新時代の調理家電! 1台8役のエアフライヤーオーブン『Vortex Plus』のスゴさとは?新製品発表会レポ

 

世界中に熱烈なファンを抱える人気ブランド「Instant Brands」から、1台8役のマルチなエアフライヤーオーブン『Vortex Plus』が新発売。朝食のトースト、夕食のおかず、休日のおもてなしメニューまで、これ1台ですべてを担ってくれる新たな調理家電。4月22日に開催された新製品発表会に参加し、五感すべてで魅力を堪能した記者が、その様子をレポートしていきたい。

 

カンタン調理を実演! 人気モデルが『Vortex Plus』を語り尽くす

「Instant Brands」は、CORELLE、pyrex、VISIONSを中心に、キッチン用品を幅広く揃えるグローバルカンパニー「Corelle Brands(コレール ブランズ)」が取り扱う家電ブランド。

 

主力製品の「インスタントポット」は、アメリカでインスタントポットブームを巻き起こし、世界中で電気圧力鍋ブームの火付け役と言われており、電気圧力鍋マーケットシェアだけでなく調理家電マーケットシェアNo.1という爆発的な人気を誇っている。

そんな同ブランドから5月14日に新発売となるのが、エアフライヤーオーブン『Vortex Plus』(希望小売価格 税込28,000円)

 

エアフライ、ロティサリー、あぶりやき、ロースト、トースト、ドライ調理、ベイク、再加熱の8役を担う、マルチな調理家電だ。

イベントには、モデルの三浦理志さん、モデル・コラムニストのクリス-ウェブ佳子さんが登場。これまで誌面で何度も“夫婦役”を演じてきたという料理好きの2人が、実際に『Vortex Plus』を使って調理しつつ、その魅力を語り合った。

今回「ローストビーフ」を調理する三浦さんは、唯一無二のロティサリー(回転調理)に熱視線。「簡単なんですよ、本当に。あとは見ていて楽しい。お肉屋さんのように“かたまり肉”が回るって、男のロマンを感じる」と心躍らせる。

一方、「クリスピーチキン」を選んだクリス-ウェブ佳子さんは、「(何度も使って)酸化した油を摂取すると肌に良くない。でも、固めて捨てるとはいえ、すぐに捨ててしまうのは環境にもよくないなと思っていて…」とこれまでの葛藤を告白。揚げ油を使わない『Vortex Plus』でその悩みが解決したといい、「切ったじゃがいもでフレンチフライが、あっという間にできるんですよ!」と声を弾ませた。

ここで、実際の調理コーナーへ。下味を付けた材料を『Vortex Plus』に入れ、タッチパネルで温度と時間をセットするだけで作業は完了。

 

ヒーターの熱をファンで庫内に循環させることで、食材に均一に火を通し、美味しくヘルシーな料理に仕上げてくれるという。

出来上がりを待つ間には、クリス-ウェブ佳子さんが『Vortex Plus』の“お手入れのしやすさ”について語る一幕も。自らを「掃除魔」と称するほど片付けにもこだわりがあるというが、「前面の扉が外れるので、綺麗に掃除できる。後片付けもすごく簡単です」と絶賛した。

会場にお肉の良い香りが広がった頃、2台の『Vortex Plus』から聞こえてきた調理完了の合図。いよいよ焼き目の美しいローストビーフと、カラッと揚がったチキンがお目見え!

料理をカットした2人は「肉汁がすごい!!」と声を揃え、さっそくワインで乾杯を。

二女の母でもあるクリス-ウェブ佳子さんは、「『Vortex Plus』を使うことで、親子の時間も増えました」と笑顔で明かし、三浦さんも「簡単にみんなが喜ぶような料理が作れるマシーン。一人でも多くの方に使っていただけたら」と呼びかけた。

 

しっとり柔らかなお肉に感動! 気になる味わいを実食レポート

試食会では、ローストビーフ、チキン、それぞれを使用したサンドイッチが振る舞われた。実際に味わってみると、ローストビーフは噛み心地がしっとり。それでいて、オーブンで焼き上げているので表面は香ばしく、まさにレストランの味!

ローストビーフは火加減が難しく、最近では“オーブンで軽く焼いた後、低温調理する”という方法もよく目にするが、『Vortex Plus』ならタッチパネルを操作するだけで、表面をこんがりと焼き、旨みを閉じ込めジューシーに仕上げることができる。す、すごい…!

一方、チキンは「油で揚げていない」と言われなければわからないビジュアル。メッシュトレーのおかげで余分な油が落ちるから、ふだん食べる揚げ物よりも後味がサッパリしていて食べやすい。

さらにサンドイッチでいただくと、お肉がとにかく柔らかくてびっくり! 出来上がり直後はもちろんだが、衣がベチャつかないから、時間が経ってからも美味しく食べられることを実感した。

 

他のエアフライヤーとはここが違う!料理の幅が一気に広がるマルチな調理家電

コレール ブランズ ジャパン・水谷純氏に『Vortex Plus』一番のポイントを聞くと、「エアフライだけに特化していないこと。他にないロティサリー機能はもちろん、通常のオーブンと遜色なく製菓や肉料理、グラタンなども楽しむこともできます」と胸を張り、「ドライフルーツを作れるというのもおもしろいですよね」とコメント。

 

そして、「失敗いらずで、信頼できる相棒として、Vortexを通して料理の楽しさを改めて実感していただきたいです。」と続けた。

また、コンパクトなボディでありながら、鶏一羽がまるごと入る大容量についても言及。従来のオーブンと比べて約30%小さく、トースト機能もカバーしていることから、「キッチンで場所を取らない」とも話してくれた。

 

『Vortex Plus』は、100種類のレシピ付き。エアフライ機能を使った揚げ物から、ロティサリー機能を使った肉料理、あぶりやき機能を使った魚の照り焼き、さらにはベイク機能を使ったケーキなど、これ1台で料理のレパートリーをぐんと増やすことができる。

あらゆるメニューを簡単に、美味しく、ヘルシーに調理できる『Vortex Plus』。なお『Vortex Plus』に、発酵機能を加えた1台9役のエアフライヤーオーブン『Vortex Pro』(税込33,000円)も同日発売となる。

 

1台あるだけで、より充実したおうち時間が過ごせる新時代の調理家電。是非チェックしてみて!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック