北海道土産の新定番・ISHIYAの美冬(みふゆ)に冬だけの『ジャンドゥーヤ』が登場! ナッツとチョコレートの美味しいハーモニーをおためし!

 

ISHIYA(北海道札幌市)は「白い恋人」をはじめ、チョコレート菓子に力を入れている北海道のお菓子メーカー。そんなISHIYAの人気商品の1つがチョコレートを使ったミルフィーユ菓子「美冬(みふゆ)」。長年チョコレートを研究し続けた、ISHIYAの技とこだわりが詰まった逸品だ。『美冬(みふゆ) ジャンドゥーヤ』は、冬季限定フレーバーで、昨年の初登場で人気に火がつき、今年も登場! 今回はそのおいしさの秘密を、自分の舌で確かめてみたい。

 

世界が認めたクオリティ『美冬』

『美冬』はiTQi(国際味覚審査機構)の優秀味覚賞を受賞している。まさに「世界が認めたお菓子」なのだ。『美冬』はフィリングをパイ生地でサンドし、チョコレートでコーティングしたミルフィーユ菓子。冬季限定フレーバーである「ジャンドゥーヤ」の他、定番商品には、繊細な味わいの「ホワイトチョコレート×マロン」、ほろ苦さと酸味が印象的な「ブラックチョコレート×ブルーベリー」、力強いコクを感じる「ミルクチョコレート×キャラメル」の3種類がある。

その中でも、今回紹介する『美冬 ジャンドゥーヤ』(6個入・希望小売価格 税込761円※冬期限定)は、2018年の冬に期間限定で初登場し、大人気となったフレーバーが今年も登場。早速気になるそのお味を確かめてみよう。

 

ナッツ×チョコレート=ジャンドゥーヤ。チョコ好きにはたまらない美味しさ

箱には美しい雪の景色がデザインされている

ジャンドゥーヤとは、ローストしたナッツ類にカカオバターやチョコレートを混ぜてペースト状にしたもの。一見普通のチョコレートだが、口に入れるとふんわりナッツが香るのが特徴的だ。

『美冬 ジャンドゥーヤ』には、このジャンドゥーヤフィリングを食感の良いココア風味のパイでサンドし、ミルクチョコレートでコーティング。袋を開けた瞬間から、香ばしいナッツの香りが漂い、口に入れるのが待ちきれない!

香り高いチョコレートは、コーヒーとの相性もバツグン。いつものコーヒータイムが、ちょっと贅沢に変わりそうだ。

 

冷蔵庫で冷やしても良し、常温でも良し。楽しめる食感が嬉しい

『美冬 ジャンドゥーヤ』の美味ポイントは、香りだけでなく、その食感にもある。チョコレート、フィリング、パイ生地それぞれの食感をぜひ楽しんでほしい。

温度にデリケートな商品なので、直射日光を避け、25℃以下の涼しい場所で保存しよう

また、冷蔵庫で冷やして食べると、コーティングされたチョコレートが固いままで、食べ応えを感じられる。中までひんやりした感じもまた良い。常温の場合は、チョコレートが少し柔らかく、まるでミルフィーユケーキのような食感に変化。冷たいときよりも、香りが強く感じられた。

おすすめの食べ方は、冷蔵庫で冷やしてから、少し常温に戻す食べ方。お好みの固さ、温度で調整できるので、自身の中でベストな『美冬 ジャンドゥーヤ』を見つけてみて。

 

濃厚なのにしっとり軽やかな贅沢スイーツ

サクサクしているのにしっとりとした質感。飽きがこなくて、いつまでも食べ続けられそうな『美冬 ジャンドゥーヤ』は、コーヒータイムのお供にも、訪問時の手土産にも最適だ。

『美冬 ジャンドゥーヤ』は、北海道内のISHIYA直営店およびお土産店、ISHIYAオンラインショップなどで発売中。冬だけの限定商品なので、この機会にぜひチェックしてみて。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

スザクカナト

さまざまなサイトで、ファッション・メイク・恋愛などの記事を執筆しているフリーライター。料理とお酒が大好き。特に日本酒をこよなく愛す。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/official images

トラックバック