐせてしまう。焼き魚であれば、魚の骨はとても気になるものだが、ここまでしっかりと煮てあると全く気にならない。このままでもとてもおいしいので、酒の肴としても最適。熱燗と一緒にチビチビ頂くのがたまらない。もちろん、おかずや前菜の一品としても、ごはんがすすむこと間違いなし。水煮缶があれば、手軽に時短調理やアレンジレシピを楽しめる。

 

缶詰を使えば、いつものメニューも手軽さアップ!

今回は『鮭の中骨水煮』に、かぼちゃを合わせた「鮭とかぼちゃのクリームパスタ」を作ってみよう。缶詰を使えば、鮭の下処理がないから時短にもなる。

用意した食材は、

  • 『鮭の中骨水煮』
  • かぼちゃ
  • 生クリーム
  • パルメザンチーズ
  • にんにく
  • パスタ

フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れて弱火にかけ、香りを出す。

電子レンジで加熱をしておいたかぼちゃを加えて、表面を焼いていく。

『鮭の中骨水煮』を汁ごと加えて、ほぐしながら混ぜ合わせていこう。

生クリーム、パルメザンチーズを加えて、分離させないようにゆっくりと混ぜ合わせてソースを温めていく。

茹で上がったパスタを加えて、塩で味を整える。

 

食欲の秋に美味しいおうちごはん「鮭とかぼちゃのクリームパスタ」

「鮭とかぼちゃのクリームパスタ」のできあがり! 水煮のスープにちょうどいい塩味がついているので、味のバランスもちょうどいい。鮭の旨みが溶け込んだ塩味のきいたスープが、生クリームのコクと混ざり合い、とてもおいしいパスタソースになっている。

かぼちゃのほくほくとした甘みがアクセントになっており、秋の味覚を楽しめる。

水煮缶は丸ごと使ったが、骨は全く気にならず。クリーム系パスタの味付けに悩んでしまうという人も、『鮭の中骨水煮』を使えば迷わず簡単。食材のおいしさを活かしたパスタソースづくりができる。

 

鮭のおいしさをいつでも水煮缶で

その他にも、炒め物やスープ、チャーハンやラーメンの具に。お茶漬けにするのも簡単。軽く塩味がついているので、味のバランスを確認しながら調理に活用してみよう。鮭の身のみを使うのもいいが、栄養を余すところなく摂り入れるなら汁ごと使うのがおすすめだ。

常温保存できる缶詰は、ストックしておくと何かと便利。魚の下処理がいらないから、日々の調理に使えば時短にも繋がる。食べきりやすいサイズなのも使いやすい。『鮭の中骨水煮缶』は、全国のスーパーや公式オンラインショップで発売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック