まるで靴下のようなフィット感! 三京商会の『バレエシューズ』なら、かかとが抜けず足との一体感がバツグン!

 

キレイめカジュアルなファッションに重宝するシューズといえば、バレエシューズ。スニーカーよりきちんとしていて、立ち仕事の接客業や保護者会など子どもの行事でも大活躍する。履き心地がいいのが特徴だが、唯一の難点ともいえるのが“脱げやすい”こと。そんなお悩みを解決してくれるのが、三京商会の『バレエシューズ』だ。足にピタッとフィットして脱げない、まるで靴下のようなその履き心地とは?

 

走っても階段でも脱げない『バレエシューズ』

バッグ、財布などの皮製品を販売する株式会社三京商会(大阪府箕面市)の『バレエシューズ』(全9色・サイズ/22~25cm・価格 税込15,400円・発売中)は、脱げにくさにとことんこだわったシューズだ。

そのフィット感の秘密は、足を包み込むように袋状に縫い合わせた“ボロネーゼ製法”。

ゴム入りの履き口は足首にしっかり沿い、走っても階段を上ってもかかとが抜けにくい。

靴底は着地の衝撃を分散するドットソール仕様。内側のスポンジは肉厚でクッション性にすぐれ、疲れにくさもバツグンだ。

つま先が痛くなりにくいラウンドトゥ型。高級感のある本革素材で通気性も良く、履くほど足になじむ快適さだ。

 

足首を曲げても回しても、かかとにピタッと付いてくる!

こちらはラメブラック。軽いが柔らかすぎず、ハリのあるしっかりとした作りだ。

織り込まれたラメ糸がキラキラっと輝き、上品な光沢感がある。

さっそく履いてみる。足首にはゴムが入っているが詰まりすぎていないので、指を添えればすっとスムーズに履くことができる。かかとをまるっとカバーする十分な深さも嬉しい!

フィット感がハンパない。肌に当たるところに出っ張りや引っかかりなどは全くなく、優しく包み込んでくれているような感覚だ。

歩いてみる。ぱかぱかと抜けがちなかかとも、このようにしっかりフィット。深くしゃがみこんでも高い段差を上っても、全力でジャンプしても、全くかかとは脱げない。

靴底のクッションは適度に弾力があって押し返してくるような感覚なので、長時間歩いても足が疲れない。ラウンドトゥで足のフォルムもキレイに見えるし、上品なブラックならフォーマルな場面でも重宝しそうだ。

こちらはパイソンベージュ。シンプルコーデのアクセントになるオシャレな雰囲気。ソールの白とあいまって全体のトーンは明るめなので、暗くなりがちなパイソン柄でもスタイリッシュに楽しめそうだ。

 

きちんと感も楽さも脱げにくさも叶える、理想のバレエシューズ

本当はパンプスやバレエシューズでお洒落したいけれど、脱げやすいから…といつもスニーカーを手に取っていた記者。この三京商会のバレエシューズなら、きちんと感も脱げにくさも両方叶うから嬉しい。しかも疲れにくいから長距離でもぐんぐん歩ける。

 

1日中立ちっぱなしの接客業の人や、子どもを追いかける場面が多い子育て中のママにもおすすめ。フォーマルシーンに大活躍するラメブラック、コーディネートを格上げしてくれるパイソンベージュなど、シーンに合わせてぴったりの1足を見つけてみて!

 

三京商会では嬉しい返品交換サービスも。サイズが合わない場合は送料無料で交換(1回目のみ)できるので、気になる人はぜひ気軽に手に取ってみてほしい。

 

購入は公式オンラインショップから。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

Mugi

3歳・1歳の2人の男の子を育てる在宅ライター。食・インテリア・コスメ・子育て系のコラムをはじめ執筆ジャンルは多岐にわたる。得意なことは料理と着付け。大阪府出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック