書き心地がよくてどんどん書きたくなる! シンプルだからこそ良質なノート『セプトクルール』で私らしい1冊を!

クオリティの高いノートを使おう!

 

自分だけのノート。思考をまとめたり、日々の暮らしを書き留めたり。自分の手で文字を書くからこそ見えてくるものがある。一見シンプルに見える『セプトクルール』シリーズのノートは良質な紙質や使いやすさにこだわりのある1冊。そんなこだわりを紐解いていこう。

 

自分に寄り添う1冊のノートを探すなら…!

創業以来「紙」にこだわり続け、2020年に創業100周年を迎えた文具製造・販売会社のマルマン株式会社(東京都中野区)が手がける自然体に生きていく人を応援するノート『セプトクルール』(全5色・A5・希望小売価格 税込880円/A6・希望小売価格 税込660円・2020年11月20日発売)

2003年に発売された「セプトクルール」。

個性あるカラーと表紙素材を特長としており、デザインステーショナリーの定番として人気のシリーズだ。今回発売されたのは、今の時代のニーズに合わせてカラーや素材を選び直したもの。

 

まずは新素材を採用した表紙。

汚れや水滴に強く、ずっと触っていたくなるような「さらさらしっとり」とした優しい触り心地をしている。程よい柔らかさとしなりがありながらも、へたりにくく丈夫な表紙は長い間使うことも想定されているもの。

樹脂加工を施しているので、ちょっとの汚れや水滴がついただけならサッと拭き取り可能。ノートを使っていると意外と水滴がついてシワっとしたりするため、これはビジネスシーンで活躍しそうだ。

パタッとしっかりと開けるリング仕様で書きやすそう。ピンクゴールドのリングは上品で高級感がある。

使いやすく、思い通りに書ける3㎜方眼罫。

罫の色も濃すぎないグレーなので、書いたときに文字の邪魔をしない。

グラフやToDoリスト、イラストなども自由自在。

ページの分割もしやすいから、自分の好きなようにページを作っていける。

S.C.綴じが施された製本。表紙と背表紙が一体型となっているから、リングがへたりにくい。

マルマンオリジナル筆記紙 80g/㎡。

そして、何と言ってもマルマンオリジナルの筆記用紙の書きやすさ!

万年筆、各種ボールペン、鉛筆などあらゆる筆記具を使っても「書きやすさ」を実感できるように、紙表面の滑らかさを重視して作られた「筆記」のための国産オリジナル用紙。

80g/㎡という厚みは、インクのにじみ、裏面へのインク抜けがほとんどないワンランク上質な紙。万年筆のインクもこの通り、裏面へ染み出すようなこともなく綺麗な白のまま。

カラーマーカーなども気にせずに使うことができる。

滑らかな書き心地だからスラスラとペンが運ぶ。抵抗を感じないから、たくさん書いても疲れにくいように思う。万年筆のペン先が紙の繊維に引っかかるような嫌な感覚もなく、思い通りの筆記ができるのもうれしいポイントだ。

 

自分だけのノートだからこそ、この書き心地の良さはぜひ体感してもらいたい。

バレットジャーナル、日記帳、仕事用、勉強用、カフェログやブックログ、レシピノート、イラストなどなど。

どんなことでも、自由に使っていける1冊。

何かをはじめたい時、気持ちを新たにしたい時、自分をしっかりと見つめて高めていきたい時など。

良質でシンプルなノートに書き込みをしていけば、後から見返すのも楽しく、ずっと残しておきたい1冊になるはず。

 

自分にぴったりの『セプトクルール』が見つかる! カラーもサイズも豊富だから様々なシーンで活躍

上:A5 下:A6

カラー展開は、仕事でもプライベートでも使いやすい落ち着いたマットな5色。

  • スパイシーコーラルピンク
  • サニーイエロー
  • クリスプホワイト
  • コンフォートミント
  • スピリットブルー

サイズは持ち運びしやすいA5サイズと、もう一回りコンパクトなA6サイズ。どちらも、たっぷり書ける100枚入りだから惜しみなく使える。

それぞれのカラーには、色のチカラで毎日をちゃんと、自分らしく過ごすためのストーリーが設定されているから、その時の直感で色を選んでみてもいいかも。

シンプルで使いやすく、書き心地の良いものを選びたいなら、国産文具ならではのこのきめ細かさが断然おすすめだ。

『セプトクルール』は、全国の文具小売店、楽天Yahoo!ショッピングにて発売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック