夏に爽やかな魚の缶詰『さっぱりレモンセット』でいわしとさばのおいしさを堪能しよう!

レモンを加えたさっぱりおいしい水煮缶

 

開けるだけでおつまみの一品にもなる旨味たっぷりの魚の缶詰。様々な味わいの缶詰があるが、夏におすすめなのは、レモンが加わった『さっぱりレモンセット』。レモンの爽やかさを生かした人気の缶詰がセットになって登場! さっそく、おためししていこう。

 

レモンを加えた爽やかな水煮缶

木の屋石巻水産(宮城県)は石巻市に本社を構え、三陸の豊富で新鮮な魚介類を活かした缶詰を製造・販売している食品メーカー。新鮮な魚のおいしさを届けたいという想いから、保存料などの食品添加物は極力使用しない商品づくりをしている。国産調味料を使ったシンプルな味付けで、素材の味わいを大切にした良質な缶詰が人気だ。

『さっぱりレモンセット』(6缶・希望小売価格 税込3,980円・発売中)

  • 金華さばレモン<彩>水煮缶詰(170g)×3缶
  • いわしレモン水煮缶詰(170g)×3缶

 

石巻港で水揚げされた鮮魚をそのまま缶詰に

レモンのさっぱりとした風味がおいしい缶詰(金華さば・いわし)の6缶セット。石巻港で水揚げされた魚を鮮魚のまま使用しており、ひとつひとつを手作業で缶に詰め、骨まで柔らかく仕上げている。旬の鮮魚を使用している限定の味わいだ。

『いわしレモン水煮缶詰』

原材料はいわし(石巻港)、レモン、食塩、乳酸菌乾燥粉末(殺菌)のみ。シールド乳酸菌を1缶あたり100億個配合。レモンが1枚ずつ入っているので、爽やかなおいしさが楽しめる。

 

パパッと一品、缶詰を使ったアレンジメニュー

煮汁にもしっかりとレモンの酸味を感じる『いわしレモン水煮缶』を使って「いわしのレモンバターライス」を作ってみよう。

用意した材料は

  • いわしレモン水煮缶
  • セロリ
  • パセリ
  • レモン
  • もち麦ごはん
  • バター
  • 塩こしょう

フライパンでバターを温め、みじん切りにしたセロリに塩こしょうをして炒めていく。

次に、いわし水煮缶の煮汁だけを加え、パセリを加える。

ここでレモンを絞るとよりフレッシュで爽やかな味わいに。

もち麦入りごはんを加えて、全体を混ぜ合わせていく。

最後にいわしを加えて、サッとほぐすように軽く混ぜ合わせよう。

 

おうちでカフェ飯「いわしレモンのバターライス」

仕上げにみじん切りパセリとレモンを添えて、「いわしレモンバターライス」のできあがり。

缶詰だからこそいわしの栄養も丸ごと。いわしの煮汁も余すことなく使うことで、あれこれ調味料を加えなくても簡単に味付けもできる。

やわらかでふっくらとしたいわしの身と煮汁が染み込んだごはんがたまらなく美味しい。パセリやセロリなどの香草が入ることで洋風な一皿に。簡単に作れるから、忙しいテレワークのランチタイムにもぴったり。

そして、何と言ってもレモンの爽やかさが抜群。カフェで味わうようなメニューに大満足。暑い夏にもさっぱりとしたおいしさが食欲をそそること間違いなし。

 

脂の乗った金華さばもレモンを加えてさっぱりと

『金華さばレモン<彩>』も冷凍などせずに鮮魚のまま加工して、丁寧に詰めたもの。

原材料はさば(石巻港)、レモン、食塩、乳酸菌乾燥粉末(殺菌)のみ。

脂の乗った金華さばのおいしさにレモンの爽やかさ。もちろんこちらにもレモンが1枚入っている。このままで、キンキンに冷えたビールやハイボールのおつまみにもなるし、白ワインやシャンパンなどとも相性がいい。魚の栄養もたっぷり摂れるので、栄養バランスを整えたい時やストック食材としても常備しておきたい味。

爽やかなおいしさをギュッと詰め込んだ『さっぱりレモンセット』は公式オンラインショップで購入できる。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック