SNSで話題沸騰! 驚きのマウスウォッシュ『オクチレモン』で口の汚れを除去! マスクの中も爽やかな香りを演出しよう

怖いもの見たさで試してみると…ヤミツキになるスッキリ感のマウスウォッシュ

 

巷で話題のマウスウォッシュ『オクチレモン』をご存知だろうか。口臭の原因となるタンパク質を固めて洗い流す口内洗浄液だ。口内の汚れがまるっと目で見えてしまうという、ショッキングさが受け、女性を中心に人気上昇中。本当に?と、半信半疑の人も居るだろう。記者も知ってはいたが、なかなか手を出していなかった。今回、勇気を出してその使用感をレポートしたい!

 

2年で528万本突破!驚異の販売数『オクチレモン』

ベビー用品や衛生用品などを扱う、株式会社ビタットジャパン(東京都小平市)が発売する『オクチレモン』(11ml 5本入り・希望小売価格 税抜220円・発売中)は、スティックタイプのマウスウォッシュ。

 

口臭の原因、磨き残しが”ゴッソリとれる”、”バッチリみえる”と話題から、発売わずか2年で5,280,000本(2018年9月〜2020年8月)を売り上げたという人気の商品だ。

『オクチレモン』は、低刺激のノンアルコールタイプで、すすいだ後に再び水ですすぐ必要がない。小さいバックや、ポーチに入れて持ち運べるコンパクトなサイズなので、外出用に最適だ。

また、マウスウォッシュとはわからない可愛いパッケージも女性に人気の要因だろう。

 

しかし、その可愛いレモンのイラストに騙されてはならない。『オクチレモン』はその名の通り、口に含んだ瞬間広がるレモンの味が特徴。そんな爽やかなレモンの香りと味に驚いた20秒後、さらなる驚きが待っている。

 

クチュクチュして吐き出すと、なんと目に見えるドロドロの茶色い固まりが!

それは口臭の原因のひとつ、タンパク質。『オクチレモン』はタンパク質汚れを固めてくれるというスグレものだ。口の中に残っていた、汚れが目に見える爽快感にやみつきになるファンが急増中で、生産が追いつかないほどだという。

 

『オクチレモン』を試してみたら、優しい使用感なのに衝撃の汚れが!

使い方は簡単。封を切って一包分(11ml)を口に含み、20秒ほどすすいでから吐き出すだけ。

ややマットな手触り

パッケージだけ見ると、サプリメントかレモン系の飲料のようにも見え、美味しそうな印象すらある。

開けやすいように切り込み付き

開封すると、レモングミを薄くしたような香りだ。

一気に口へ含むと、優しいレモンの風味。強い酸味もなく、ガムのようなフレーバーで、酸っぱいものが苦手な人でも大丈夫そう。すすいでいると香りが良くて、リフレッシュにもなる。

すすぐこと20秒。かなりの期待感! 

 

…吐き出してみると、思わず「汚っ!」と声に出た。

汚れイメージ

何やら茶色物体が出てきたからだ。藻のよう塊が少しと、細かい繊維のようになった汚れが…!(不快になった方は申し訳ない)こんなものが口から出てきて驚かないわけがない。

自分の口中の汚れに落胆をしつつ、鏡に向かって口を開けてみる。口の中を見ただけでは、あまりその変化はわからない。

しかし、現在マスク着用の日々を送っている最中。自分の吐く息のにおいがダイレクトにわかるが、マスクをした息は全くの無臭!

 

刺激が少ないので、すすいだ後にスーッとした清涼感があるわけではない。それなのに、口の中は爽やかだ。実際に汚れが見えるので、こんなに汚れが落ちた!という相乗効果でスッキリとして気分が良い。

化粧ポーチに忍ばせられるコンパクトさなので、外出中ちょっと席を外した合間でも使いやすい。

強烈なミントの香りがするわけではないので、口すすいで来たな、とバレないので、食事の後やデートの前にオススメ。ちょっとした休憩やトイレタイムでも使えるので、接客業の人にも良さそう。

『オクチレモン』には、フレーバー違いの『オクチミント』(11ml 5本入り・希望小売価格 税抜220円・発売中)もある。

 

シリーズ商品の『オクチミント』はノンアルコールながら強刺激が特徴だ。ミントにライムをプラスした爽やかな香りで、さらなる爽快感が実感できる人気の商品。

一般的な強いミントの刺激ではなく、優しいミントとライムの香りで、やや清涼感が残る程度だ。『オクチレモン』の酸味が心配な人は『オクチミント』を試してみてはいかがだろう。

 

「オクチシリーズ」の衝撃を体験してみたい人は、オンラインショップから購入可能だ。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック