レジ袋削減の世の中で使い捨てビニール傘袋を使う矛盾! 『スライドキャップアンブレラ』がエコに解決

自分がいかにそれをストレスに感じていたか実感

 

環境保護の観点から、レジ袋削減のための有料化やマイバッグ運動などが盛んだが、そんな中、雨がポツポツ降ってくるとスーパー店頭などに登場するのがビニール製の使い捨て傘袋。確かに床が濡れて滑ったり、商品を濡らしてしまったりと問題はあるが、そこもエコに解決したいもの。そう考えるなら『スライドキャップアンブレラ』がおすすめだ。

 

シャキーンとカバーで周りを濡らさない傘に一瞬で変身できる『スライドキャップアンブレラ』。しかも色付きカバーだからビジネスでも使えるスマートさ

濡れた傘というのは厄介で、混み合った通勤電車内に持ち込めばトラブルの元になることも。傘カバーを使うという方法もあるが、大判の傘ではそれ自体が荷物になる。しまうのも結構大変なことが多い。

株式会社クラックス(大阪市中央区)によるそうした濡れた傘問題のエコな解決法が、『スライドキャップアンブレラ』(型番:NV31487・65cmサイズ・希望小売価格 税込1,100円・2019年10月発売)だ。

スライドさせることのできるキャップ

傘のてっぺんにスライド式のキャップが付いており、雨のなかで使用したあと、そのカバーをスライドさせると、シャキーンという感じで濡れた傘を封じ込めてくれるのだ。一度やるとわかるが、非常に楽しい。メカニカルなのである。なんなら、ボタンを留めなくてもシャキーンと一瞬でカバーしてくれるので、バスに乗り込む時にも非常に使い勝手がいいのだ。

この状態から、一気にスライド

 

どんなに濡れた傘も一瞬でカバー

もちろん楽しいだけでなく、日頃から雨の日に微妙にストレスになる傘袋問題がこれで一気に解決する。はたでビニールの傘袋と格闘する人を尻目に(「傘ぽん」設置店ならまだマシだが)、キャップを一瞬でスライドさせることで、スマートに傘を収納できるのだ。これはかなりの優越感だ。

雨天のベランダで約1分間雨にさらしてみたが、しっかり撥水して、傘としての機能も申し分ない

ちなみに軽く振って水滴を落としてから、スライドさせるのが基本だが、先端には開閉式のペットボトルのようなキャップが付いているので、それを回して外せば、そこから水抜きもできる。家に帰った際には傘を乾かすために外しておきたい。

ただそのキャップは無くしそうな気がしてならないが…。ここは傘本体から離れないように工夫して欲しかった。あと、カバーの分だけ少しだけ重い。それから、カバーを一番下まで下ろした状態からじゃないとワンタッチで傘が開ききらなくなるので、ご注意を。

もともとこの手の商品は以前より市場に存在していたのだが、スライドキャップ自体が透明で見た目が良くなかったり、変な目立ち方をするという問題があったという。そこをメーカーの工夫でシックなネイビーカラーなどに変化させ、ビジネスパーソンでも不自然感なく使用できるように仕上げた。基本的には紳士用だが、購入者には女性も多く、デザイン的にもユニセックス対応である。サイズは今回紹介した65センチ(ブラックとネイビー)と60センチ(ピンクとパープル)がある。

確かによく見れば傘のてっぺんに何かしら乗っかっているのはわかるが、同系色なので、それほど目立たない。そもそも他人の傘の先端をそんなによく見る人自体も少ない。しかもレジ袋削減のためにマイバッグを持って歩いている人がビニール製の使い捨て傘袋を使うのは非常にモヤモヤすると思うので、エコな対策として普及して欲しいと思う。

 

 

大体傘袋のあたりというのは、ビニールが散らばり、見た目にも美しくない。この『スライドキャップアンブレラ』を使えば、店頭ももっとすっきりするはずだ。

 

 

入手は全国の雨具取扱店、量販店、オンラインストアなどで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:今年こそ“日傘”始めない? 男性が使うべき日傘の大本命が『遮光 切り継ぎタイニー』である、その理由

あわせて読みたい:【海外通販体験記】『Suprella Pro』Facebookで話題のドイツ製”逆転の発想”傘を海外サイトで直接注文!

公式サイトはこちら

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック